どーもです。

話題のニューモデル「XXIO X」シリーズですが、今日紹介するのは「XXIO X」FW Miyazakiモデルです。昨日紹介したレギュラーモデルは、ボクにとってアンダースペック気味にもかかわらずぶっ飛びでしたからね。このMiyazakiモデルは、さらにぶっ飛びの期待も・・・!! 興奮を抑えつつ、早速紹介しましょう!!

まずは見た目ですが、基本的にカラーリングが違うだけですから・・・

ドライバー同様六角形ウエートがソール後部に鎮座しています。もちろん、フェース下部の差し色もグレーです。

フェースはシャローです。

ボディもシャローです。かつソールがフラットですね。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンがブラックな分、締まった印象を受けますね。

今回試打したのはオリジナルカーボンシャフト「Miyazaki Waena」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58度、長さ43インチ、総重量304g、バランスD2。ヘッド体積186cm3。シャフトスペックは、重量49g、トルク5.1、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはやや軽めで、グリップもやや細めでした。シャフトを手でしならせてみると中間が一番しなるイメージで、素振りしてみると結構シャープに振れるイメージでした。

実際に打ってみると、期待通りの飛距離でした。まじ、ぶっ飛び~!!!! いきなり250yオーバーって、何よ!! もはやドライバー不要じゃん! ボクレベルなら十分叩けるスペックだし、ハッキリ言って今自分の使っているクラブセッティングを真剣に見直したほうがいいんじゃないかって思っちゃうほどの結果でした。これは真剣に考えたほうがいいかも・・・。マジで打てば打つほどに悩みが募る、ヤバイクラブでしたわ~w なんでこんなにHSが上がるのかな!? いつもと同じスイングだと思うんだけど、なぜかHSが上がっていました。単に軽量というだけでは無い何かがあるような気がしました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS45.3m/s、初速65.5m/s、打ち出し角17.2度、バックスピン量3087.6rpm、サイドスピン-161.9rpm、飛距離254.0y
【ベスト】
HS45.1m/s、初速65.2m/s、打ち出し角16.8度、バックスピン量2728.0rpm、サイドスピン-234.4rpm、飛距離256.0y

打感はソリッド系。レギュラーモデル同様弾き感とボールのつぶれ感が良い感じにブレンドした感じでしたね。音はやや高めでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道。2段ブースターのように途中からグ~ンと伸びて前に行くような弾道が印象的でした。シャフトとのマッチングかスピン量も少なめですね!!

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。普通に叩いてもこの程度の曲がりなら、ボクレベルなら左を気にせずに叩けるモデルともいえると思います。

振り感ですが、これはかなりシャープに振れるイメージですね。シャフト挙動は結構ニュートラルで、素直にしなるイメージでした。FWではより先端のしっかり感がありましたね!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~45m/sあたりにおすすめ。期待通りの飛距離で、ボクレベルのヒッタータイプなら十分左を気にせずに叩けるモデルだと思います。いずれにせよ、とにかくぶっ飛び!! さすが、18年間トップを走り続けるブランドですな。FWでこれだけ飛ぶと、ぶっちゃけ普通にドライバー要らないって感じですよね!! まあ、それはそれで、今のセッティングに疑問を抱く結果になりますが・・・

<ダンロップスポーツ「XXIO X Miyazakiモデル」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ&ソール=マレージング、フェース=HT1770M
■ロフトバリエーション:3W=15度、4W=16.5度、5W=18度、#7=20度、#9=23度
■シャフト(重量/トルク/調子):「Miyazaki Waena」(S=49g/5.1、SR=46g/5.2、R=44g/5.3/中調子)
■価格:1本5万3000円+税。