どーもです。

ヨネックス「新製品展示会」で展示されていたニューモデル「EZONE CB301フォージド」アイアンと「EZONE」シリーズのニューシリーズとなる「EZONE GT」シリーズのドライバー&FWを試打できました。まずはアイアンを紹介したいと思いますが、このアイアンの「N1-MBフォージド」「N1-CBフォージド」の中間に位置づけできるモデルのようです。どんなアイアンなのか、早速いってみましょう。

まずは見た目から。

構造的には、「N1-CBフォージド」アイアン同様コンポジットアイアンですね。バックフェースのスリット部分に制振性を意識したグラファイト素材をはめ込んだモデルです。形状的にはほぼ一緒だと思いますが、気持ち「EZONE CB301Dフォージド」のほうが小振りですね。

フェースはややコンパクト系かな。「N1-CBフォージド」よりもコンパクトで、トゥ・ヒール方向の長さが短くなっていました。この辺は抜けと操作性を意識してでしょうね。

ソール幅自体はこの大きさにしてはしっかり確保されているイメージでした。意外とフラットソールになっていました!

ネックはほぼストレートだったかな。「N1-CBフォージド」は気持ちグースが入っていたように感じましたが、この「EZONE CB301Dフォージド」はほぼストレートです。

構えてみるとこんな感じ。雰囲気的には結構難しそうなイメージもありますね。トップラインもやや薄くなってシャープですね!!

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR125」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角34度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量443g、バランスD2。シャフトスペックは、重量125g、トルク1.5、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはしっかり重めでした。でも、グリップは細め。素振りしてみるとかなりバランスがよく振りやすく、重量のわりにはシャープに振り切れるイメージでした。

実際に打ってみると、「N1-CB」同様かなり振りやすいですね。「N1-CB」に対してロフトは2度寝ていますが、スカイトラックの飛距離的にはほぼ一緒。この「CB301」は「N1-CB」に対して見た目がコンパクトな分、やや操作性も意識しているように感じましたが、見た目ほどシビアではないかもしれませんね。さすがにヘッドターンしやすい分つかまりも良くなってはいましたが、基本的には「N1-CB」の性格そのままにやや小振りになったイメージかな。まあ、小振りな分抜けの良さが期待できそうですね。そういえば、展示会でも「PGAでの使用を意識したモデル」といっていたのを思い出しました。「N1-CB」は今池田勇太プロ使用で、今年の日本オープンもとったモデルですよね。その遺伝子を正統に継承しつつ、見た目をコンパクトにした感じかな。シャープな見た目が好きな方にはいいかも!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS37.8m/s、初速48.2m/s、打ち出し角20.3度、バックスピン量5358.2rpm、サイドスピン-1034.4rpm、飛距離156.6y
【ベスト】
HS38.4m/s、初速48.9m/s、打ち出し角20.3度、バックスピン量5361.5rpm、サイドスピン-771.2rpm、飛距離158.9y

打感は「N1-CB」同様ソリッド系。この手のアイアンにしては吸いつくような柔らかさでは無く、いい感じに弾き感も混ざった感じでした。音も同じようなイメージの中音系でしたね。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道!! ロフトが寝ている分、「N1-CB」よりもしっかり球は上がると思いますが、そのロフト通りの上がり方のイメージですね。バックスピン量もロフトが寝ている分当然増えてはいますが、吹け上がっているイメージはなく、ロフトに対して適正スピン量といった感じだったと思います。

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系でしたね。「N1-CB」に対してこの「CB301」の重心距離が短めなのは見た目でもわかると思いますが、その分ヘッドターンもしやすく、つかまりもいいと思います。そういう意味での違いはありますが、まあ、当然といえば当然ですよね!!

シャフト挙動ですが、切り返して気持ち手元がしなるイメージですが、これも強いて言えば、ですね。MODUS3 TOUR125装着ですが、結構シャープに振れるイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで最低でもHS45m/sは欲しいかな。ボクにも重めでしたが、レンジで試打する限りでは普通に打てます。でも、ラウンド後半には若干心配もありますね。性格的にはまさに「N1-MB」と「N1-CB」の中間でしたね。これは見た目のイメージ通り。「N1-MB」ほど操作性のシビアさはないけど、「N1-CB」よりは操作性が高い。個人的には見た目がシャープなほうが好きだけど、「N1-CB」の直進性の高さも捨てがたいですね。見た目がシビアなモデルが好きな人やある程度球筋を操りたい人で、ダウンブローに打てる技術のある人におすすめかな!!

<ヨネックス「EZONE CB301フォージド」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:9.5▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:8
■ヘッド:軟鉄+グラファイト制振材
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO MODUS3 SYSTEM3 TOUR125」(S=129g/1.5/元調子)
■価格:6本(#5~PW)セット13万8000円+税、単品(#3、#4)各1本2万3000円+税。ヘッドパーツ6個セット8万4000円+税、単品各1個1万4000円+税。