どーもです。

週末を挟んでしまいましたが、連日紹介してきたタイトリストのニューモデル「718」シリーズのアイアンの紹介はあと2モデルです。今日は「718CB」アイアンを紹介しましょう。714シリーズから716シリーズに移行したときもそうですが、ボクレベルではレンジ試打程度では先代「716CB」との差がいまいち実感できませんでしたが・・・。まあ、それでもボクなりのレポをお届けしたいと思いますので、ぜひ読んでやってください。

では、早速いってみましょう。

まずは見た目から。

デザイン的にも形状的にも、先代とほぼ一緒に感じましたが・・・。ネック側のキャビティ部分の処理は変わっていましたが、それ以外はいまひとつ分からなかったかもです。

フェース的には718AP2とほぼ同じような大きさですが、このCBのほうが、トゥが立ってないイメージでより長方形な感じでした。

ソール幅は狭めで、718AP2同様だと思います。打ち込んでの抜けの良さを意識してでしょうね。

ネックはほぼストレート。AP2同様バンスが設定されていましたが、AP2よりはやや少なめなイメージだったかな。

構えてみるとこんな感じ。これはもう伝統の見た目でしょうね!  フトコロがやや深めに感じるので、この大きさでも安心感があるような形状だと思います。

今回試打したのは、スチールシャフト「AMT TOUR WHITE」S200フレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角34度、ライ角63度、長さ37インチ、総重量432g、バランスD2。シャフトスペックは、ウエートフローですが重量は108~129g、トルクは1.4~1.7、手元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持った感じですが、まずまずの重量級ですね。グリップはほどよい太さでした。AP2と同じシャフトでしたが、なぜかこのCBでは手元の太さも感じませんでした。AP2同様顔がかなり小振りなので、素振りしてみてもシャープに振れる印象ですね。

実際に打ってみると、ん~、正直718AP2との差がいまいちハッキリはわかりませんでした。まあ、確実に違うのは打感と打音ですね。CBのほうがよりマイルドで、音も落ち着いた中音系でパシャッというシャッター音系でしたね。それよりも先代試打時のデータと比較すると、ほぼ同じ重量なのにHSが約2m/s落ちているほうがショックだったりして…。もちろん例の病気の影響もあるかもしれませんが、2年という月日での劣化も受け入れないといけない年になっているのかな…なんて、こんなところで実感してしまうのがつらいですわ~(笑)
先代と比較しても球の上がり方、操作性もほぼ一緒だと思いますが、重箱の隅をつつくような差ですが、きも~ちミスヒットの寛容性が高くなっているようにも感じました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS37.4m/s、初速47.7m/s、打ち出し角20.5度、バックスピン量5567.3rpm、サイドスピン-775.3rpm、飛距離155.4y
【ベスト】
HS37.6m/s、初速48.0m/s、打ち出し角19.9度、バックスピン量5604.4rpm、サイドスピン-888.0pm、飛距離156.3y

打感は前述通りなので、ここでは割愛しましょう!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的にはしっかり高弾道!! AP2とほぼ同じような上がり方ですね。スピン量もほぼ同等だと思いますが、スカイトラックで確認する限りはCBのほうがやや多めでした。でもこれは、想定の範囲内でしょうね。

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いドロー系。AP2は先代に比較するとやや直進性が高くなっていたように感じましたが、CBはほぼマニュアル系といっていい感じかな。でも、スイングのミスやミスヒットの寛容性もある程度意識したモデルになっていると思います。

振り感ですが、かなりシャープに振れるイメージですね。個人的には切り返しのタメ感というかしなり感も好きなタイミングなので、そう思っているだけかもしれけど…w

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS45m/sは欲しいかな。タイトリストのCBシリーズの伝統的な顔つきやフィーリング、性格を引き継ぎつつ、現代風にちょっとだけ味付けを変えたようなイメージでした。現代風な味付けは、具体的にいえばミスヒットの寛容性ですね。ボク的にはAP2とほぼ同等なアイアンだと思いますが、今回同時に試打してみてAP2はより直進性を意識したモデル、CBはこれまで通り操作性を意識してモデル、というのが差のように感じました。

<タイトリスト「718CB」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:9▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9
■ヘッド:軟鉄+タングステン・ニッケルウエート
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「AMT TOUR WHITE」(S200=108~129g/1.4~1.8/手元調子)、「NSPRO MODUS3 TOUR120」(S=114g/1.7/中元調子)、「NSPRO950GH」(S=98g/1.9/中調子)。
■価格:「AMT TOUR WHITE」「NSPRO950GH」6本(#5~P)セット13万2000円+税、単品(#3、#4)1本2万2000円+税。「NSPRO MODUS3 TOUR120」6本セット13万8000円+税、単品1本2万3000円+税。
■備考:左用あり(#5~P)