どーもです。

今回紹介するのはキャロウェイ「Xフォージド」UTです。名器「Xフォージド」シリーズですが、アイアン型UTは今回初登場ですね。アイアン型UTというと「打ちやすいモデル」と言われても尻込みしてしまいそうなイメージもありますが、名器の遺伝子を継承したモデルですからね。どんなモデルなのか。早速、いってみしょう!!

まずは見た目から。

デザイン的には「Xフォージド(2017)」アイアンを踏襲するモノになっていますね。ただし、UTはバックフェースの三角形がかなり存在感を主張していますね!!

フェースはアイアン型UTにしてはセミラージというか、やや面長系かな。安心感のある形状だと思いますが、そもそもアイアン型UTというだけで敬遠されそうな傾向もありますからね。

ソールはかなり特徴的。バックフェースの丸みが某バナナをイメージさせたりして・・・w

ネックはセミグース。ボディのボリュームもかなりなもので、どうやら中空構造になっているようです。

構えてみるとこんな感じ。さすがにロフトが立っているのが分かるので、それだけで尻込みしそうな気配もありますが・・・

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH」Sフレックス装着モデルの21度。スペックは、ロフト角21度、ライ角60度、長さ39インチ、総重量391g、バランスD0。シャフトスペックは、重量98g、トルク1.8、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感じですが、これはやや軽めだったかな。でもグリップは意外と太めでしたね。結構手元に重量がある感じで、バランスD0にも納得です。素振りしてみると、イメージ通りシャープに振れましたね。

実際に打ってみると、やはりタフと言えばタフです。同ロフトのウッド型UTに比較すると球の上がり方はいまいちですが、操作性はやはりアイアンタイプに軍配ですね。もちろん、弾道をコントロールしたいタイプ向けの1本でしょうから、そう感じるのは当然の結果だと思います。また、打感が特殊で「んっ!? もしかして中空構造か?」なんて思いましたが、原稿を書くに当たって確認してみると、やはり中空構造でした。中空構造で番手別にタングステンウエート装着モデルのようですが、そのわりには球の上がり方はハッキリいっていまいち。中弾道イメージでした。操作性については、普通に打つとつかまりはいいけど、逃がすこともできます。フェースを返さないように意識してちょうど良い感じのドローが打てましたが、いつもの感じで打つとやや強めのドローでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.2m/s、初速54.6m/s、打ち出し角14.3度、バックスピン量3025.4rpm、サイドスピン-589.0rpm、飛距離196.3y
【ベスト】
HS39.7m/s、初速55.3m/s、打ち出し角13.2度、バックスピン量3018.9rpm、サイドスピン-702.1rpm、飛距離197.3y

打感はマイルド系。中空構造特有のムニュッとしたか感じでしたね。360度カップフェースのようで、芯を外してもある程度クラブがカバーしてくれますが、打感はさすがに変わりますね!! 音はやや高めでパチンといかにも弾いている感じですが、それであのムニュッとした打感はすごいかもね!!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には中弾道。ぶっちゃけ球の上がり方はシビアかな。ボクの感覚では、払い打ちには向かないイメージだったかも・・・。ある程度ダウンブローに打ち込んだ方が球が上がってくれると思いますが、スピン量は少なめなモデルだと思うので、打ち込んでも吹け上がるような弾道ではなく、良い感じに前に行ってくれるイメージでした。

出球傾向ですが、ボクのスイングで普通に打つとやや強めのドロー系でしたね。でもある程度操作性も意識したモデルで、ボクレベルでも逃がそうと思えば逃がせるのでバリバリマニュアル系というよりはセミオートマチック系イメージかな。

振り感ですが、結構シャープに振り切れるイメージがいいかもです。NSPRO950GHですが、アイアンではヘッドによってインパクト時にグニャリ感があるモデルもありますが、UTでは結構どのヘッドでも良い感じかな・・・って思います。バランスが軽いので、切り返しが速めなタイプに合いそうな雰囲気でしたね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/sあたりにおすすめかな。アイアン型UTというだけで尻込みしそうですが、さすが名器の遺伝子を次ぐモデルのアイアンがUTだけあって、ボクレベルでも十分使えそうなイメージを持たせてくれるのがいいですね。ただし、ある程度ダウンブローに打ち込める方が、このアイアン型UTの良さを発揮できると思います。払い打ち系でも球は上がりそうですが、ダウンブローに打ち込んだ方が強い弾道が得られそうですね。「Xフォージド(2017)」アイアンとバックフェースデザインが同じですから、まあ、Xフォージドユーザーを意識したモデルであることに間違いないと思います。Xフォージドのロングアイアンの代わりに入れても良さそうだし、もちろん単品で仕込んでも使いやすさは実感できると思います。実力的には、HDCP13~15あたり以下におすすめだと思います!! とにかく、1度試打してみるのが1番ですし、特にXフォージドユーザーはぜひ試してほしいかな!

<キャロウェイ「Xフォージド」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:8▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9
■ヘッド:17-4ステンレス
■ロフトバリエーション:18度、21度、24度
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO950GH」(S=98g/1.8/中調子)
■価格:各1本3万2000円+税。
■備考:左用はなし