どーもです。

ホンマのニューモデル「Be ZEAL535」シリーズですが、今日紹介するのはFWです。このFWもぶっ飛び~!! ボク自身「んっ!? もしかして完全復活?」と思わせるほどの飛距離だったりしますが、むしろスカイトラック導入以降FWでここまでの飛距離を記録したのは昨年末に紹介した「XXIO X」以外無かったような・・・。まあ、そんなぶっ飛びモデルですが、早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

ドライバー同様ソールのフェース後部に刻まれたミゾがミソだと思います。形状的には、先代に比較するとやや後部に長めでより深重心化しているようにも感じました。

フェースはシャローですが、先代に比較すると気持ちディープになったような印象もありました。

ボディはシャローですね。やはり、ドライバー同様ソールのミゾが確認できると思います。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。イメージ的には先代同様で、安心感のある形状だと思います。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「VIZARD for Be ZEAL」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角59度、長さ43インチ、総重量311g、バランスD1。ヘッド体積192cm3。シャフトスペックは、重量51g、トルク5.3、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはボクには軽めで、やはりグリップも細めでした。ドライバーで感じたシャフト自体の見た目の細さですが、やはりこのFWでも気持ち細めに感じました。ワッグルしてみるとドライバーほど先が動くイメージはありませんでした。シャフトを手でしならせていると、最もしなるポイントは中間から先端部にかけてで、この辺はドライバーと一緒ですね。素振りしてみるとドライバーほどヘッド重量を感じないイメージで、これならボクレベルのヒッターなら安心して振れそうな雰囲気もありました。

実際に打ってみると、ドライバー同様初速の速さはやはり感じましたね。単に弾いているという感覚ではなく、なんかたわんで弾き返すというか、ぜひこの感覚は1度試して欲しい感覚ですね。その上でしっかり球も上がりますし、良い感じのつかまりで、ボクのスイングでも弾道がそろうのはGOODです! 年末に紹介した「XXIO X Miyazakiモデル」にかなり近い結果ですが、FWでこれだけ飛ぶなら、マジでドライバー不要ですよね・・・w 病気から2年経過し、「振れなくなったな~」なんて感じていましたが、今まで使っていたクラブよりも気持ち軽めのクラブにすればまだまだ飛距離的には行けるんじゃないかって思わせてくれるモデルでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS45.4m/s、初速65.6m/s、打ち出し角16.2度、バックスピン量3628.6rpm、サイドスピン-190.5rpm、飛距離246.9y
【ベスト】
HS46.5m/s、初速67.0m/s、打ち出し角16.6度、バックスピン量3676.9rpm、サイドスピン-315.9rpm、飛距離252.4y

打感は弾き系。感覚的にはドライバーと一緒ですね。音も落ち着いたいわゆる中高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道ですね。ドライバーよりも素直に球が上がるイメージですね。バックスピンはロフトに対しても良い感じだと思いますが、何よりサイドスピンが少なめなのがいいですね!!

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。ボクレベルで出球がそろうのがうれしいですね。飛距離も出て、弾道がそろうなら、「これ以上何を求めるんだ!!」という感じ!

振り感ですが、ドライバーで感じたヘッドの走り感というか気持ち先端が動くようなイメージはあまりなく、イメージ通りにヘッドがスムーズに走ってくれるイメージでした。これならボクレベルのヒッタータイプでも、安心して叩けそうなイメージですね!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにおすすめかな。おそらくターゲットはボディターンタイプのフェードヒッターおよびスライサーだと思いますが、ボクレベルのヒッターなら十分使えるモデルだと思います。そういう意味では、ドライバーよりもフトコロが深い味付けになっているのではとも感じましたね。これは、ご機嫌な1本ですわ~! 単品で仕込んでもいいかも!!!!

<本間ゴルフ「Be ZEAL535」FW >
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=SUS630、フェース=高強度カスタムスチール
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「VIZARD for Be ZEAL」(S=51g/5.3、SR=49.5g/5.4、R=48g/5.5/先中調子)※3W装着モデル
■価格:各1本3万5000円+税