どーもです。

PRGRのニューモデル「スーパーエッグ(金エッグ)」シリーズですが、今日紹介するのはFWです。ブログを見返してみると、なんと先代は試打していないことが判明!! 金エッグFWは今回が初体験でした。というわけで、早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

大きさ的には、意外にも赤エッグよりもやや小さめに見えました。形状的にもこの金エッグのほうが、ストレッチバック度が浅いように感じました。気持ち重心深度が浅いモデルなのかな!?

フェースは意外にも金エッグのほうが赤エッグよりもディープ!!!! フェース幅も金エッグのほうがコンパクト! これ、意外でした!!

フェースがディープということは、もちろんボディもディープですよね! これは意外でしたわ~!!

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積もこの金エッグは赤エッグよりも小さめで、結構シャープに見えますよね。高反発モデルなのにややシビアそうな見た目とは、これいかに・・・とか思ったりして!!

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「M-40」装着モデルの3W。スペックは、ロフト角16度、ライ角58.5度、長さ43インチ、総重量295g、バランスD0。ヘッド体積175cm3。シャフトスペックは、重量45g、トルク6.3、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、このFWもさすがに軽量級ですね!! まぁ、高反発モデルなのでこの重量帯になるとも思います。でも、グリップはしっかり太めでした。シャフトをしならせてみると、かなり柔らかめでしたね。素振りしてみると、ノーマルモデルドライバー同様切り返しで手元がしなってタメを作ってくれるイメージでしたが、先端部はドライバーよりも動かなかったように感じました。

実際に打ってみると、このFWも初速がかなり速めなイメージでした。しかも打ち出しからドーンと高く、大きな弾道が味わえました。でも、そんな手応えとは相反してスカイトラックデータ的には気持ちスピン量が多め。ドライバーでは気持ちヘッドが返る動きがあったように感じましたが、このFWではそんなイメージが無いにもかかわらず、スピン量がやや多めというのも不思議なものですわ~!! ボク的にはいい感じのハイドローが打てたので満足してスカイトラックを確認すると、距離的には「アレレッ!?」とちょっと満足できんない感じだったかな。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.9m/s、初速58.2m/s、打ち出し角16.9度、バックスピン量3838.2rpm、サイドスピン-463.2rpm、飛距離216.9y
【ベスト】
HS41.9m/s、初速58.2m/s、打ち出し角16.8度、バックスピン量3799.8rpm、サイドスピン-271.9rpm、飛距離218.0y

打感はマイルド系。芯をガッツリ食うと結構マイルドで、いわゆる分厚い当たりですが、スピン量も増えていたように思います。むしろ若干芯を外し気味のほうが距離も出るような・・・

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には超高弾道!! やはりクラブがしっかり球を上げてくれ、かつ、つかまえますね。この動画弾道も、ボク的にはかなり芯を食って満足のいく1打のつもりでしたが、それでもややスピン量多めで距離的にはいまひとつでしたね~!

出球傾向は、ボクのスイングでハイドロー系です。ドライバーほどヘッドが返る挙動を感じませんでした。いわゆるオートマチックモデルだとは思いますが、ドライバーほどつかまりを意識したモデルでは無いのかもしれませんね。

シャフト挙動ですが、前述通りかなり柔らかめですね。挙動的にはノーマルドライバーとほぼ同じようなイメージで、切り返しで手元がしなってタメを作ってくれるイメージでした。ヘッドとの相性か、ドライバーほどヘッドが返るイメージは無かったです。

今回ボクが打った限りでは、このスペックでHS36~38m/sあたりにおすすめ。基本性格的には、オートマチック系FWだと思います。ノーマルモデルドライバーに比較すると、球の上がり方はほぼ同じですが、つかまりに関してはドライバーほどヘッドが返るイメージがない分、ボク的には好印象でした。ボディターンタイプのフェードヒッターやスライサーがいわゆるハイドローを打てるモデルだと思います。スピン量多めに感じたのは、重心位置が気持ち高めなのかな!? でも、吹け上がるイメージではなかったんですよね。ん~、謎だ!!

<PRGR「スーパーエッグ(金エッグ)」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=マレージング綱(AM355P)、フェース=マレージング綱(C300)
■ロフトバリエーション:2W=14度、3W=16度、5W=19度、7W=22度
■シャフト(重量/トルク/調子):「M-40」(SR=47g/6.3/元調子)、「M-37」(R=46g/6.3/元調子)、「M-35」(R2=42g/6.1/元調子)。
■価格:1本6万円+税