どーもです。

ホンマのニューモデル「Be ZEAL535」シリーズを試打出来ましたので、レポしたいと思います。旧作はイ・ボミがイメージキャラクターを務め、「もう100なんて、打たないで!」のキャッチコーピーが新鮮でしたね。そんな「Be ZEAL」ですが、いよいよ2代目が登場。しかもこれがまたぶっ飛びモデルになっていました。昨年末に紹介した「XXIO X」シリーズを思わせる飛びです。クラブの影響も大きいと思いますが、ボク自身もHS的には回復してきたのかな!? まあ、そんなわけで、まずはドライバーから紹介したいと思います。

まずは見た目から。

先代とは全くの別モノに生まれ変わっていました。これは、コンセプト自体が、もしくは方法論が見直されたのかもしれません。ウエートはネック側後方のみの配置で、ニューモデルはソールのフェース後部にミゾが刻まれていました。このミゾですが、フェース中央部は幅が狭く、トゥ・ヒール方向に向かって広くなっています。おそらく、中央を狭くしているのは剛性の確保で、トゥ・ヒールが広くなっているのはミスヒットの寛容性を高めているのか、より広い反発リアを確保するためだと思われます。

フェースは先代同様の大きさで、シャローでもディープでもなく、ちょうど良い感じですね。先代に比較するとやや丸みを感じさせる形状になっていたような印象も受けました。

ボディはややシャロー気味ですかね・・・!? 先代と明らかな違いはミゾで、その存在が視認できます。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は大きめで丸型なのは先代同様だと思います。クラウンのマークが若干ネック側に寄せられているのも特徴だと思います。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「VIZARD for Be ZEAL」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59.5度、長さ45.75インチ、総重量296g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量51g、トルク5.6、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、ボクには軽めですね。グリップも細めでしたが、シャフト自体が見た目的にも細めに感じました。ワッグルしてみると結構先が動くイメージで、シャフトを手でしならせていると中間から先端部にかけてが最もしなっていました。素振りしてみると、バランス以上にヘッド重量を感じましたが、その分先端部の動きも大きめなイメージもあったかな。

実際に打ってみると、まず感じたのは初速の速さでしたね。イメージ的に弾き系の打感でそれほど球離れが速いイメージは無かったのですが、何球か打つうちに「なんか、初速速くねぇか!?」って感じました。素振りの感覚からするともっと高弾道イメージでしたが、これはボクのスイングとの相性なのかもしれませんが、やや高めの中弾道イメージでいわゆる弾丸ライナー系の弾道です。思わず「おっ!?」ってなりましたね! バランス数値以上にヘッド重量を感じるので、その分振り遅れそうなイメージもありましたが、その辺はさすが専用開発のVIZARDですね。しなり戻りが速いイメージで、おそらく重心角も大きめのモデルだと思いますが、ヘッドがしっかり返ってきてくれるイメージでした。かなり打ちやすさを意識したモデルだと思いますが、これなら100を打たないどころか、一気に80台も夢じゃないモデルだったりして・・・w

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS46.4m/s、初速68.1m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量3039.7rpm、サイドスピン-116.9rpm、飛距離266.4y
【ベスト】
HS46.9m/s、初速68.7m/s、打ち出し角15.3度、バックスピン量3209.0rpm、サイドスピン-183.6rpm、飛距離266.9y

打感は弾き系。前述通り球離れはそれほど速く感じませんでしたが、いわゆる一般的な弾き系に感じました。音がやや高めだったのも、弾き系に感じた要因かもしれませんね。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高めの中弾道かな。スペック的なものからの想像したよりも結構男前な弾丸ライナー系の弾道でした。データ取りの時に3球ともややプッシュアウト系だったので、ちょっとつかまえるイメージで打ってみるとしっかりドロー系の弾道を打てました。

出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレートですね。結構つかまりは良いモデルだと思いますが、ボクのタイミングだとタメ具合でドロー系はもちろん、逆球も出ますが、まあ、それはボクのスイングの問題ですかたらね・・・(汗)

振り感ですが、これは結構ヘッドが走るようなイメージですね。ボクの感覚では、切り返しでヘッド重量を感じますが、ダウンからインパクにかけて先端部が走るイメージでした。タメて叩くいわゆるヒッタータイプには若干タイミングの取りづらさはあるかもしれませんが、素直に振れるボディターンタイプには合いそうな雰囲気でした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにおすすめかな。感覚的にはボディターンタイプで、持ち球はフェード系やスライサーにおすすめですね。ボディターンタイプがクラブに仕事をさせることで、いわゆるつかまりの良さだったり、球の上がりやすさを感じられるモデルだと思います。初代との進化ポイントは、「初速アップ」ですかね。初代試打時はちょうど病み上がり時期だったと記憶していますが、その分を差し引いても初速は速くなっているように感じました。「もう100なんて、打たないで!」から安定して80台を出したいという人でも使えそうなイメージですね!! さらに言えば、メーカー希望小売価格ベースで先代よりも1万円安くなっているも「進化」かも(笑)

<本間ゴルフ「Be ZEAL535」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「VIZARD for Be ZEAL」(S=51g/5.6、SR=49.5g/5.7、R=48g/5.8/先中調子)
■価格:1本7万円+税