どーもです。

先週に続いてラウンドレポートになりますが、試打レポを先に出し続けていたらラウンドレポートが溜まってしまいましたので放出しますw 男子ツアー「フジサンケイクラシック」の会場でもあるトーナメントコースでもある名門、山梨・富士桜カントリー倶楽部でラウンドしてきました。たむ。プロご尽力で実現したラウンドでたむ。プロとは座間キャンプ以来のラウンドでしたが、イーグルなんてものを見せていただきました!! ここはずっとラウンドしてみたかったコースですが、さて、どうなるのでしょうか!? では、早速いってみましょう。

今回ラウンドした富士桜CCですが、たむ。プロと一緒ということバックティ(ブルーティ)使用でしたが、どうやらバックティの使用はプロのみ使用可能だったらしく、インコーススタートから14番のティショット打ち終わりにマーシャルさんから「アマチュアのバックティ使用は申請が必要になりますから、次のホールからレギュラーティでお願いします」とのことで、15番からレギュラーティ(ホワイトティ)使用になりました。そんなわけで変則になってしまいましたが、レギュラーティ使用と換算してアウト2,962y、イン3,230yのトータル6,192y。コースレートは「70.8」。グリーンセッティングは刈り高3.2mm、スティンプメーター9.5フィートでした。

前記通りインスタートで14番まではバックティの距離になります。それから、今回のラウンドではガーミンのGPSナビ「アプローチS60」をお借りして実戦投入してみました。使用説明書が同封されていなかったため、最低限の使用しか出来ませんでしたが、使用感についてはラウンドレポ後にお届けしますので、そちらも合わせてよろしくお願いします。

10番は右ドッグレッグの441yミドル。

G30ティショットはやや引っ掛け気味で左の1stカット。

残り212yロマロUTショットはいい感じでしたが、グリーン右手前の花道。ピンまで13y52度寄せはかなり速くてピン右奥2y。下りスライスに見えたけど、キャディさんが「切れません。切れるとしたらフックです」って。「えっ!?」でしたがキャディさんの言うとおりでした。2パットでボギー。

11番は433yほぼストレートですが途中から打ち下ろしのミドル。

G30ティショットはややスライス気味で右ラフ。

残り204yでしが、木がスタイミーのためここは#6で打てないスライスに挑戦。結果は、真っ直ぐ抜けてしまい左ラフ。残り64y58度ショットはピン手前11y。奥に下っているように見えていましたが、「下っていませんよ!」って。「ん~!!」ですね。2パットでボギー。

12番は378y軽く右ドッグレッグのミドル。

G30ティショットのあたりはいまいちでしたが、無事FWキープ。残り140y#9ショットはわずかにグリーン右。ピンまで10y52度寄せはピン手前2y。真っ直ぐ読みが右に切れて、2パットでボギー。

13番は200yショート。

ロマロUTショットは良い感じに打ててピン右7yにオン。キャディさんのほぼ真っ直ぐアドバイスでしたが、打ち切れずに2パットのパーセーブ!!

14番は378yほぼストレートなミドル。

G30ティショットの当たりはいまひとつでしたが、なんとか1stカット。

残り138y#9ショットはピン左4yにオン。スライスアドバイスはあとひところがり足りず、2パットのパーセーブでした。

15番から白ティ使用で、517y右ドッグレッグのロング。

G30ティショットは無事FWキープ。

残り286yは100y残りを意識してロマロUTで刻み。当たりがいまいちで結果は122y残り。48度ショットはピン手前11y。1stパットをドショートしていまい、4yを沈められず3パットボギー。

16番は155y表示ですがこの日は130y、ピン奥で140yで左手前に池が絡むショート。

#9ショットはハーフトップでグリーン左のバンカー。左足下がりのライからで、土のようなバンカーで砂は無かったですね。フェースを開かずに打ったバンカーショットは出ただけ。ピンまで10y52度よせはピン手前4yと寄せられず。2パットで素ダボ。

17番は496y右ドッグレッグで打ち上げのロング。

G30ティショットは無事FWキープ。

残り266yは100y残りを意識して#6で刻み。これはうまく打てて残り98y。52度ショットはピン右6yにオン。2パットでなんとかパーセーブ。

18番は372yほぼストレートなミドル。

G30ティショットは右FWキープ。

残り125yPWショットはハーフトップ気味でグリーンオーバー。ピンまで6y52度寄せはピンに絡んで1パットでパーセーブ!!

知らなかったとはいえ、途中からティグランドが変わるという珍事態もあり、素ダボもありでしたが、前半は6オーバーの「42」。パットは18パット。グリーンの見え方が目の錯覚を誘っているようで、打つ側と逆サイドで見え方が全然違うし、横から見ても全く分かりませんでした。さすがトーナメントコースですわ~!! キャディさんのアドバイスが無かったら、もっと酷いことになっていたかも・・・