どーもです。

キャロウェイの限定販売モデル「APEX MB」アイアンと「Xフォージド」UTを試打できました。まず今日紹介するのは「APEX MB」アイアンですが、これはマッスルバックタイプで限定販売モデルです。先代は「Xプロト」の流れをくむモデルだったと記憶していますが、これが先代で間違いなければ、ですけど・・・というわけで、いってみしょう!!

まずは見た目から。

先代とは見た目的には全く別モノになっていますね。典型的なザ・マッスルバックですが、流麗なフォルムがいいですね!!

フェースはかなり小振り。形状的にはマッスルバックとしてはオーソドックスなモデルだと思います。

ソール幅も狭く、ダウンブローに打ち込んでの抜けの良さを意識した形状でしょうね。

ネックはストレートですね。フェース下部にかなりボリュームを持たせているので、低重心を意識したモデルだと思います。

構えてみるとこんな感じ。いや~精かんな顔つきですね!! 構えるだけ、背筋がピンと伸びそうですw トゥがやや立った感じで、つかまりの良さを感じさせてくれますね。

今回試打したのは、スチールシャフ「ダイナミックゴールド」S200装着モデル#7。スペックは、ロフト角34度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量445.0g、バランスD2。シャフトスペックは、重量129g、トルク未発表、手元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感じですが、しっかり重量級モデルのはずですが、不思議とそれほど重量を感じないイメージでした。グリップはやや太めだったかな。その影響かバランスD2ですが、ボク的には手元に重量感がある感じでした。素振りしてみると、ヘッドがかなり小振りという影響もありそうですが、かなりシャープに振れるイメージですね。

実際に打ってみると、APEX(頂点)の名にふさわしい球の上がり方ですね。まあ、最近はもうどんなマッスルバックでも余程芯を外さない限り球はしっかり上げてくれますが、そんな中でもこの「APEX MB」は「ややトップに入ったかな・・・!?」なんて思った感触でもしっかり球を上げてくれます。ボクの個人的な指標だと、球を上げてくれるのは扱いやすいアイアンになるのですが、その辺は、言うてもマッスルバックですからね!! でも、マッスルバックタイプとしてはシビア過ぎない印象があったのは確かです。ボクのスイングでも弾道が安定していたのはうれしいですね。こんな見た目のアイアンで、弾道がそろうと勘違いしそうですが、これはクラブのおかげですから!!!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS38.3m/s、初速48.8m/s、打ち出し角20.2度、バックスピン量5539.8rpm、サイドスピン-761.6rpm、飛距離160.1y
【ベスト】
HS38.2m/s、初速48.7m/s、打ち出し角20.7度、バックスピン量5187.7rpm、サイドスピン-974.7rpm、飛距離161.4y

打感はソリッド系だったかな。これ、意外でしたわ~!! 軟鉄のわりには結構弾き感もありましたね。ボールのつぶれ間と弾き感がいい感じに混ざったソリッド系な打感でした。打音がちょっと高めだった影響もあるかもしれませんね。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的にはしっかり高弾道ですね。前述通り、さすが「APEX」の名に恥じない上がり方だと思います。スピン量も適量かな!! ただし、ある程度ダウンブローに打ち込める技術は要りそうです。

出球傾向ですが、これが意外とボクのスイングでも軽いドロー系でした。ボクのレベルで弾道がそろうくらいですから!! マッスルバックと言えば操作性がシビアですが、意外とこの「APEX MB」は意図しないスイングのミスも気持ちカバーしてくれそうな雰囲気がありました。

振り感ですが、これがかなりシャープに振れます。シャフト挙動ですが、ダイナミックゴールド(DG)特有の切り返しで手元がクッとなっていいタメを作ってくれます。ボクはこのDGの間が好きですわ~!! 個人的にヘッドとのマッチングはかなりいいと思います!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS45m/sは欲しい感じですが、43m/sのボクでもこれだけ振れました。マッスルバックは距離を求めるアイアンではないと思いますが、#7で160yを安定して打てるなら、ボク的には文句なしですね。見た目は小振りなヘッドで尻込みしそうなモデルですが、意外とクラブがカバーしてくれる域も広いように感じました。ボクレベルのHDCP13あたりでもコースで使えそうな雰囲気のあるマッスルバックだと思います。とはいえマッスルバックですから、もちろんシビアな部分はあります。最低限ダウンブローに打ち込める技術は求められるでしょうね。数量限定モデルというのも、所有欲をかき立てそうな・・・w

<キャロウェイ「APEX MB」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:9▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:8
■ヘッド:軟鉄(S25C)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ダイナミックゴールド」(S200=119g/未発表/手元調子)
■価格:「ダイナミックゴールド」装着モデル6本(#5~PW)セット13万2000円+税、単品(#3,#4)各1本2万2000円+税。
■備考:左用はなし