どーもです。

今日で紹介するのは、ヨネックス「EZONE GT」シリーズのアイアンです。今回はシャフトがポイントに感じたので、あえてカーボンシャフトモデルを試打してみました。結果は・・・!! そんなわけで、早速レポしてみましょう!!

まずは見た目から。

EZONE XPGアイアンは構造的に360度アンダーカットキャビティでしたが、このGTも同様のようですね。しかし、アンダーカットキャビティ部分に制震材となるグラファイト素材「G-BRID」を装着することで、打感向上を目指しているようです。これは、池田勇太プロ使用のアイアン「N1-CB」と同じ構造ですね!!

フェースはミッドラージですが、XPGに比較するとややコンパクトになったようにも感じました。

ソールはセミワイド系ですが、実際に接地するのはツヤ消し部分だと思います。

ネックはセミグース。横顔はXPGとは全くの別モノでした。より低・深重心を意識したモデルではないかと思われます。

構えてみるとこんな感じ。トップラインは厚めで安心感がありますが、明らかにロフトが立っているのが分かると思います。トゥが立って見えるので一見つかまりも良さそうなイメージもありましたが、意外と骨太でしたわ~!!

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「REXIS for EZONE GT」SRフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角28度、ライ角62.5度、長さ37.5インチ、総重量370.5g、バランスD0。シャフトスペックは、重量98g、トルク4.0、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感は、UT同様総重量的には軽めですがグリップは結構太めに感じました。シャフトも同様で、手でしならせてみるとSRにしては思った以上にしっかりした感じでしたね。素振りしてみるとUT以上にシャープに振れるイメージでした。UTで感じた切り返し時のヘッド重量感不足ですが、不思議とアイアンでは特に気にならなかったかな。

実際に打ってみると、重心距離が長めなモデルの影響か、セミグースネックのわりには見た目ほどつかまるイメージが無かったかな。アイアンでは今でもフッカーなボクが、つかまりを意識してやっとドロー系だったかな。#7でロフト角28度は一昔前なら#5のロフトで、今でもアスリートモデルなら確実に#6あたりで確実に1番手は違います。でもそう考えると、この球の上がりや打ちやすさは確実な進化だと思います。#7で175yあたりを打てるとなれば、安心感はもちろん、ゴルフが変わりますわな~!! ロフトが立っているので飛ぶのは当然ですが、しっかり球を上げてくれるのはうれしいですね!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.7m/s、初速50.9m/s、打ち出し角17.8度、バックスピン量4789.7rpm、サイドスピン-553.8rpm、飛距離171.6y
【ベスト】
HS39.3m/s、初速50.5m/s、打ち出し角17.4度、バックスピン量4455.1rpm、サイドスピン-382.8rpm、飛距離172.0y

打感は弾き系です。でもUTとは違って球離れの速さはそれほど感じませんでした。カンカンした感じもなく、UTに比べるとやや落ち着いた高音系のキレのいい音だったと思います。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこんな感じ。

弾道的には、しっかり高弾道!! ロフト角28度でこれだけ上がるのは、ギアの進化の一言でしょうね。ボクは球がしっかり上がるクラブこそ、扱いやすいクラブの第一条件だと思っているので、このアイアンは完全に打ちやすさを優先したクラブだと感じました。スピン量は少なめかな!!

出球傾向ですが、UT同様ボクのスイングで実はフェード系。やはり、つかまりを意識してしっかりつかまる感じでしたね。この重量帯のわりには、結構骨太な印象でした。

振り感ですが、かなりシャープに振れるイメージでしたね。挙動的には、やはり素直に中間がしなるイメージでした。アイアンもドライバーのようなクイックなしなり戻り感は、ぶっちゃけ無い感じでした。UTに近いイメージで、結構しっかりした味付けで、ダウンブローに打ちやすいモデルにも感じました。SRでも、しっかり感がありました。

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめ。カーボンシャフトモデルのわりは結構骨太なアイアンで、基本性格的には、打ち込めるアイアンといったイメージでした。シャフトもSRにしては、思った以上にしっかりしたイメージですね。ヨネックス「EZONE XPG」シリーズは結構骨太なイメージでしたが、その遺伝子を確実に継承してちょっとだけマイルドにしたモデルのように感じました。とにかく打ちやすいっす!! ストロングロフトである程度飛距離を意識したモデルだと思いますが、そのわりにはシャフトとのマッチングなのかヒッタータイプが叩けるモデルのようにも感じました。なかなか、今の市場では無いタイプかもしれません!!

<ヨネックス「EZONE GT」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:(#4~PW)クロムモリブデン+グラファイトハイブリッド(AW、SW)SUS431ソフトステンレス+グラファイトハイブリッド
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「REXIS for EZONE GT」(SR=48g、R=46g/4.0/中調子)。スチールシャフト「NSPRO950GH HT」(S=98g/2.0~1.6/中調子)。
■価格:カーボンシャフト装着モデル5本(#6~PW)セット10万5000円+税、単品(#4、#5、AW、SW)各1本2万1000円+税。スチールシャフト装着モデル5本セット9万5000円+税、単品各1本1万9000円+税。
■発売予定:2017年12月上旬