どーもです。

先週から紹介してきたタイトリストのニューモデル「718」シリーズのアイアンですが、いよいよ今日紹介する「718MB」アイアンがオオトリです。もはや説明不要でしょうが、タイトリスト伝統のマッスルバックアイアンですね。先代「716MB」との差は、ボクレベルではぶっちゃけわかりませんが、このアイアンが意外にも打ちやすいということだけは実感できました。そんなわけで、早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

先代同様プレーンバックのイメージですが、先代に比較するとバックラインがストレートになっていました。

フェースですが、先代同様小振りですね!! 718MBは先代に比較すると、ネック側の縦幅がやや広めに変更されていたように感じました。

ソール幅はシリーズで最も狭いですね!! まあ、当然といえば当然ですけど!

ネックはドストレート! 先代に比較するとややボディがスリムになっていたような気もしましたが・・・

構えてみるとこんな感じ。当たり前ですが、かなりコンパクト!! 先代に比較してもややコンパクトに感じましたがイメージですかね!? 

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR120」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角35度、ライ角63度、長さ37インチ、総重量433g、バランスD2。シャフトスペックは、が重量114g、トルクは1.7、手元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持った感じですが、当然ですが重量級です。グリップはほどよい太さでしたね。素振りしてみると、イメージ的にはかなりシャープに振れる印象でした。

実際に打ってみると、さすが、マッスルバックですわ~!! いろんな意味でシビアです。特に打点のシビアさと意図しないスイングのミスにもキッチリ反応しちゃうというシビアさですね。もちろんこれはボクレベルの話で、それなりの技術を持った人が使えば球筋を自由に扱えるモデルだし、ある意味ミスがミスとして分かるので上級者が好きそうなモデルだと思います。ボクが冒頭書いた「意外にも打ちやすいモデル」の意味ですが、そんなマッスルバックでもしっかり球を上げてくれることですね。今のマッスルバック全体の傾向としても低重心化が進んでいるので、球が上がりやすくなっているとは思います。昨日も書きましたが、先代時に比較すると約2m/sほどHSが落ちていますが、それでも先代の打ち出し角19.0度(3球平均)に対してニューモデルは22.3度と上がっています。打ち方の変化もあるかもしれませんが、HSが落ちても球がしっかり上がるのは、うれしいですね!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS37.2m/s、初速46.3m/s、打ち出し角22.3度、バックスピン量5405.3rpm、サイドスピン-383.9rpm、飛距離150.8y
【ベスト】
HS36.6m/s、初速46.8m/s、打ち出し角21.7度、バックスピン量5525.0rpm、サイドスピン-78.9pm、飛距離152.2y

打感は前述通りですが、かなりマイルド系です。この変はしっかり伝統を受け継いでいると思います。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的にはガッツリ高弾道!! 前述通り2年前の先代試打時に比較して、HSが落ちているのに打ち出し角は上がっています。しかもスピン量はほぼ同じですから、これはより低重心化したと言えるでしょうね!!

出球傾向ですが、これはスイング通り。もちろんボクレベルでは、意図しないスイングのミスも出球のミスにつながりますが、弾道を操りたい上級者にとっては意のままの弾道を得られるパートナーになってくれるでしょう。

振り感ですが、このMBもかなりシャープに振れるイメージです。ダイナミックゴールドではありませんが、むしろ手元のしなり感が少ないモーダスのほうがこのヘッドではシャープに振りやすいのかもしれません。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS45m/sは欲しい感じ。これまたタイトリストMBシリーズの伝統的を継承しつつ、球の上がりという点で現代風な味付けを施したモデルのように感じました。もちろん、マッスルバックという形状なので、誰でも使えるモデルではないとは思います。とはいえHDCP12~13くらいのレベルでも十分使えそうな雰囲気も感じましたが、このアイアンの良さを満喫できるのは片手ハンデ以下でしょうね。タイトリストの伝統をしっかり継承しているモデルだと思います。

<タイトリスト「718MB」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:10▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:7
■ヘッド:軟鉄
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「AMT TOUR WHITE」(S200=108~129g/1.4~1.8/手元調子)、「NSPRO MODUS3 TOUR120」(S=114g/1.7/中元調子)。
■価格:「AMT TOUR WHITE」6本(#5~P)セット13万2000円+税、単品(#3、#4)1本2万2000円+税。「NSPRO MODUS3 TOUR120」6本セット13万8000円+税、単品1本2万3000円+税。
■備考:左用あり(#5~P)