どーもです。

年末恒例企画「データで見る」シリーズですが、いよいよ今日お届けする「アイアン」&「ウエッジ」編がオオトリになります。今年もいろんなモデルが発売されましたが、結局最後に登場した「XXIO X」シリーズの実力にそれまでの印象が吹き飛ばれたような感じになってしまいました。もちろん、印象的なモデルもありますので、早速いってみましょう。

数年前まで#5を試打してきましたが、ここ何年かはすっかり#7での試打が定着しています。そんな#7もロフトをみれば24度から35度と同じ番手でもその差なんと

11度 !!!!!

もはや同じ#7と呼ぶのもおこがましいですが・・・。それも、これも、僕らアマチュアゴルファーが、例えばショートホールで「今何番打ったの?」「ん?7番だよ」な~んて会話が成立するからだと思うんですけどね。こんな会話を耳にすると口には出しませんが、「7番でもロフト違うのに・・・」な~んて思いますけどねw

そんなわけで、2017年ボクが打ったアイアンの全データです。

こちらも毎年恒例の個人的印象ランキングです!!

【とにかく飛んだ!】
マルマン「SHUTTLE NX-1」 192.5y(27度)
ダンロップスポーツ「XXIO X」 187.7y(29度)
ブリヂストンゴルフ「ツアーB JGR HF1」 186.9y(24度)

【とにかく印象的だった!】
エポン「AF-503」  ※初エポンに感動!!
キャロウェイ「Xフォージド(2017)」  ※やっぱりこれは外せない(笑)!
タイトリスト「718AP3」  ※初代「AP1」が発売された時ほどではありませんが、インパクトあったな~!

【とにかく打ちやすい!】
PRGR「エッグアイアンPC」  ※文句なしの打ちやすさ!!
タイトリスト「718T-MB」  ※マッスルバックの革命児!
キャロウェイ「スチールヘッドXRプロ」 ※打ちやすさと飛距離のバランスがGOOD!

最後は「ウエッジ」編ですね。

今年には何年か振りにウエッジを新調しました。試打して一目惚れしたRAZZLE ZDAZZLE「CS-305W」ですね! なかなかウエッジの試打はレンジでは難しいのですが、今年打ったモデルの全データです。

そしてウエッジの個人的ランキングで今年をシメたいとい思います。

【とにかく印象に残った】
RAZZLE DAZZLE「CS-305W」 ※買っちゃったくらいですからね!!
フォーティーン「H030」 ※これぞオートマチック系ウエッジ!
クリーブランド「RTX Fフォージド」 ※これも悩ましいウエッジでしたね