どーもです。

昨日までお届けした栃木・太平洋クラブ佐野ヒルクレストコースラウンドレポートですが、このラウンドの際ブリヂストンゴルフ「ツアーB」シリーズのニューモデル「ツアーB X」「同S」を実戦投入してきました。前半インコースで「ツアーB X」、後半アウトコースで「同S」の投入で、ラウンド機会が減っているのでわずか1ラウンド、しかもそれぞれハーフでのインプレッションになりますがレポしたいと思います。

この原稿が日の目を見るころにはすでに発売されているかもしれませんが、実戦投入時は、まだ発売前でした。いただいたのもまだ白箱のサンプルで、それぞれ1スリーブでした。

エースボールは先代「ツアーB330」シリーズの「ツアーB 330X」を使用していたので、今回は比較しやすいかなと思います。

まずは「ツアーB X」。

構造的には「スーパーハイドロコア」「ハイスピードインナーカバー」「高耐久ソフトウレタン+スリップレスバイト・コーティング」という3ピース構造です。先代から変更されているのはインナーカバーですね。先代は「高反発アイオノマーインナーカバー」でしたが、新作では「ハイスピードインナーカバー」になっています。

まずはドライバーフィーリング。打感的にはソリッド系ですが、先代に比較するとやや柔らかさがあるようなイメージでしたね。ドライバーはG30なので先代実戦投入時と変わっていないから、ボールの硬さ自体が気持ち柔らかくなったのかもしれません。「ハイスピードインナーカバー」の素材がなんなのかは不明ですが、この素材がやや柔らかめなのかもしれませんね。

スピン量自体はちょっと減っているような感覚で、ニューモデルはより直進性が高くなったように感じました。ちなみに、ドライバー使用は5ホールでその平均飛距離は242.2y(EAGLE VISION VOICEⅡの地点登録機能使用)で最大飛距離は10番の250yでした。

アイアンの打感も、先代に比較すると気持ち柔らかさがあったように感じました。ほぼ自分のイメージ通りの距離で打てていたと思います。

続いてウエッジフィーリングですが、打感はやはりやや柔らかめ。カバーは変わっていませんが、やはり内部を変えている影響か、やや柔らかめに感じました。グリーン周りのアプローチですが、これは先代同様ちょっとコツッとしたフィーリングはありましたが、よりスピンがかかるイメージでした。転がり自体は先代とほぼ同様だと思いますが、気持ちスピンがかかるイメージもあったので、より突っ込んでいけそうな感じでした。

最後はパターフィーリングですが、先代実戦投入時はオデッセイ「ホワイトホット#7」でしたが、今回はイーデルゴルフ「ブリック」です。ブリックパター自体がちょっとコツコツした硬い系の打感だと思いますが、コツッとした打感で転がりが良かったですね。この日のグリーンは9フィート表示もおそらく10フィート近い速さでしたが、下りのタッチが合わせやすかったですね。

続いて「ツアーB XS」。

構造的には「スーパーハイドロコア」「後反発アイオノマーインナーカバー」「高耐久スーパーウレタンカバー+スリップレスバイト・コーティング」の3ピース構造です。構造的には先代と変わっていませんが・・・

まずはドライバーフィーリングですが、「ツアーB X」に比較するとかなり柔らかい印象です。「ツアーB X」もそうでしたが、全体がつぶれる柔らかさというよりは、周りが柔らかいけど芯のコアを打ち抜くようなイメージですね。とはいえこの「ツアーB XS」はスピン系を意識したボールなので、ボクレベルだとショットでも「ツアーB X」よりも曲がり幅が多めに感じました。ボールのせいだけとは思いませんが、バック9のFWキープ率は「ツアーB X」の5H中3Hと6割だったの対して7H中2Hと約3割と半減でした。平均飛距離は245.1yで最大飛距離は4番の261y。しっかり芯を食えば飛ぶけど、外すと飛距離がかなり落ちるような印象でした。

アイアンも打感がかなりマイルド。飛距離的には「ツアーB X」とほぼ一緒ですが、フィーリング的にはよりマイルドですね。

ウエッジフィーリングもかなりマイルド。特に58度ショットではピッチマークを見る限り、ドンとおちてそのまま!! ランはほぼ無かったですね。52度アプローチもよりスピンがかかるイメージで、結構手前ショートという印象が強かったですね。

パターフィーリングですが、不思議と「ツアーB X」とほぼ同じような感じでしたね。構造が違うけど、パターだとそこまでボールをつぶせないので、差が出ないということですかね。

先代「ツアーB330」シリーズは「ツアーB330 X」が飛び系、「ツアーB330 S」がスピン系で国内プロは「ツアーB330 X」、海外プロは「ツアーB330 S」の使用が多かったと思います。ニューモデル「ツアーB」シリーズは「ツアーB X」がより先代「ツアーB330S」に近づいたようなイメージで、「ツアーB XS」は先代「ツアーB330S」とほぼ変わっていないように感じました。個人的にはより直進性が高い「ツアーB X」、よりスピンがかかる「ツアーB XS」といった感じです。二者択一であれば、ボクは「ツアーB X」を選ぶかな!!