どーもです。

ちょっと時間がたってしまいましたが、PINGの新製品発表会が開催されました。この日発表されたのは、すでに発表されているPING「G400」ドライバーの追加モデル「G400 MAX」ドライバーと全くニューブランドとなる「G700」アイアンです。それ以外にもパターとウエッジが発表されていましたが、メインとなるのはこの2モデルでした。どんな感じのモデルなのかを、軽くレポしたいと思います。

まずは、「G400 MAX」ドライバーですが、すでに「G400」シリーズには「G400」「G400 SFT」「G400 LST」の3タイプがラインアップされています。では今回発表された「G400 MAX」は何が違うのか。すばり、ヘッド体積ですね!! 既存の3モデルは445cm3ですが、今回追加された「G400 MAX」は460cm3と最大体積モデルになっていました。

これはどうやら2017年の賞金女王になった鈴木愛プロからに要望だったようです。「大きなドライバーが好きなので、見た目の安心感が欲しい」という要望があったようです。

そんな要望に答えるべくPINGが世に送り出すのが「G400 MAX」ですね。ソールウエートをG400の約2倍となる15gとし、上下左右の慣性モーメント(MOI)はPING史上最大となる9600越えを実現した「MAXブレずに、MAX飛ばす」モデルになっているようです。

見た目はこんな感じで

フェース

クラウンはこんな感じでした。

カットモデルも展示されていましたが、今回もサウンドリブが搭載されているようですね!

また、シャフトには「ALTA DISTANZA」という40gの46インチ仕様を新たに追加しています。

そのシャフトのSフレックスを装着したロフト9度モデルを何球か打ってみました。そのトラックマンデータがこちら!!

トラックマンデータはかなりシビアですが、HS41m/sで飛距離238yは飛んでいると思います。何より、信じられないほどの

ストレート弾道!!

ボクはまだ「G30」使用ですが、これなら変えてもいいかも・・・w いまだに「G400」と「RMX118」で悩んでいますが、また選択肢が・・・(汗)

<PING「G400 MAX」ドライバー>
◆価格:「ALTA DISTANZA」「ALTA JCB」「PING TOUR 173-65」「PING TOUR 173-75」装着モデル各1本6万3000円+税。「ATTAS CoooL」「Speeder EVOLUTIONⅣ」装着モデル各1本7万5000円+税。
◆発売予定日:2018年3月8日

続いては、全くのニューモデル「G700」アイアンですが、見た目は「クロスオーバー」だったりしますが、実は徹底的に飛びにこだわったモデルのようです。 キャッチコピーは「飛んで、飛んで、止まる」で、「使える飛び」を提唱していました。PINGがいう「使える飛び」は「しっかり飛んで、狙ったところで止まる」というのがコンセプトでした。

見た目的にはこんな感じで

フェース

トップラインはやや厚め

トゥ側にはウエートを装着していました。

構造的には中空構造で、カットモデルはこんな感じでした。

シャフトはスチールシャフトで「NS PRO Zelos 6」、カーボンシャフトで「PING FUBUKI」を新たにラインアップ。「Zelos 6」は68.5g、「PING FUBUKI」は43gという軽量モデルですね。

まずはスチールシャフトモデルの#7を試打してみましたが・・・

マジ、ぶっ飛び!!!!!!

ロフト角28度とかなりストロングですが、トラックマンでこの数値はマジビックリ!! 打ち出し角も15度ですからね。しっかり球が上がっていると思います。

念のためカーボンシャフトモデルも打ちましたが、こちらはさすがにスピン量が多めで、飛距離ロスしていました。とはいえ、トラックマンでこの結果は・・・!!

これ、ヤバイでしょう!! 「飛距離が出なくなった」とお嘆きのゴルファーは、ぜひ1度試打してみてください。

<PING「G700」アイアン>
◆価格:カーボンシャフト装着モデル1本2万4000円+税、スチールシャフト装着モデル1本2万1000円+税
◆発売予定日:2018年4月5日

試打はできていませんが、ウエッジも発表されていました。

<PING「GLIDE2.0ステルス」ウエッジ>
◆価格:カーボンシャフト装着モデル1本2万3000円+税、スチールシャフト装着モデル1本2万円+税
◆発売予定日:2018年3月8日 ※数量限定

個人的にもちょっと気になったのは「VAULT」パターだったりします。

こちらは好みに応じた3つのgヘッド重量に加え、5つのヘッド形状と3種の仕上げから選ぶことが可能になっていました。

ヘッドタイプはこんな感じですが、左から「ZB」「PIPER」「DALE ANSER」「B60」ですが、「VOSS」を忘れていました(汗)

仕上げは左から「プラチナム仕上げ」「ステルス仕上げ」「カッパー仕上げ」です。

個人的に注目したのは「ZB」ですね。

ロレーナ・オチョア選手が使って2007年賞金女王を獲得したパターですね。前作のラインアップには入っていなかったので、今回復活したのはファンにとってはうれしかもしれませんね。

<PING「VAULT2.0」パター>
◆価格:1本5万円+税
◆発売予定日:2018年3月8日

そんな感じですが、「G400 MAX」ドライバーと「G700」アイアンは試打クラブを手配中ですので、試打できしだいレポします!!