どーもです。

昨日まで「エピック」シリーズを紹介してきましたが、いよいよみなさんお待ちかね(なのかな?)のニューモデル「Xフォージド」アイアンの最新モデルを紹介しましょう。4年振りのモデルチェンジですね。ボクは先代2013年モデルユーザーなので、個人的にも期待大です!! どんな風に進化したのか。早速レポしたいと思います。では、早速いってみましょう!

まずは見た目から。

バックフェースのデザインは一新されていました。これまでのモデルの中では、個人的には初代のデザインが最も好きですが、2017年モデルは今風でスタイリッシュなデザインだと思います。先代は低重心を意識させるようなデザインでしたが、2017年モデルは低重心でかつ慣性モーメントの高さもイメージさせてくれるようなデザインだと思います。

フェースは先代に比較するとやや大きめで、1~1.5割増しといった感じですかね。ここが2017年モデル最大の変更ポイントかと思われます。さすがにアイアンのトレンドは小顔系よりも、安心感のある気持ち大きめフェースなんですかね!!

ソールは先代に比較するとほんの気持ちだけ、ワイドになったようにも感じました。しかし、リーディングエッジ、トレーリングエッジが結構しっかり削られてるようなので、ダウンブローに打ち込んでも、払い打ちでも、どちらでも抜けは良さそうになったんじゃないかと感じさせてくれます。

ネックは先代同様気持ちグースが入っていました。

構えてみるとこんな感じ。相変わらずいい顔してますね~!! 若干トップブレードの厚みも増して、トゥが立ったようなイメージもありますが、先代でシビアすぎると思った方には、安心感のある顔つきになったんじゃないかと思います。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角33度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量422.0g、バランスD1。シャフトスペックは、重量98g、トルク1.8、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはNS装着モデルのわりにはしっかり重量感がある感じでした。この前にしっかり重量級モデルの「エピック プロ」にMODUS3 TOUR120S装着モデルを打ったあとなのに、そんな感覚でした。でもシャフトをしならせると、結構しなる感じでしたね。素振りしてみると、この組み合わせだと手元に重量感がある感じで切り返しでクラブ重量を感じやすかったです。

実際に打ってみると、ソフトな打感や落ち着いた打音などフィーリングは先代のままだったと思います。ぶっちゃけ、弾道的には先代と大差無いように感じました。最も大きな変更点は、やはりその見た目だと思います。先代は結構シャープなイメージでボク的には「狼の皮を被った羊」系アイアンでしたが、2017年モデルはその狼の見た目がややマイルドになって、打ちやすさをイメージさせつつ、ある程度の操作性も意識させてくれるような見た目になったのが大きな変更点かと感じました。

ちなみに、昨日紹介した「エピックプロ」のスカイトラックデータと比較してみると、3球平均36.8m/sに対して37.7m/sと0.9m/s上がっていますが、これは総重量の影響でしょうね。スピン量も4817.8rpmに対して5473.5rpmと655.7rpm増えていますが、これはロフトが2度寝ている影響でしょう。しかし、飛距離は153.0yに対して155.6yと2.6y伸びていました!!!! これ、ビックリでしたわ~!! なお、同日試打ですが、このXフォージドのほうが後の試打で、エピックシリーズを全て打った後でしたので。参考までに!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS37.7m/s、初速48.1m/sm、打ち出し角18.5度、バックスピン量5473.5rpm、サイドスピン-1329.6rpm、飛距離155.6y

【ベスト】
HS37.7m/s、初速48.1m/s、打ち出し角19.9度、バックスピン量5503.6rpm、サイドスピン-1363.5rpm、飛距離156.1y

打感はちょ~マイルド。若干NS特有のインパクト時のグニャリ感もありましたが、それにしてもかなりマイルドですね。いわゆる分厚いインパクトで、音も落ち着いた感じでした。この辺のフィーリングは先代通りですね。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、結構高弾道!! この動画ではややワンタッチ気味だったような感じでしたが、それでもこれだけ球が上がるって・・・!! #7で160yだと「え~!!」って思うけど、ロフト角33度で160yなら「ほ~!!」ってなりますよね!

出球傾向ですが、ボクのスイングではドロー系。NSとの組み合わせだとやや曲がりが大きかったようにも感じましたが、基本的にはつかまりいいモデルで、ある程度の操作性も意識したモデルだと思います。

シャフト挙動ですが、まあこれは素直に中間がしなる感じでした。この組み合わせだと、ぶっちゃけ若干もっさり感というかシャープさにかけるイメージはありましたが、これはあくまでも個人的な感想です。今回いち早く試打レポしたかったのでNS装着モデルしか手配できなかったのですが、DG装着モデルを打ってみたかったですね。そういえばM10DBってシャフトラインアップに無かったような気がしますが・・・。もう無くなったのかな!? それくらい調べろって感じですが(汗)

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめ。基本性格的には、ある程度の操作性も意識したセミマニュアル系アイアンだと思います。正直、性能面では先代と大きな差は無いと思いますが、見た目から受けるイメージの影響は大きいと思います。先代はかなりシビアそうな顔つきでしたが、2017年モデルはある程度の打ちやすさをイメージさせる顔つきになっているので、安心感が増大していると思います。よく「ゴルフはメンタル」という言葉を耳にしますが、まさに「メンタル」に訴える進化だと思います。先代の性能はそのままに、若干見た目を大きくすることでより安心感を持たせたのが2017年モデルの特徴だと感じました。

<キャロウェイ「Xフォージド(2017)」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9
■ヘッド:軟鉄(S20C)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ダイナミックゴールド」(S200=129g/未発表/手元調子)、「NSPRO MODUS3 TOUR120」(S=114g/1.7/中元調子)、「NSPRO950GH」(S=98g/1.8/中調子)。
■価格:スチールシャフト「ダイナミックゴールド」「NSPRO MODUS3 TOUR120」「NSPRO950GH」装着モデル 6本(#5~PW)セット13万2000円+税、単品(#3、#4)1本2万2000円+税。
■発売予定日:2017年10月20日