どーもです。

話題のニューモデル「XXIO X」シリーズですが、今日は「XXIO X」UTのMiyazakiモデルを紹介しましょう。このMiyazakiモデルはレギュラーモデルよりも左を気にせず叩けるモデルですね。ホントに20度でこれだけ飛んだら、「今までのゴルフは何だったんだ!!」って思っちゃうよね。そんな感じですが、早速紹介しましょう!!

まずは見た目から!!

デザインは昨日紹介したレギュラーモデルで同じですが、カラーリングが変わっただけですね!!

フェースはシャローですが、先代に比較するとややディープになっています。

横顔はこんな感じで、

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。レギュラーモデル同様、形状的にはトゥ側のボリュームがある感じでした。

今回試打したのはオリジナルカーボンシャフト「Miyazaki Waena」Sフレックス装着モデルの4H。スペックは、ロフト角20度、ライ角60度、長さ40インチ、総重量335g、バランスD1。ヘッド体積122cm3。シャフトスペックは、重量58g、トルク3.5、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはやや軽めで、グリップも気持ち細めだったかな。シャフトを手でしならせてみると、中間が1番しなるイメージでした。素振りしてみると、ヘッド重量をそれほど感じなので、切り返しが速めでも思った以上にシャープに振り切れるイメージでした。

実際に打ってみると、レギュラーモデルよりも安心感をもって叩けるモデルでしたね。その分飛距離も安定していたように感じましたが、叩ける分やはりボクレベルだと左右にバラける傾向が強かったのは否めませんでした。まあ、これはボクのスイングの問題なんですけどね!! それにしても、ホントにXXIO Xはスゴイっすね。Miyazakiモデルも、このシャフトとマッチングじゃないとおそらくこの結果は得られない組み合わせだと思います。そういう意味では、ボク的には歴代モデルの中でも最強の組み合わせかな・・・なんて思ったりして!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.8m/s、初速62.1m/s、打ち出し角17.2度、バックスピン量4028.2rpm、サイドスピン-519.5rpm、飛距離222.9y
【ベスト】
HS43.4m/s、初速62.8m/s、打ち出し角16.1度、バックスピン量3908.5rpm、サイドスピン-850.6rpm、飛距離225.8y

打感は弾き系。球離れが速めなイメージで、音も結構高めでした。このフィーリングはレギュラーモデルと同じような感じだったかな。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道。打ち出しから高弾道ですね。バックスピン量はレギュラーモデルよりも少なめですが、これは後述するシャフトの影響ではないかと感じました。

出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレートから軽いドロー系。叩きに行くとその分左右のブレが増えますが、それでも出球的にはほぼストレートですね。

振り感はかなりシャープに振り切れるイメージです。切り返しでヘッド重量をそれほど感じないので、切り返しが速めの方でも十分使えそうな雰囲気ですね。シャフト挙動で感じたのは、素直に中間がしなるイメージでしたが、ヘッドバランスが軽くなっている分、先端のしっかり感が気持ち強調されていたように感じましたね。弾道のところで書いたスピン量の少なさは、この先端のしっかり感に起因しているのかなと思った次第でした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~45m/sあたりにおすすめかな。レギュラーモデルよりはしっかり叩けるモデルだと思います。そういう意味ではよりヒッター向けに感じましたし、実際にボクレベルなら左を気にせず叩けるモデルでした。バランスが軽めなモデルなので、切り返しが速めなタイプでも振り遅れることなく打てるモデルに感じました。

<ダンロップスポーツ「XXIO X Miyazakiモデル」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ&ソール=マレージング、フェース=HT1770M
■ロフトバリエーション:3H=18度、4H=20度、5H=23度、6H=26度
■シャフト(重量/トルク/調子):「Miyazaki Waena」(S=58g/3.5、SR=56g/3.6、R=54g/3.7/中調子)
■価格:1本3万8000円+税。