どーもです。

ヤマハのニューモデル「RMX」シリーズのドライバーを試打出来ました。今回のRMXシリーズには「RMX118」「RMX218」の2モデルがラインアップされています。今回同時に試打できましたが、FW、UT、アイアンはまだ手配できず、お届けできるのはドライバーだけになります。ですが、このドライバー、なんかいいかも!! 特に「RMX118」がボクにはいい感じだったかも!!!! そんなわけで、まずは「RMX118」ドライバーからお届けしましょう。

まずは見た目から。

ヘッド体積は先代と一緒ですが、ソール形状的には変更されていますね。先代の丸型に対してニューモデルも丸型だけど、ソール後部に向かって三角形が配置されているような形状でした。ウエートも先代がトゥ・ヒール配置でしたが、ニューモデルはソール後部1カ所に変更されていました。

フェースはセミディープかな。先代に比較するとややディープになっていたと思います。形状的には先代とほぼ一緒ですね。

ボディですが、先代はディープ&ハイバック形状でしたが、ニューモデルはかなりヒップダウン化していて低重心を意識したモデルなのかなと感じます。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。洋ナシ型のクラウン形状は先代同様ですね!!

今回試打したのは、フジクラ社製カーボンシャフト「スピーダー661エボリューションⅣ」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59.5度、長さ45.25インチ、総重量314g、バランスD2。ヘッド体積445cm3。シャフトスペックは、重量67.7g、トルク3.7、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや重めに感じました。314gでやや重めに感じたとは、自分の経年劣化を感じますわ~w そのわりに、グリップはやや細めだったかな。シャフトを手でしならせてみると、中間から先あたりが1番しなりそうな感じでしたが、素振りしてみると意外と手元剛性が低く感じたかな。でもやや重めに感じたわりにはシャープに振れるイメージでした。

実際に打ってみると、あら、ビックリ!!!! 1発目から、ボク的にはチョー満足なショットが打てました。スカイトラックで確認しても、飛距離が243yとここ最近がんばって振らないと出ない飛距離をいきなりマークしたのでした。気をよくした試打は3球とも240yオーバーとここ最近、あまり記憶にない結果となったのでした! これが、同社が提案する「ヘッドターンエネルギー構造」の結果かどうかは、ボクには判断できません。でも、結果的には飛距離も弾道も安定していたので、少なくともボクにとってこのマッチングはかなりの好印象。このまま購入してもいいくらいでした!! スピン量の安定感もいい感じで、最近分厚いインパクトでスピンが増えると感じていましたが、3球平均約2500rpmとかなり良い感じ!! しかも、ミスヒットの寛容性もかなり高くなったように感じましたね。ん~、これ欲しいかも・・・w

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.5m/s、初速61.8m/s、打ち出し角15.7度、バックスピン量2515.4rpm、サイドスピン-346.9rpm、飛距離243.0y
【ベスト】
HS42.5m/s、初速61.7m/s、打ち出し角15.9度、バックスピン量2474.5rpm、サイドスピン-355.9rpm、飛距離244.3y

打感はかなりマイルドですね。多少芯を外してもマイルド!! これ、うれしいかも!! 音もかなり落ち着いた中高音系で、この辺はさすが楽器を扱っているだけあるなと感じましたね!!

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的にはかなりの高弾道ですね。10.5度というロフト角ですが、球はそれ以上に上がりやすいイメージでした。深低重心の恩恵といった感じかな。前述通りスピン量も安定していて、打ち出しからドーンと高弾道の棒球系の弾道を味わえると思います。

出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレートから軽いドロー系でした。シャフトとのマッチングもあると思いますが、かなり直進性の高い組み合わせだと思います。

シャフト挙動ですが、ボクの感覚では思った以上に手元剛性が低いように感じましたね。スピーダーシリーズは手元が硬くて先が走るイメージが強かったのですが、このヘッドとの組み合わせだからなのかは不明ですが、結構切り返しで手元がたわむイメージでした。でも、ダウンからインパクトにかけては中間から先がややしなってヘッドを走らせてくれるイメージもありました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/sは欲しい感じかな。最近軽量モデルが増えているせいか、ややハード気味な印象で、ボクの「結構重いかな・・・」なんて思っちゃいましたが、振り切れるならやはり重量のあるクラブのほうがスイングも弾道も安定するように感じました。藤田寛之プロや今平周吾プロ使用モデルなので、結構シビアなのかなと思ってしまいますが、重量さえ合わせればアマチュアゴルファーでも使えるモデルだと思います。この組み合わせだとある程度叩けるヒッタータイプにおすすめですが、安定した弾道と飛距離を手に入れられるモデルだと思いました。

<ヤマハ「RMX118」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:9▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「FUBUKI AiⅡ50」(S=58.5g、SR=57g、R=55g/6.0/先中調子)。「Speeder661 EVOLUTIONⅣ」(S=67.5g/3.7/中調子)。「ツアーAD IZ-6」(S=63g/3.2/中調子)。「Diamana RF60」(S=65g/3.7/中調子)。
■価格:ヘッド単体4万3000円+税。シャフト=「FUBUKI AiⅡ50」装着モデル7万5000円+税。「Speeder661 EVOLUTIONⅣ」「ツアーAD IZ-6」「Diamana RF60」装着モデル各1本8万5000円+税。