どーもです。

キャロウェイゴルフのニューモデル「エピック」シリーズのアイアンですが、今日紹介するのは「エピック プロ」アイアンです。昨日紹介した「エピック スター」アイアンと比較してみますが、その差は一目瞭然ですよね!! なお、限定販売モデルのようです。では、早速いってみましょう!!

まずは見た目から。

バックフェースの見た目は昨日紹介した「エピックスター」と似たような感じですが、「エピックプロ」はバックフェースの厚みの部分が山型になっていました。またバックフェースのバー部分もトップラインからトゥ。ヒール方向に向かって真っ直ぐ伸びていました。そうそう、フェースの大きさややコンパクトになっていましたね!!

フェースは「エピックスター」に比較したらややコンパクトですね。トゥ・ヒール方向にも短くなっていますね。この辺はさすが「プロ」の名を冠したモデルといった感じでした。

ソールも「エピックスター」に比較するとやや狭めですね。でも、プロモデルとしては適度な幅が確保されていると思います。リーディングエッジがしっかり削られていましたが、これはダウンブローに打ち込んでの抜けの良さを意識してでしょう。

ネックはセミグースですが、「エピックスター」に比較するとやや緩やかなセミグースだと思います。ヘッド形状も明らかに別モノですね!!

構えてみるとこんな感じ。トップブレードがより薄めで、トゥがやや立ったように見えますが、「エピックスター」に比較して明らかにロフトが寝ているのも視認できると思います。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR120」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角31度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量428.5g、バランスD2。シャフトスペックは、重量114g、トルク1.7、中元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、ずっしり重量系。特にカーボンシャフト装着の「エピックスター」試打後だと、特にその重さが強調されたように感じました。グリップですが、ボクにはちょうど良い感じの太さでした。シャフトは、手でしならせる程度ではびくともしません。素振りしてみると、ずっしり重量系ですが、その分クラブの重さを感じでシャープに振れるイメージ。ボクにはやや重めではありますが、昨日の「エピックスター」よりも振りやすさを感じたりしてw

実際に打ってみると、さすがにちょっと重めかも・・・w 先に打てば良かったと後悔しましたが、もはや後の祭り(涙) でもシャープに振れるフィーリングは、「エピックプロ」のほうが好きかな!! 「エピックプロ」という「プロ」の名を冠したモデルに尻込みしそうですが、実際に打ってみると意外と打ちやすさがあるモデルですね。しっかり球は上がるのは、やはりうれしいです。操作性はより高いモデルだと思いますが、シビア過ぎないイメージでした。思った以上にミスヒットにも強く、さすがに芯を外すと縦の距離は変わりますが、曲がり幅はそこそこカバーしてくるようなイメージでした。ボク的には、ボクレベルでも十分使えそうな「プロ」モデルのイメージでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS36.8m/s、初速47.0m/s、打ち出し角18.2度、バックスピン量4817.8rpm、サイドスピン-1016.8rpm、飛距離153.0y
【ベスト】
HS37.1m/s、初速47.3m/s、打ち出し角17.9度、バックスピン量4701.3rpm、サイドスピン-1236.3rpm、飛距離153.9y

打感弾き系ですが、「エピックスター」に比較すると気持ちマイルド感もある感じで、そういう意味ではソリッド系とも言えますが、一般的なアイアンと比較するとやはり弾き系ですね。球離れも速いイメージで、音もやや高めでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道。ボクにとって扱いやすさの最低条件である球の上がりやすさは、プロモデルでもしっかりクリアしていたと思います。

出球傾向ですが、ボクのスイングでやや強めのドロー系。いつもの感覚で振ってもやや強めのドロー系で、3球の弾道もそろっていたと思います。まぁ、曲がり過ぎといった感もありますが、ボク的にはこの程度なら想定の範囲内ですわw

シャフト挙動ですが、切り返しでシャフトの手元側がクッとしなるイメージですが、まあそれも強いて言えば、です。今のボクレベルでは棒といえば棒ですが、軽すぎの「エピックスター」よりもフィーリング的にはシャープに振れるイメージでこの「エピックプロ」のほうが好きな感じでしたね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/sは欲しい感じかな。まずはこの重量を振り切れるパワーというかHSであることが最低条件でしょう。その上でダウンブローに打てる技術も求められそうですが、意外と球は上がりやすいので、扱いやすさはあると思います。「プロ」モデルとしては、キャロウェイらしい扱いやすさも意識したモデルだと思います。誤解を恐れず行ってしまえば、プロモデルの入門編に位置づけできるモデルだと感じました。

<キャロウェイ「エピック プロ」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=(#4~8)17-4ステンレス+タングステン・インナーウエート、(#9、PW)高比重合金+タングステン・インナーウエート、フェース=17-4ステンレス
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR120」(S=114g/1.7/中元調子)。
■価格:スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR120」装着モデル6本(#5~PW)セット18万円+税、単品(#4)1本3万円+税。