どーもです。

話題のニューモデル「XXIO X」シリーズですが、今日紹介するのは「XXIO X」FWレギュラーモデルです。このFWも芯食いがコンセプトですが、まさにそのとおりでしたわ~!! ボクのスイングでも、がっちり芯食いショットを連発でした。というわけで、早速紹介しましょう!!

まずは見た目から!!

ドライバー同様六角形ウエートがソール後部に鎮座していますね! オレンジの差し色もいい感じ!!

フェースも先代同様シャローですね。

ボディは先代よりもシャローになったようなイメージでした。先代はフェース下部に丸みがあるような形状でしたが、「XXIO X」はフラットになっている感じでした。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。先代同様いい顔してますな~! 形状的な変更は特に無いように感じました。

今回試打したのはオリジナルカーボンシャフト「MP1000」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58度、長さ43.25インチ、総重量284g、バランスD4。ヘッド体積186cm3。シャフトスペックは、重量45g、トルク6.0、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはかなり軽めで、グリップもかなり細め。シャフトを手でしならせていると中間から先あたりが一番しなるイメージで、素振りしてみるとドライバーほどではないけど切り返しでタメを作ってくれそうなイメージはありましたね。

実際に打ってみると、やばいよ、コレ!!!! ちょっとしたドライバーなみの飛距離にマジでビックリでしたわ~! FWでこの飛距離をマークしたのもXXIO Xが初めて。これも「芯食い」効果でしょうね。芯を食うということがどれだけ大切かを体感させてくれると同時に、いかに普段芯を食ってないのかを思い知らされましたわ。とにかく、このぶっ飛び飛距離には驚愕以外のナニモノでもないとしかいいようがありません。とにかくこの飛距離を1度は体験して欲しいかも!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS44.9m/s、初速64.8m/s、打ち出し角16.7度、バックスピン量3481.3rpm、サイドスピン-501.2rpm、飛距離243.4y
【ベスト】
HS44.5m/s、初速64.4m/s、打ち出し角16.8度、バックスピン量2867.2rpm、サイドスピン-797.9rpm、飛距離247.1y

打感はソリッド系。弾き感とボールのつぶれ感が良い感じにブレンドした感じでしたね。音はやや高めでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道。若干プッシュアウト気味でスピン量も4000rpmオーバーですが、それでも240yオーバー!! ちょっとしたドライバーなみに飛んでますわ~!!

出球傾向は、これもややフックフェースの影響でかなりつかまりがいいですね。ドライバー同様最初は完全に引っ掛け系を連発しましたが、ヘッドを右前に放り出すイメージで打つといい感じのドロー系でした。まあそのせいか、プッシュアウトもありましたけど・・・

振り感ですが、ドライバーほど切り返しの手元のタメ感は感じませんでしたが、それでもしっかりタメを作ってくれて、ダウンからインパクトにかけてしなり戻りが速いイメージでした。自分で叩くよりはクラブにガッツリ仕事をしてもらったほうが飛びそうかも。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにおすすめですね。ボディターンの払い打ち系スイングで、持ち球的にはフェードヒッターもしくスライサー向けだと思います。自分で叩くよりはクラブに仕事をさせたほうが結果もよさそうです。なにはともあれ、ぶっ飛び~!! この飛距離は魅力的ですね。さすがにレギュラーモデルは、ボクにとってはアンダースペックなのは間違いありませんが、この調子ならMiyazakiモデルにはかなり期待できそうな気配が・・・!!

<ダンロップスポーツ「XXIO X」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ&ソール=マレージング、フェース=HT1770M
■ロフトバリエーション:3W=15度、4W=16.5度、5W=18度、#7=20度、#9=23度
■シャフト(重量/トルク/調子):「MP1000」(S=45g/6.0、SR=43g/6.1、R=40g/6.2、R2=39g/6.3/中調子)
■価格:1本5万3000円+税。