どーもです。

今日明日で紹介するのは、ヨネックス「EZONE GT」シリーズでまだお届けできていなかった、UTとアイアンです。ドライバーFWはすでにレポしていますが、ドライバーは長尺の強みを生かしたぶっ飛びモデルが印象でした。新素材のカーボンシャフトもかなりしなり戻りが速い印象で、長尺が苦手なボクでもしっかり振り切れたモデルでしたね。というわけで、そのUT、アイアンがどんなモデルなのか。まずはUTからレポしてみましょう。

まずは見た目から。

 EZONE XPG UT同様形状的には俵型ですが、デザイン的には別モノ。ウエート自体8gは変わっていませんが、XPGよりもさらに後部に移動していますし、フェース後部の白いへこみ部分がいかにも球を上げてくれそうなイメージですね。

フェース的にはXPGに比較するとややディープ気味ですね。何よりも、斜めのスコアライン「スラントグルーブ」が特徴ですよね!!

ボディは意外にもシャロー気味に感じました。ソールもフラットですよね。何よりも超出っ歯に見えますが、これもいかにも球を拾ってくれそう!

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。後述しますが、見た目では1度オープンには見えませんよね・・・(汗) XPGよりもコンパクトです。しかも、クラウンのカーボン素材がなんとも言えない雰囲気を演出していました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「REXIS for EZONE GT」Sフレックス装着モデルの4U。スペックは、ロフト角22度、ライ角59.5度、長さ40インチ、総重量351g、バランスD0.5。ヘッド体積105cm3。シャフトスペックは、重量55g、トルク4.0、中調子。試打ポジションはSTD。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感じですが、総重量的には軽め。でも、グリップは結構太めに感じましたね。シャフトを手でしならせてみると、思った以上にしっかり感がありました。素振りしてみるとバランス通りヘッドが軽めなので、かなりシャープに振り切れそうなイメージでした。もうちょっと切り返しでヘッドを感じたいという気持ちもありましたが、それは個人的な好みですのでw

実際に打ってみると、実は結構タフですね。レンジ試打時には「いまいちつかまらないな・・・」なんて思っていました。でも、後でスペックを確認してみて納得。フェースが1度オープンというモデルで、今ひとつつかまらないのも合点がいきました。お恥ずかしながら、試打時には見た目で全く気付きませんでした(汗)最初はスラントグルーブ(フェース面斜めのスコアライン)とボクのスイングの相性を疑ってしまいましたが、根本的につかまりを抑えたモデルのようですね。ボク的には、UT特有のつかまりすぎを抑えたヒッターでも左を気にせず叩けるモデルに感じました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.0m/s、初速53.5m/s、打ち出し角18.6度、バックスピン量3857.4rpm、サイドスピン-533.1rpm、飛距離192.1y
【ベスト】
HS39.8m/s、初速53.3m/s、打ち出し角18.8度、バックスピン量3621.5rpm、サイドスピン-573.8rpm、飛距離194.4y

打感ですが弾き系でしたね。結構球離れが速いイメージで、音も若干カンカンしていて、有り体に言ってしまえば硬さを感じさせるような打感でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこんな感じ。

弾道的には、高弾道ですね!! しっかり球は上がると思いますが、ある程度ダウンブローに打ち込めるタイプのほうが良さそうですね。払い打ち系のスイングだと若干球のつかまりも、上がりにも影響はでそうなオーラはあったかもしれません。スピン量も少なめでした。

出球傾向ですが、ボクのスイングで実はフェード系だったかな。動画やスカイトラック計測データは、ボク的に結構右手で叩くイメージでしたからね。普通に打つとフェード系でしたが、この辺はカチャカチャで調整できるのでいろいろ試してみるといいと思います。基本性格的には、結構骨太なイメージでした。

振り感ですが、これはシャープに振れるイメージでした。挙動的には素直に中間がしなるイメージで、ドライバーやFWほどクイックなしなり戻り感はなかったかな・・・。前述通り、個人的には切り返しでもうちょっとヘッドを感じたい欲求はありましたが、切り返しの速いヒッタータイプには、実はこのくらいがいいのかもとか思いました。

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS40~43m/sあたりにおすすめかな。結構骨太なUTで、基本性格的には、ボクの感覚では気にせず叩けるUTでした。ドライバーとは若干趣が違うようにも感じましたが、FWも同様に感じていたので、このUTはどちらかというとFW寄りのイメージですね。カチャカチャがついているので、いろいろ試して弾道調整してみるといいかもしれませんね。今回のUTを試打して、個人的感じたのはFWとUTは「SRでもいいのかな」でした。結構骨太なイメージでした。

<ヨネックス「EZONE GT」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ&フェース=SUS630ステンレスチール、クラウン=高強度カーボン、スリーブ=A7075アルミ合金、ビス=タングステン合金
■ロフトバリエーション:3U=19度、4U=22度、5U=25.5度
■シャフト(重量/トルク/調子):「REXIS for EZONE GT」(S=55g、SR=53g、R=51g/4.0/中調子)※4U装着モデル
■価格:各1本3万円+税
■発売予定:2017年12月上旬