どーもです。

ロマロ「RAYタイプR」のまだ試打できていなかったドライバーですが、やっと試打できましたので、お届けしたいと思います。先代は「RAY 455LX タイプR」だったと思いますが、今回からは「RAYタイプR」とシンプルになっていましたね。ロマロと言えばアスリート志向モデルのイメージが強いですが、このドライバーはどんなものなのでしょうか。早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

ブラックボディに赤の差し色は先代同様ですが、今回の「RAY タイプR」で特徴的なのはソール後部のウエートとソールフェース側に配置されたミゾ「Mフォースポケット」ですね。ウエートは後述します。

フェースはシャロー気味だと思いますが、先代に比較するとセミディープ気味だと思います。ウエートを配置したのはこの影響かもしれませんね。

ボディはシャロー気味だと思いますが、先代に比較するとややコンパクトになっているようなイメージだったかな。

後ろ姿ですが、ロマロっぽいですよね!! 先代に比較すると、やはり若干ディープになっているのは間違いないと思います。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの形状や投影面積自体は、先代と比較してもそれほど変わっていないようにも感じました。ただし、ニューモデルはクラウンがカーボンになっているので、間違いなくより低重心化していると思います。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「RJ-TE」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59度、長さ45.75インチ、総重量306g、バランスD2。ヘッド体積455cm3。シャフトスペックは、重量59g、トルク3.9、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には数値以上に軽めに感じましたね。でも、グリップがやや太め。このグリップですが、ロマロオリジナルモデルなんですけど、しっとりしていて感触がなんか良い感じでした。指になじむというか、特にグローブをしていない右手の感覚がなんか良い感じでした。シャフトを手でしならせてみると、中間がしなる感じでした。素振りしてみると、クセがなく素直に振り切れるイメージでしたね。

実際に打ってみると、結構男前な弾道でしたね!! スピン量が少なくて、高めの中弾道イメージ。ロフトのわりには弾丸ライナー系の弾道でした。最近ドーンと球が上がるモデルが多い中、骨太でいかにもアスリートモデルの印象でしたわ~!! 試打モデルはソール後部に3gのステンレスウエート装着モデルでしたが、1gのアルミニウム、5gのタングステンと3つが用意されているようです。脱着可能式ではなく、フィティングで装着後は固定となるようです。今のボクには、5gのタングステンウエート装着がよかったかな・・・とか思ったりしてw
あとは、打感が結構特徴的だったか。フェースが薄いんじゃないかって思うほどのマイルドさで、極端に聞こえるかも知れませんが、まさに「たわんで押し出す」といった感じ。この感覚は他にはあまりないイメージだったかな。

スカイトラックの弾道データがこちらで、

その各球データはこんな感じ。

【3球平均】
HS43.0m/s、初速60.2m/s、打ち出し角15.9度、バックスピン量2259.8rpm、サイドスピン量-89.2rpm、飛距離236.5y
【ベスト】
HS41.6m/s、初速60.5m/s、打ち出し角16.1度、バックスピン量2495.5rpmm、サイドスピン量-142.8rpm、飛距離239.4y

打感は、前述通りマイルド系。フェースが薄いんじゃないかって思うほど「たわんで押し出している」ようはイメージでしたね。音はやや高めですが、サスティンが短めで小気味の良い音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高めの中弾道。3g装着モデルは見た目以上に男前な弾道ですね。そしてスピン量も少なめ。最近マイルド系の打感でスピン量が増えるという傾向がありましたが、このRAYタイプRは当てはまりませんでした。

出球傾向ですが、ボクのスイングでもほぼストレートかな。45.75インチと長めのモデルですが、とにかく曲がりが少ないっす!! サイドスピン量も過去に見たことがない数値でしたからね!! ボクのスイングに合っているのかも!?

振り感ですが、かなりニュートラルな感じでした。シャフト挙動も素直に中間がしなるイメージですが、タメようと思えばタメられるし、つかまえようと思えばつかまえられるイメージした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~45m/sあたりにおすすめ。基本性格的にはセミオートマチック系ドライバーで、かなり受け入れ間口の広いモデルだと思います。とはいえ、ロフトのわりには球の上がりがいまいちというか、上がりすぎないかなり男前な部分もあります。受け入れ間口が広いモデルなんて宣言しておきながらなんですが、そういう意味ではヒッタータイプがよりこの性格を活かせるのかもしれませんね。あとは、とにかく曲がらない!! ボクレベルでも曲がりませんから!! 1発の飛距離を狙うよりも、安定して飛ばせるドライバーだと思うし、なにより曲がらないのはいいですね! スコアに直結しそうな1本でした。

<ロマロ「RAY タイプR」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:8▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=6-4チタン、フェース=SP-700チタン、クラウン=15-3-3-3チタン、ウエート:ステンレス(1g)、アルミニウム(3g)、タングステン(5g)
■シャフト(重量/トルク/調子):RJ-TE(S=59g/3.9、SR=58g/4.1、R=57g/4.2/中調子)
■価格:1本10万1000円+税