どーもです。

キャロウェイゴルフのニューモデル「GBBエピック」シリーズですが、今日紹介するのはUTです。今回このUTと2モデルのアイアンが登場したことで「エピック」シリーズのフルラインアップがそろったということになりますが、このUTと2モデルのアイアンのネーミングからは「GBB」は消え、「エピック」となっていました。何でなんでしょうね!? まあ、その理由はなぞのままですが、何はともあれ早速このUTがどんな感じなのか、レポしたいと思います。

まずは見た目から。

ソールを見る限りやや大きめで、トゥ側にややボリュームがある今流行のヘッド形状にも感じました。ソール中央部にウエートが配置されていますが、この位置だと若干浅重心を意識しているのかな。シルバー部分が接地面積を少なくしていて、抜けの良さを意識したモデルのイメージも持たせてくれますね。

フェースは気持ちディープ。アメリカンハイブリッドといったイメージで、正直いって個人的には結構苦手な感じですが・・・

ボディもディープ&ハイバックですね。こうしてみると、結構シビアなイメージももってしまいます。

後ろ姿を見ると、トゥ側に向かって厚さが増す若干特殊な形状になっていまいた。

構えてみるとこんな感じ。トゥ側の処理の仕方の影響か、結構逃げ顔に見えてしまいました。ボディを見る限りややシビアそうなイメージも受けましたが、構えてみるとクラウンの投影面積も安心できる程度確保されていています。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Speeder EVOLUTION for GBB」Sフレックス装着モデルの5H。スペックは、ロフト角23度、ライ角59.5度、長さ39.5インチ、総重量341.5g、バランスD1。ヘッド体積不明。シャフトスペックは、重量65g、トルク3.6、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には軽量級ですね。グリップもやや細めに感じました。シャフトもSにしては柔らかめで、手でしならせてみると中間から先あたりが結構しなっていました。ところが素振りしてみると、シャープに振り切れるイメージで、印象としてはまずまずでした。

実際に打ってみると、思った以上につかまりがよく、しっかり球を上げてくれるモデルですね。個人的には、逃げ顔系でアメリカンハイブリッド的な見た目に苦手意識がありますが、実際に打ってみるとかなりオートマチック系UTだと実感できました。今回23度モデルの試打でしたが、185~190yあたりをこれだけにラクに打てるのはいいかも!! オートマチックに球をつかまえてくれるけど、UT特有のつかまりすぎのイメージはなく、ボクレベルでも弾道がそろうのが好印象でしたね!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.7m/s、初速53.7m/s、打ち出し角17.1度、バックスピン量4628.2rpm、サイドスピン-346.8rpm、飛距離184.6y
【ベスト】
HS40.5m/s、初速54.1m/s、打ち出し角16.9度、バックスピン量4333.1rpm、サイドスピン-623.0rpm、飛距離188.2y

打感は弾き系でしたね。球離れが速めに感じましたし、音が乾いた高音系でいかにも弾いている感じでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的にはしっかり高弾道。クラブがしっかり球を上げてくれるイメージで、スピン量も良い感じ。ボク的にはイメージ通りの弾道が打てました。

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いドロー系。UTにありがちなつかまりすぎはなく、程よくクラブが仕事をしてくれる感じでしたね。この長さだとフェードも出ないんですねぇ・・・

シャフト挙動ですが、ダウンからインパクトにかけてややヘッドが走るようなイメージはありましたが、まぁ、強いていうならといった感じかな。振り感としては、思った以上にシャープに振れるモデルですね。でも、「まだUTはスチールシャフトでもいいかな」なんて思っちゃいました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめ。基本性格的にはいわゆるオートマチック系UTで、シャフトをスチールに変えればヒッタータイプでも十分使えそうな雰囲気でしたね!! 185~190yあたりをラクに狙えるクラブだと思います。やや当たりが悪くても、ある程度はクラブがカバーしてくれるイメージでした。実際に2球目なんかちょっと芯を外したと思ったけど、それでも180yをマーク。ミスヒットにも強いというのは、実戦向きモデルだと思います!!

<キャロウェイ「エピック スター」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、フェース=カーペンター455スチール(※7Hは17-4ステンレス)、クラウン=トライアクシャル・カーボンクラウン
■ロフトバリエーション:4H=20度、5H=23度、6H=26度、7H=29度
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「Speeder EVOLUTION for GBB」(S=65g/3.6、SR=63g/3.9、R=60g/4.2/先中調子)スチールシャフト「NSPRO ZELOS7 HYBRID」(S=85.5g/2.8/先調子)。
■価格:カーボンシャフト「Speeder EVOLUTION for GBB」、スチールシャフト「NSPROZELOS7 HYBRID」装着モデル各1本4万3000円+税。