どーもです。

ブリヂストンゴルフのニューモデル「ツアーB JGR」シリーズですが、今日紹介するのはFWです。ドライバーでは「飛距離モンスター」のキャッチコピーにかなわぬ結果になってしまいましたが、このFWで名誉挽回したいですねw そんなわけで、早速いってみましょう。

まずは見た目から。

FWも先代とは全くの別モノですね!! ウエートもなくなり、なんかシュッとしたイメージになっていました。

フェースはシャローですが、ネック側にややボリュームがあるような形状になっていました。なかなか、無い形状かな・・・。先代はフェースに3つの点が刻まれていました、「ツアーB JGR」FWは2つ。これ、なにか意味があるのかな!?  そうそう、3Wと5Wはフェース素材がマレージングに変更されていました!! ここ、重要ポイントですな!

ボディはややシャロー気味になったかな。小振りになったようにも感じましたね。そして、先代以上にヒップダウンしていましたが、これはウエートを外したためなのかな?

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。ヘッド体積は同じなのにやや小振りになったように見えたんですよね。あくまでも記憶での比較ということでお許し下さい。ドライバー同様「パワースリット」「ウエーブ・パワー・スリット」が採用されていました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「JGRオリジナル TG1-5」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角59度、長さ43インチ、総重量308g、バランスD2。ヘッド体積175cm3。シャフトスペックは重量51g、トルク4.9、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的には軽めですね。ドライバーほどヘッド重量を感じなかったのですが、なんでなんでしょうね。グリップは細めでした。シャフトもドライバー同様見た目的にも細く見えました。シャフトを手でしならせてみると、素直に中間がしなるイメージでこの辺はドライバーで感じたフィーリングと一緒でした。素振りしてみると、ドライバーほど先端部のしっかり感はなかったように感じました。

実際に打ってみると、ティアップしてですが、ガッツリ球を上げてくれますね。これだけ上がってくれれば、直打ちでも安心して打てそうな雰囲気でした。前述の素振りで感じたフィーリングですが、FWではドライバーよりもヘッドが自然に返るイメージで、クラブがオートマチックに球をつかまえてくれるようなイメージでした。あくまでも個人的なフィーリングですが、ドライバーのフィーリングとFWのフィーリングで若干の差を感じたのは気になるところではありますが・・・。ボクのスイングの問題かもしれませんからね!! 最近ガッツリ芯を食った感覚だとスピン量が増えているような気がします。この「ツアーB JGR」FWでも分厚いインパクトで「これは芯食っただろう!!」と思った打球はどれもスピン量が多めだったんですよね。特にFWは、最近その傾向が強いように感じていますが、これはあくまでもボクの問題かな!?

スカイトラックデータの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.4m/s、初速57.6m/s、打ち出し角15.4度、バックスピン量3607.1rpm、サイドスピン-448.2rpm、飛距離214.4y
【ベスト】
HS41.5m/s、初速57.7m/s、打ち出し角15.9度、バックスピン量3600.9rpm、サイドスピン-570.9rpm、飛距離214.9y

打感はソリッド系。弾き感とボールのつぶれ感が良い感じで、ドライバーよりも分厚いインパクト感がありました。音はやや高めだったかな。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道。ボク的には持ち球ですが、ドライバーが逆球のフェードでしたからね(汗) スピン量的にも悪くない感じですが、スカイトラックの飛距離表示にはちょっと不満が・・・w

出球傾向は、ボクのスイングでドロー。ドライバーではドロー、ストレート、フェードと全部が出ましたが、FWはハイドローのみ!! ある意味、安心できるモデルですね!!

シャフト挙動ですが、全体的には柔らかめで素直に中間がしなる感じ。ドライバーほど先端部の硬さは感じなかったかな。というよりも、むしろダウンからインパクトにかけてヘッドが走るようなイメージもあったかかな。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめ。基本性格的にはオートマチック系で、クラブがしっかり仕事をしてくれるイメージでした。そういう意味では、ヒッタータイプよりもボディターンタイプ、ドローヒッターいりもフェードヒッターにおすすめだと思います。FWとしては正直これといった特徴がないような気もしますが、特徴がないのが特徴なのかもしれません。使い手の色に染まってくれそうな1本かもしれません。

<ブリヂストンゴルフ「ツアーB JGR」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=SUS630ステンレス、フェース=(3W、5W)HT1770Mマレージング綱、(7W、9W)SUS630ステンレス
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度、9W=24度
■シャフト(重量/トルク/調子):「JGRオリジナルTG1-5」(S=51g/4.9、SR=50g/5.1、R=49g/5.3/中調子)。「Air Speeder G」(R相当=43g/6.6/中調子)。「Speeder569EVOLUTIONⅣ」(S=59g/4.6/中調子)。「ツアーAD IZ-5」(S=56g/4.4/中調子)。
■価格:「JGRオリジナルTG1-5」装着モデル各1本3万1000円+税。「Air Speeder G」装着モデル各1本3万6000円+税。「Speeder569EVOLUTIONⅣ」「ツアーAD IZ-5」装着モデル各1本4万6000円+税。