どーもです。

ヤマハのニューモデル「RMX」シリーズですが、今日紹介するのは「RMX118」アイアンです。昨日紹介した「RMX018ツアーモデル」アイアンではあまりの打ちやすさにちょっとテンションが上がりましたが、おそらくボクレベルがドンピシャなのはこの「RMX118」アイアンなんじゃないかなと思います。先代同様のキャビティアイアンですが、早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

構造的にはキャビティアイアンだと思いますが、先代ではトゥ側バックまで刻まれていたスリットというかミゾが、ニューモデルがネック側だけになっていました。これは、ストレートボールを意識してのようです。形状的にもニューモデルは、ややトゥが立ったような形状になっていました。

フェースはミッドラージですが、先代に比較するとネック側がかなり絞られていますね。その分、トゥが強調されているようにも見えますね。トゥ・ヒールもややラウンド形状に変更されていて、これはアクティブソールと命名されていて、より高い抜けを意識しているようです。

ソール幅は適度な幅が確保されていると思います。リーディングエッジとトレーリングエッジの削り方は、昨日紹介した「RMX018ツアーモデル」と同じでした。

ネックは若干グースが入っていました。

構えてみるとこんな感じ。トップブレードは一般的なモデルに比較すれば薄めでしょうが、「RMX018ツアーモデル」の後の試打だったせいもあって、やや厚めにも感じてしまいました。しかも、グース度合い強めに感じてしまいましたが、改めて見てみるとそれほど強くないかなと感じてしまいました。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO MODUS TOUR120」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角31度、ライ角62度、長さ36.75インチ、総重量427g、バランスD2。シャフトスペックは、重量114g、トルク1.7、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボールです。

まず持ってみた感覚です。重量的に一般的にみればしっかり重量級ですが、「RMX018ツアーモデル」のあとだったので、気持ち的には「軽いじゃん!!」んなて思ってしまいました。D2とバランス的には「RMX018ツアーモデル」と数字上は一緒ですが、フィーリング的にはこの「RMX118」のほうが、ヘッドが効いているような感じでした。グリップは良い感じの太さでしたね。振りしてみると結構シャープに振れるイメージでしたが、やはり若干ヘッドが効いている感はありましたね。

実際に打ってみると、かなりラクに打てるイメージでしたね。もちろん、「RMX018ツアーモデル」を打った後という精神的な影響もあるかもしれませんが、間違いなくクラブが仕事をしてくれる領域はこの「RMX118」のほうが幅広いと実感しました。まず、しっかり球を上げてくれます。払い打ちでもしっかり球が上がるイメージですね。これ、ボクにとっては扱いやすいアイアンの最重要ポイントですから!! その上で、打ち込んでも吹け上がらないイメージでしたからね。おそらく低重心モデルだと思いますが、しっかり球を上げてくれるけど、ロースピン系アイアンに感じました。つかまりもかなり良い感じだし、見た目的にも安心感のある適度な大きさなので、メンタル的にもやさしいアイアンだと思います。個人的には若干グースが気になりますが、これは個人的な好みの問題。フェードヒッターやスライス系の持ち球の方にとっては、非常に安心感を持てるアイアンだと思います。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS38.8m/s、初速49.5m/s、打ち出し角18.7度、バックスピン量4925.0rpm、サイドスピン-780.3rpm、飛距164.2y
【ベスト】
HS39.0m/s、初速49.6m/s、打ち出し角19.1度、バックスピン量4963.2rpm、サイドスピン-426.5rpm、飛距離165.6y

打感はマイルド系。さすがに「RMX018ツアーモデル」にと比べるとややフェースに乗っかるようないわゆる分厚いインパクト感は薄めですが、それでも十分マイルド系だと思います。音はやや高めにも感じました、小気味のよい音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラック弾道データはこちら。

弾道的には十分高弾道だと思います。#7で31度は先代と一緒ですが、先代よりも気持ち球は上がりやすそうなイメージでしたね!!

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いドロー系。「RMX018ツアーモデル」はある程度操作性がある結果のドローに感じましたが、この「RMX118」は限りなくオートマチックに近いつかまりの結果ドローという感じでした。

振り感ですが、DGのあとだと、若干手元のタメ感が少ないイメージですが、その分払い打ちの人でもイメージがあうようなマッチングだったと思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで、やはり最低でもHS43~45m/sは欲しいモデルかなと思います。まあ、昨日同様になっていまいますが、まずはこの重量を振り切れるのが最低条件でしょうね。先代よりも気持ち球が上がりやすくなったと思います。また、個人的には先代よりもミスヒットの寛容性も高くなっていたんじゃないかなと感じました。「RMX118」はダウンブロー系でも払い打ち系でも、使い手を選ばないモデルのように感じましたね。ボク的には、100切り達成を目指すアスリートマインドや向上心を持ったゴルファーや、安定して80台を出したいゴルファーにとって、心強い味方になってくれそうなモデルに感じました。

<ヤマハ「RMX 118」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:軟鉄
■シャフト(重量/トルク/調子):「NSPRO MODUS3 TOUR120」(S=114g/1.7/元調子)、「NSPRO RMX95」(S=98g/未発表/中調子)。
■価格:6本(#5~PW)セット10万8000円+税、単品(#4)1本1万8000円+税。