どーもです。

キャロウェイゴルフのニューモデル「GBBエピック」シリーズの追加モデルドライバー、UT、2タイプのアイアンに加え、期待の「Xフォージド(2017)」アイアンも試打出来ました。まずはフルチタン製として追加された「GBBエピック フォージド(以下フォージド)」ドライバーからレポしましょう!!

まずは見た目から。

ソールデザインを見る限りでは重心位置をコントロールできる「ペリメーティブ・ウエーティング」を搭載した「GBBエピック スター(以下スター)」というよりは「GBBエピック サブゼロ(サブゼロ)」に近いイメージでした。でも、「サブゼロ」と違ってネック側にウエート位置が変更されているので、つかまりを意識したモデルかなと思います。もちろん、「ジェイルブレイク」テクノロジー採用モデルです!!

フェースは「スター」「サブゼロ」に比較するとややシャローになっていたようにも感じましたが、形状的には「スター」に近いように感じました。

ボディはややシャロー気味ですね。これは「スター」でも「サブゼロ」でもないイメージですね。かなり打ちやすさを意識したモデルだと思います。

後ろ姿ですが、両者に比べて明らかにシャロー。でも、思ったよりもクラウンはこんもりしていました。

構えてみるとこんな感じ。形状的には丸型。クラウンは「スター」「サブゼロ」ではカーボン素材そのものを感じさせるデザインでしたが、チタンなのでカーボン感はまったくありません。って、当たり前か!!

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Speeder EVOLUTION for GBB」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角58度、長さ45.5インチ、総重量295g、バランスD1。ヘッド体積450cm3。シャフトスペックは、重量53g、トルク5.6、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはさすがに軽量級モデル。グリップもやや細めに感じました。感覚的には「スター」に近いイメージでしたが、「スター」よりも全体的にやや重めにも感じました。シャフトですが、スペックを見る限り「スター」装着モデルと同じではないかと思われます。手でしならせてみると、中間から先が1番しなっていたように見えました。素振りしてみると、ヘッドとの相性か「スター」ほどヘッドが走る感覚はなかったのですが、ボク的にはそのほうが好きかな!!

実際に打ってみると、ドーンと大きな弾道を味わえます。個人的にうれしいのは、実はこの打ち出し角ですね。ドーンと大きな弾道はうれしいかも!! また、「スター」「サブゼロ」を初めて打った時は、その弾き感や音に正直とまどいも感じましたが、どうやらボクはオールチタンのフィーリングが好きなのかもしれません。個人的にはこの「フォージド」のフィーリングのほうが好きですわ~!! 「スター」「サブゼロ」に比較するとかなり柔らかめな打感で、「スター」試打時に比べるとスピン量が増えていますが、それでもフィーリング的にはこの「フォージド」のほうが好きですわ~!! 2発目がネック側ミスヒットでスライスしちゃっていますが、それでもこの曲がりなら全然OKでしょう。個人的にはこのヘッドにATAAS Coool6Sを合わせたいかもと思っちゃいました。いずれにせよ、「スター」「サブゼロ」のフィーリングが合わなかったという保守的(?)な方はぜひお試し下さいな!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.3m/s、初速60.5m/s、打ち出し角15.6度、バックスピン量2949.7rpm、サイドスピン104.6rpm、飛距離233.4y
【ベスト】
HS41.7m/s、初速60.5m/s、打ち出し角16.7度、バックスピン量3198.2rpm、サイドスピン-320.9rpm、飛距離236.0y

打感はかなり柔らかめ。もう、いわゆる分厚いインパクトですね。音はかなり落ち着いた感じの中音系で、個人的には好みのド真ん中ストレート!!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道ですね。「スター」に比較するとかなり上がりやすいし、「サブゼロ」との比較はもう別次元ですな!! でもスピン量はやや多め。これはシャフトとの相性かもしれませんね。

出球傾向ですが、ボクのスイングでも基本はドロー系。でも意図しないフェード系が出てしまった感じも否めません。そういう気味では、シャフトとの相性がよりシビアなのかもしれませんね。個人的には気持ち先端しっかり系を合わせたいかも・・・

シャフト挙動ですが、結構ダウンからインパクトにかけてヘッドが動く感じでしたね。「スター」は走るイメージでしたが、「フォージド」はやや動くイメージ。切り返しで意図しない無駄な操作ができちゃう感じといったイメージでしたね。「スター」同様、Sにしてはやはり柔らかめなイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめ。このスペックだとやはりアンダー気味で、ボクレベルのHSでも叩きに行くと暴れる傾向がありましたね。そういう意味では、素直に振れるボディターンタイプにおすすめかもしれませんが、シャフトでその性格がガラッと豹変するタイプかもしれません。何はともあれ、この「フォージド」はいわゆる分厚いインパクトが好きな方におすすめ。前述通り、打感や音のフィーリングが合わず「スター」「サブゼロ」を断念した人や球が上がらなかった人は、ぜひこの「フォージド」をお試しください!!!! あっ、限定モデルなのでお早めに!!

<キャロウェイ「GBBエピック フォージド」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:9▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=α+βチタン、フェース=SP700チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「Speeder EVOLUTION for GBB」(S=53g/5.6、SR=50g/5.7、R=49g/6.1/先中調子)。「ツアーAD IZ6」(S=63g/3.2/中調子)。「Speeder569EVOLUTIONⅣ」(S=59g/4.6/中調子)。
■価格:「Speeder EVOLUTION for GBB」装着モデル1本6万7500円+税。「ツアーAD IZ6」「Speeder569EVOLUTIONⅢ」装着モデル 各1本8万4500円+税。