どーもです。

ブリヂストンゴルフのニューモデル「ツアーB JGR」シリーズですが、今日はUTを紹介しましょう。「飛距離モンスター」のキャッチコピーどおりの結果が得られず、若干へこみ気味だったりします。そんな感じですが、気を取り直していってみましょう。

まずは見た目から。

先代に比較するとソール形状的には、ネック側のボリュームがより確保されたように感じましたね。フェースから後方に三角形型でトゥ・ヒールの接地面積が減ったように見えました。これ、どんなライからも抜けが良さそうですよね!!

フェースはややディープ気味かな。先代に比較したら、確実にディープ化していると思います。そして、先代はミーリングが施されていましたが、今回は一切無し!! このUTも3H、4Hはマレージングに変更されていました。

ボディは確実にディープ化していますよね!! 結構特徴的な形状だと思います。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。形状的には先代とほぼ同じようなイメージですね。ソールはネック側のボリュームが確保されたように見えましたが、クラウンはネック側がキュッと絞られたような先代通りのイメージでした。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「JGRオリジナル TG1-HY」Sフレックス装着モデルの3H。スペックは、ロフト角19度、ライ角59.5度、長さ40.25インチ、総重量337g、バランスD0。ヘッド体積115cm3。シャフトスペックは、重量63g、トルク3.9、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはやはり軽め。ヘッド重量をあまり感じませんでしたが、スペックを見て納得しました。そして、グリップは細めで、シャフトもやはり見た目的にも細めに見えました。シャフトを手でしならせてみると、素直に中間がしなるイメージで、素振りしてみるとそのままのイメージでしたね!!

実際に打ってみると、このUTもしっかりクラブ仕事をしてくれるイメージでしたね。球を上げてくれるし、つかまえてくれるイメージでした。ヘッド重量をあまり感じない分、切り返しで力む傾向のあるボクにとっては振っちゃって出球がばらける危険性もはらむモデルですが、逆を言えば振れるモデルでもあるわけです。ただし、つかまりは相当良いモデルなので、つかまえるつもりが無くても振っちゃうと、動画のようなフック気味の出球になってしまいます。でも、その辺を意識してコントロールできれば、かなりお助けクラブ的要素も感じますし、フェードヒッターには相当なお助けクラブ的要素が高いように感じましたね!!

スカイトラックデータの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.8m/s、初速53.8m/s、打ち出し角15.0度、バックスピン量3814.4rpm、サイドスピン-396.8rpm、飛距離190.4y
【ベスト】
HS40.9m/s、初速54.7m/s、打ち出し角13.3度、バックスピン量3801.7rpm、サイドスピン-491.5rpm、飛距離192.5y

打感はソリッド系。弾き感とボールのつぶれ感が良い感じで、この辺はFW同様だったかな。音もやや高めでフィーリング的にはFWとほぼ一緒でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道。クラブがしっかり球を上げてくれ、しっかりつかまえてくれますね。特につかまりの良さはFW以上に感じましたね。スピン量もロフト角にしては多めかな・・・。個人的にはシャフトの柔らかさが原因だと思っています。

出球傾向は、ボクのスイングで強めのドロー。つかまりを意識してコントロールしている分にはドロー系ですが、油断して振っちゃうと動画のようなフック弾道も出ちゃいます。まぁ、つかまりがいいモデルは逃がせるけど、つかまりが悪いクラブでつかまるのは至難の業ですからね!

シャフト挙動ですが、全体的には柔らかめで素直に中間がしなる感じ。ダウンからインパクトにかけてヘッドをあまり感じないので振れちゃう傾向はあると思いますが、そうすると結構ヘッドが走るというか返るイメージもありましたね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめ。基本性格的にはFW同様オートマチック系ですが、つかまりに関してはFW以上だと思います。そういう意味では、よりボディターンタイプにおすすめかな。FWは「特徴がないのが特徴」と書きましたが、このUTを形容するとすれば「つかまりがいいモデル」ですかね。

<ブリヂストンゴルフ「ツアーB JGR」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=SUS630ステンレス、フェース=(3H、4H)HT1770Mマレージング綱、(5H、6H、7H)SUS630ステンレス
■ロフトバリエーション:3H=19度、4H=22度、5H=25度、6H=28度、7H=31度
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「JGRオリジナルTG1-HY」(S=63g、R=60g/3.9/中調子)。「Air Speeder G for UT」(R相当=51g/4.1/中調子)。スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」(S=106.5g/1.7、R=103g/1.9/元調子)、「NSPRO95GH」(S=98g/1.8/中調子)。
■価格:カーボンシャフト「JGRオリジナルTG1-HY」装着モデル各1本2万8000円+税。同「Air Speeder G for IRON」装着モデル各1本3万1000円+税。スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」「NSPRO950GH」装着モデル各1本2万6000円+税。