どーもです。

PRGRのニューモデル「スーパーエッグ」シリーズですが、今日紹介するのは「スーパーエッグドライバー ロングスペック」です。昨日紹介したノーマルモデルが45.75インチですが、このロングスペックは46.75インチで1インチ長くなっています。個人的には立て振り系ということもあって長尺には苦手意識がありますが、何はともあれレポしてみましょう。

まずは見た目から。

金エッグドライバーロングスペックは、先代にも設定されていましたよね。今回のヘッドも専用開発で、ノーマルモデルよりも3g軽量化されているようです。ヘッド形状を見ても、ノーマルモデルに対して明らかに後方に長くなっていました。

フェースはかなりラージフェースで、ノーマルモデルと同じような形状だと思います。でも、先代に比較するとよりディープフェースになっているように感じました。

ボディは先代に比較するとややディープ化していうようにも感じましたが、ノーマルモデルと比べると気持ちシャローになっているように見えました。

後ろ姿です。ロングスペックの白文字が鮮やかなのと、その部分にややボリュームがあるようにも見えましたが、どうやらウエートは装着していないようです。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は大きめですが、ノーマルモデルよりもやや後方に長いストレッチバック形状だと思います。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「M-40」装着モデル。スペックは、ロフト角10度、ライ角59度、長さ46.75インチ、総重量273g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量41g、トルク8.4、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはノーマルモデルよりもさらに軽量級モデルですが、思った以上にヘッドが効いている感じですね。グリップはノーマルモデル同様太め。シャフトをしならせてみると、かなり柔らかめなイメージ。素振りしてみると、持ったイメージ通りかなりヘッドが効いているような感じで、結構ヘッドが動くイメージでした。

実際に打ってみると、やはり高反発モデルだけあって、昨日紹介したノーマルモデル同様初速の速さは視認できるほどです。しかし、ボクの立て振りスイングだと、長尺モデルは縦イメージで振れないのでどうしても右に打ち出す傾向が強かったですね。そんな苦手意識がありながらも平均的にはノーマルモデルよりも飛んでいました。スカイトラック3球平均データでも約3y飛んでいました。ボディターンタイプのスインガー限定モデルのように感じますが、まぁ、この金エッグ自体がそういうタイプ向けのモデルだと思います。中でもこのロングスペックは、よりボディターンタイプのスインガーによったモデルなんじゃないかと感じました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.2m/s、初速60.4m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量3013.4rpm、サイドスピン-53.3rpm、飛距離236.1y
【ベスト】
HS41.9m/s、初速60.9m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量2971.3rpm、サイドスピン-170.0rpm、飛距離239.2y

打感はマイルド系ですが、イメージ的にはノーマルモデルと同じですね。芯をガッツリ食うと結構マイルドの分厚い当たりですが、芯を外すとソリッド系で音もかなり高い金属音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には超高弾道!! クラブがしっかり球を上げてくれますね。実はこの動画弾道は「ちょっと擦ったかな」というようなイメージでした。動画弾道を見る限りフェード系ですが、スカイトラック弾道的にはほぼストレートだったりします・・・(汗) まぁ、あくまでも参考値ということで!!

出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレート系ですね。でも長い分気持ち右に出てしまうイメージだったかな。それでも、直進性は高いモデルだと思います。

シャフト挙動ですが、ボクの感覚ではヘッドとの相性か、ノーマルモデルよりも切り返しからインパクトにかけてヘッドが動くイメージですね。結構、ヘッドが返る動きを感じやすいと思います。重心角がノーマルモデルよりも大きいのかもしれませんね。

今回ボクが打った限りでは、このスペックでHS36~38m/sあたりにおすすめ。基本性格的には、ノーマルモデル同様フルオートマチックですね。ノーマルモデルはシャフト1インチ短い分縦振り系スイングでも使えそうですが、このロングスペックは横振り系スイングの人向けですね。よりスインガータイプの方がしっかり球をつかまえて飛ばせるモデルだと思います。

<PRGR「スーパーエッグ(金エッグ)ドライバー ロングスペック」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=チタン(Ti-8AL-1V-1Mo)、フェース=チタン(DAT55G)■シャフト(重量/トルク/調子):「M-40」(SR=41g/8.4/元調子)、「M-37」(R=40g/8.9/元調子)、「M-35」(R2=39g/8.5/元調子)。
■価格:1本10万5000円+税