どーもです。

話題のニューモデル「XXIO X」シリーズを試打できました。今日紹介するのは「XXIO X Miyazakiモデル」ドライバーです。先代でも「Miyazaki」モデルはが設定されていましたよね。今回も明らかにMiyazakiモデルのほうがより叩けるモデルでしたね!! というわけで、早速紹介してみましょう。

まずは見た目から!!

先代同様Miyazakiモデルは精かんなブラックですね!! デザイン的にはレギュラーモデルと一緒です。

ヘッド自体はカラーリングが違うだけで、同じモデルです。その辺は試打ラウンドで確認したので間違い無いはずです!!

ボディはシャローですね。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積が大きめな丸型クラウンですが、フェース角はレギュラーモデルと違ってストレートなんじゃないかな。

今回試打したのはオリジナルカーボンシャフト「Miyazaki Waena」Sフレックス装着モデルです。スペックは、ロフト角9.5度、ライ角59度、長さ45.5インチ、総重量294g、バランスD3。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量53g、トルク5.2、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的には若干軽めだったかな。グリップもやや細めでした。シャフトを手でしならせてみると中間が一番しなる感じでした。。素振りしてみると、MP1000を打った後だったからか、気持ちしっかり感があったようにも感じましたね。

実際に打ってみると、まあ、レギュラーモデルよりは確実に叩けるモデルですね。シャフトがしっかりしているので叩けると思いますが、確実に違うのはスピン量!!  スカイトラックデータでもMiyazakiモデルは500~600rpm少ない結果でした。その分飛んでいるイメージだったし、実際に飛んでいました。病気から復帰して2年少々ですが、スカイトラックで270yオーバーを記録したのは、このXXIO X Miyazakiモデルが初めてですね。過去データは調べていませんが、おそらく歴代1、2位を争う飛びだと思います。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS46.4m/s、初速67.7m/s、打ち出し角17.0度、バックスピン量2320.5rpm、サイドスピン-232.3rpm、飛距離270.2y
【ベスト】
HS46.8m/s、初速68.7m/s、打ち出し角16.6度、バックスピン量2333.5rpm、サイドスピン-473.0rpm、飛距離273.4y

打感は弾き系ですね。レギュラーモデルと同じヘッドですから、同じ感覚になるのも当然でしょうね。球離れも速めなイメージで、音も高めでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道。打ち出しから高弾道でスピン量少なめな弾丸ライナー系でした。

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。レギュラーモデルに比べると、つかまりはやや抑えられた感じですね。この辺はストレートフェースの影響も大きいと思いますが、シャフトとのマッチングもあると思います。

振り感ですが、結構シャープに振れるイメージですね。シャフト挙動的にはかなりニュートラル。MP1000に比較するとよりニュートラルな挙動で、切り返しでのタメ感はほとんど感じず、ニュートラルにしなる感じでしたね。また、先端の硬さがMiyazakiモデルのほうが硬めに感じました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/sあたりのおすすめかな。レギュラーモデルに比較すると、確実に叩けるイメージでした。ボクレベルのヒッターならMiyazakiモデルのほうが合うし、気持ち的にも手を出しやすいです(笑) 同じHSなら、振り切れるのであれば重い方が距離も出るということも改めて実感できました。これ、アリですわ~!!!!

<ダンロップスポーツ「XXIO X Miyazakiモデル」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:6▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ&クラウン=8-2チタン+SUSウエート、フェース=チタン(SUPER-TIX PLUS for XXIO)
■シャフト(重量/トルク/調子):「Miyazaki Waena」(S=53g/5.2、SR=50g/5.3、R=48g/5.4/中調子)
■価格:1本8万円+税。