どーもです。

マルマンのニューモデル「マジェスティロイヤルSP」シリーズですが、今日紹介するアイアンがオオトリになります。このアイアンもスチール、カーボンの両シャフトを試打しましたが、まあ、ロフト27度とストロングロフトですがとにかくぶっ飛びですわ~!! このロフトでこれだけ球が上がって、飛んでくれるのはアイアンの進化なんでしょうね。そんなわけで、早速紹介してみましょう。

まずは見た目から。

構造的にはいわゆるポケットキャビティタイプですが、マルマンではシン・ボックス構造と呼んでいます。トゥ・ヒールに長めで、いかにも払い打ちでも球が上がりそうな印象だと思います。

フェースはラージフェース。前述通りトゥ・ヒール方向に長めです。しかも、リーディングエッジが微妙にラウンド形状になっているので、突っかかりもイメージさせないし、どんなライでも抜けが良さそうです。

ソールはセミワイドかな。正直、もうちょっとワイドソールを想像していましたが、そういう意味では意外でした。

ネックはグースネックです。ボディ形状的には全く奇をてらうイメージはなく、まさに王道といった雰囲気でした。

構えてみるとこんな感じ。さすがに見た目でもロフトが立っているのが分かると思いますが、そのわりにはなぜか安心感もあるオーラがいいですね。

冒頭書いた通りスチール&カーボンシャフト両者を試打していますが、まずはスチールシャフトから紹介しましょう。

まずスチールシャフト「NSPRO870MJ ウエートフロー」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角27度、ライ角61.5度、長さ37.5インチ、総重量402g、バランスD2。シャフトスペックは、重量87g、トルク2.0、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはやや軽め。グリップも気持ち細めかな。シャフトを手でしならせてみると、最もしなるのは中間でした。素振りしてみると、思ったしっかり感があって振りやすさを感じました。特にダウンからインパクトにかけての素直な挙動に関しては、しなり感も感じられてかなり良い感じでした。

実際に打ってみると、ロフト角27度を考えれば「なんでこんなに球が上がるの!?」と、その飛距離性能がもうスゴイっすね! 構えた時の見た目では「#5じゃん!!」って思うのですが、実際に打ってみると「あれっ!?」となった後に「お~っ!!」となると思います。ストロングロフトモデルとはいえ、#7で190yを打てたら「飛ばし屋気分」を充分に味わえるモデルだと思います。しかも、ミスヒットの寛容性も高いし、なにより打ちやすい!! このアイアンも目から鱗がごっそおり落ちた気分でした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.6m/s、初速55.2m/s、打ち出し角17.9度、バックスピン量3948.6rpm、サイドスピン-780.9rpm、飛距離190.3y
【ベスト】
HS39.8m/s、初速55.4m/s、打ち出し角17.6度、バックスピン量3668.3rpm、サイドスピン-958.4rpm、飛距離194.0y

打感は弾き系ですね。パチンといかにも弾いているような感じで、音はサスティン短めな高音系だと思います。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこんな感じ。

弾道的には高弾道ですね。ロフト角27度を考えれば十分高弾道と言えるでしょう。スピン量も少なめで、弾丸ライナー系の弾道だと思います。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系でした。見た目的に重心距離が長めのイメージですが、その見た目よりはつかまりが良いモデルで、自然にヘッドがターンしてつかまえてくるイメージでした。

振り感ですが、思った以上にシャープに振れるイメージですね。軽量モデルなので、振れちゃうというのはありますが、そこさえ意識して普通に振れば、あとはクラブが仕事をしてくれるイメージでした。

続いては、カーボンシャフト「マジェスティLV520 for I」SRフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト、ライ角、長さは一緒で、総重量356g、バランスD1。シャフトスペックは、重量50g、トルク4.2、先調子。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはかなりの軽量級で、グリップも細め。シャフトを手でしならせてみると、かなりのしなり感で中間から先がしなりそうなイメージでした。素振りしてみると、切り返しではヘッド重量をそれほど感じませんが、ダウンからインパクトにかけてはしっかりその存在を感じられる不思議なタイプでした。

