どーもです。

ヤマハのニューモデル「RMX」シリーズですが、今日は「RMX218」を紹介しましょう。「RMX118」試打後に打つとこれが実際の重さ以上に軽く感じちゃって・・・(汗) ただ確実にいえるのは、「RMX218」はいわゆるオートマチック系ドライバーであることですね。そんなわけで、早速レポしれみましょう。

まずは見た目から。

ソール形状は昨日紹介したニューモデル「RMX118」同様で、先代に比較すると丸型ソールの中に、ソール後部に向かって三角形のソールがあるようなイメージですね。ウエート位置は先代同様、ネック側ソール後部に配置されていました。

フェース形状は先代とも、「RMX118」とも全くの別モノ。シャローですが、より曲線が強調された形状になっていました。昔あった「くじら」みたいなイメージ!!

ボディはシャローですね。この辺は先代同様かな!?

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンは投影面積が大きな丸型クラウンですが、この辺は先代と一緒かな。

今回試打したのは、三菱ケミカル社製カーボンシャフト「フブキAiⅡ50」SRフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角9.5度、ライ角59度、長さ45.5インチ、総重量298g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量58.5g、トルク6.0、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には軽めですね。しかし、前述通り先に「RMX118」を試打した影響か、実際の重量以上に軽く感じてしまいました。グリップは「RMX118」よりも気持ちやや細めに感じました。シャフトを手でしならせてみると、先端がよくしなります。素振りしてみると、バランス以上にヘッドが効いていたようなイメージでした。そのせいか、イメージ的には結構ヘッドが動きそうな気配もしました。

実際に打ってみると、実は最初の数球は完全なフックでした。それも、以前の持ち球だった腐れフック。奥のネット230y表示右のマークを狙って、230y表示左のマークあたりに着弾するという有様でした。そのため右前にヘッドを放り出してやるようなイメージで打つと、いい感じに調整できました。間違いなく言えるのは「RMX218」は「RMX118」よりもクラブが仕事をしてくれること。正直このスペックだと「スピン量が増えるかな」とも思いましたが、意外にも「RMX118」と300rpm程度しか変わりませんでした。これは結構芯を食った感触だったので、やはり飛距離にはクラブ質量も少なからず影響があるのかな・・・と感じた次第です。「RMX118」がヒッタータイプ向けだったのに対して、「RMX218」はボディターンのスライサーがオートマチックに球をつかまえて飛ばせるモデルだと思います。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.9m/s、初速59.5m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量2816.5rpm、サイドスピン-473.8rpm、飛距離230.8y
【ベスト】
HS42.7m/s、初速59.2m/s、打ち出し角16.4度、バックスピン量2833.6rpm、サイドスピン-366.3rpm、飛距離231.8y

打感はマイルド系だけど「RMX118」に比較するとちょっと当たり負け感というか、これはシャフトの影響かもしれませんが捻れ感もあったように感じました。音は「RMX218」のほうがやや高めな印象でした。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、こちらもかなりの高弾道。「RMX118」の10.5度に対して「RMX218」は9.5度でしたが、実際の弾道では「RMX218」のほうが高弾道でした。スピン量もいい感じで、よりドーンと大きな棒球を楽しめるセッティングだと思います。

出球傾向ですが、ボクのスイングで普通に打つと腐れフックw でも、ヘッドを右前に放り出してやるイメージ打つとハイドロー系が打てました。これは、持ち球的にはフェード系やスライス系のほうがよさそうでした。

シャフト挙動ですが、思った以上に柔らかくダウンからインパクトにかけてかなりヘッドが走るイメージでしたね。極端な話、いわゆる「ヘッドが暴れる」という状態だと思いますが、まあこれはボクのスイングのせいもありますから!! ボディターンタイプにおすすめの組み合わせだと思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめ。前述しちゃいましたが、この「RMX218」は「RMX118」に対してよりオートマチック系のテーストで、この組み合わせだとボディターンタイプのスライサーにおすすめしたいモデルですね。よりクラブががっつり球をつかまえてくれるし、ガッツリ球も上げてくれます。そういう意味では、スライスに悩むアマチュアゴルファーにとっては、かなり救世主的な位置付けかなって感じました。頑固なスライスに悩む方は、ぜひ1度お試しを!!

<ヤマハ「RMX218」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「FUBUKI AiⅡ50」(S=58.5g、SR=57g、R=55g/6.0/先中調子)。「Speeder661 EVOLUTIONⅣ」(S=67.5g/3.7/中調子)。「ツアーAD IZ-6」(S=63g/3.2/中調子)。「Diamana RF60」(S=65g/3.7/中調子)。
■価格:ヘッド単体4万3000円+税。シャフト=「FUBUKI AiⅡ50」装着モデル7万5000円+税。「Speeder661 EVOLUTIONⅣ」「ツアーAD IZ-6」「Diamana RF60」装着モデル各1本8万5000円+税。