どーもです。

ヤマハのニューモデル「RMX」シリーズですが、いよいよ3モデルあるアイアンに突入です。アイアンは「018ツアーモデル」「118」「218」の3タイプをラインアップしています。いつもならツアーモデルは最後の紹介ですが、今回はあえて最初に紹介しちゃいます。なぜなら、それくらい打ちやすく、フィーリングもかなり良かったんです!! 実際試打していて、かなり気持ちのよいアイアンだったので、テンションも上がってしまいましたw そんなわけで、早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

先代は「116ツアーブレード」というネーミングですが、今回は「018ツアーモデル」と変更されています。

構造的にはマッスルキャビティでいいのかな!? トップブレードバックにへこみがありますが、これは重量軽減でしょう。その分低重心化しているんでしょうね。先代はキャビティだったけど、この時代に先祖返りなのかな!?

フェースはかなりコンパクト。トゥがツンと立った感じなのは先代同様で、これはもうインプレス時代から続くツアーモデルの伝統的形状でしょうね。

ソール幅はさすがに先代より狭い感じでしたね。リーディングエッジとトレーリングエッジがラウンド形状になっていましたが、リーディングエッジ側がしっかり削られている感じで、どうやらバンス効果も狙っているように感じました。

ネックはドストレート!! ボディも薄めで、これは先代同様ですね。

構えてみるとこんな感じ。かなりコンパクトで、トップブレードも薄め!! 見た目がかなりシビアそうな印象ですが、これがまた良い意味でそんな期待を裏切ってくれるモデルなんですよね~!!

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールド120」S200フレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角35 度、ライ角62度、長さ36.75インチ、総重量433g、バランスD2。シャフトスペックは、重量118g、トルク未発表、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボールです。

まず持ってみた感覚です。重量的にはしっかり重量級ですが、なぜか数字ほどの重量感を感じませんでした。ボクにはかなりフィーリングが良く、持った瞬間から「おっ!!」ってなりました。グリップも良い感じの太さだったしね。ワッグルしてみてもかなりいい感じで、素振りしてみるとかなりシャープに振り切れるイメージで、もう何から何までフィーリング的にはドンピシャ。

実際に打ってみると、いきなりナイスショットでしたわ!! こんな難しそうなクラブでいきなりのナイスショットは、ちょっと打った本人がビックリ!! スカイトラックのデータ取りも、普段はナイスショット感覚のものを3球打てるまで続けるので、1本でだいたい10~20球は打ってしまいます。でもこの「RMX018ツアーモデル」はマジで3球連続納得のいくショットでした。動画を含めてわずか5球でしたから!! こんなの、病気から復活して初めての快挙でした。ボクが個人的に合っているだけなのかもしれませんが、やはり持ってしっくり来るクラブって、なにかしらあるんでしょうね。見た目こんなシビアそうなモデルでも、フィーリングが合えば打てるんだって。今回貴重な体験をしました。理屈抜きに良いクラブ。少なくともボクにとっては、そんなクラブでした。ちょっと、テンション上がり過ぎかな・・・w

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS38.0m/s、初速48.5m/s、打ち出し角20.4度、バックスピン量6146.4rpm、サイドスピン-699.1rpm、飛距156.9y
【ベスト】
HS38.4m/s、初速48.9m/s、打ち出し角20.6度、バックスピン量5956.6rpm、サイドスピン-511.8rpm、飛距離158.8y

打感はチョーマイルド系。ボールのつぶれ感があってフェースに乗っかるようないわゆる分厚いインパクトですね。音もパシャッとシャッター音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラック弾道データはこちら。

弾道的には高弾道ですね。#7で35度といまやレアなロフトですが、スピン量も良い感じ。なにもかもがイメージ通りでしたわ~!!

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。見た目ではかなりシビアな印象を受けますよね。操作性バリバリのマニュアルモデルって感じですが、実際に打ってみるとそこまでシビアさはなく、スイングのミスもある程度カバーしてくれる印象でした。

振り感ですが、ボクはやっぱりDGっこなんだなって(笑) 切り返しでクッとタメを作ってくれる感覚はDGならではですね。DGのニューモデルでしたが、少なくともこのヘッドとの相性は抜群でした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで最低でもHS43~45m/sは欲しいモデルだと思います。まあ、今回ずっと書き続けていますが、しっかり重量級なのでこの重量を振り切れるのが最低条件でしょうね。ちょっとテンション上がってしまいましたが、冷静に分析すれば限りなくマニュアルに近いセミオートマチック系アイアンかな。スイングのミスもある程度カバーしてくれるけど、プレーヤーが思い描く球筋も具現化してくれそうな、そんな贅沢なアイアンだと思います。見た目で敬遠してしまいそうなフォルムですが、HDCP13あたりでステップアップを目指すなら、ぜひ1度試して欲しいアイアンです。

<ヤマハ「RMX018ツアーモデル」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:10▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9
■ヘッド:軟鉄
■シャフト(重量/トルク/調子):「ダイナミックゴールド」(S200=118g/未発表/元調子)
■価格:6本(#5~PW)セット12万円+税、単品(#3、#4)各1本2万円+税。