実際に打ってみると、ヘッドとシャフトのマッチングがいいのかフィーリング的にはカーボンシャフトモデルのほうがかなり良い感じでしたね。結果的には弾道もそろっていたし、個人的にはあまりヘッドが走るタイプは苦手ですが、このアイアンはなんか気持ちよく打てました。気持ちよく振れると結果も着いてくるのか、スチールシャフトモデルよりも弾道はそろうし、飛距離で的にも良い感じ!! どう考えてもアンダースペックかと思っていたマジェスティロイヤルSPですが、ここ最近の試打結果を受け入れる覚悟をするべきかもしれませんね・・・

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.9m/s、初速55.6m/s、打ち出し角18.3度、バックスピン量3865.6rpm、サイドスピン-351.6rpm、飛距離196.0y
【ベスト】
HS40.3m/s、初速56.1m/s、打ち出し角17.8度、バックスピン量4044.7rpm、サイドスピン-405.8rpm、飛距離197.8y

打感は弾き系ですね。パチンといかにも弾いているような感じで、音はサスティン短めな高音系だと思います。この辺はスチールシャフトモデルと一緒です。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこんな感じ。

弾道的には高弾道。スチールシャフトモデルよりも気持ちクラブが球を上げてくれるイメージでしたね。しかも、カーボンシャフトでもスピン量は少なめ! このマッチング、実はすごいかも!!

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系でしたね。スチールシャフトよりもヘッドが走る印象でしたが、そのわりにはサイドスピンが少なめでした。これ、ボク的には意外な結果でした!!

振り感ですが、スチールシャフトモデルに比べるとややヘッドが走るイメージでしたが、曲がりはカーボンシャフトモデルのほうが少ないんですよね。気持ちよく振り抜けるモデルのほうが、やはり結果もいいってことですかね。

今回ボクが試打した限りで、スチールシャフトモデルでHS40~43m/sあたり、カーボンシャフトタイプでHS38~40m/sあたりにおすすめ。基本性格的には、いわゆるオートマチック系アイアンですが、まあ、とにかくぶっ飛び!!!! いわゆるぶっ飛びアイアンといっていいでしょう。スイングタイプ的にはいずれも払い打ち系で、持ち球はフェードもしくはスライス系に合いそうですが、いずれもボクレベルならヒッタータイプでも受け入れてくれるフトコロの深さも特徴かもしれませんね。まあ、とにかくアイアンでも飛距離にこだわる方にはもってこいのモデルだと思います。

今回「マジェスティロイヤルSP」シリーズを紹介してきましたが、全体的に見るととにかく飛距離にこだわったシリーズだと言えると思います。ただし、ボクが打った限りでは、ドライバーの45.5インチ、46.5インチモデルはいずれもやや味付けが違うイメージでしたね。というのは、他のFW、UT、アイアンに比較してややハードな味付けだったように感じました。これはシャフトとのマッチングかもしれませんが、思った以上にしっかり感がありました。コストパフォーマンス的に気軽に手を出せるタイプではありませんが、今後のゴルフ人生で長く付き合っていこうと思えば手にできそうです。飛距離性能はもちろん、持つことの所有感も満足させてくれるモデルだと思います。

<マルマン「マジェスティ ロイヤルSP」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
スチールモデル▽飛距離:10▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
カーボンモデル▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=(#5~PW)カスタム450+タングステンウエート(AW、SW)カスタム450 フェース=(#5~#8)タフェストマレージング(#9~PW)ソフトマレージング(AW、SW)カスタム450
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO850MJウエートフロー」(S=87~95g/2.0、R=83~91g/2.2/中調子)。カーボンシャフト「マジェスティLV520 for I」(SR=50g/4.2、R=48g/4.2、R2=46g/4.3/先調子)。
■価格:スチールシャフト装着モデル5本(#7~PW)セット15万円+税、単品(#5、#6、AW、SW)各1本3万円+税。カーボンシャフト装着モデル5本セット17万5000円+税、単品各1本3万5000円+税。