どーもです。

話題のニューモデル、テーラーメイド「M3」「M4」を試打できました。今回は「M3」「M4」とそれぞれをシリーズで紹介したいと思います。まずは「M3」シリーズですが、今回の「M3」はドライバーでヘッド体積が460cm3、440cm3の2タイプ、FW、レスキュー、アイアンの5モデルになります。まずが「M3 460」から紹介しましょう!

「ツイストフェース」搭載話題のモデルですが、うんちくについては「M3」「M4」新製品発表会でレポしていますので、そちらをご参照ください。

と言うわけで、まずは見た目から。

一目瞭然ですが先代「M1 460」と大きな違いはウエートレールが「Y字」になっていることですね。「Yトラック・システム」と命名されていました。また、フェース下部後方に「ハンマーヘッドスロット」と名付けられたミゾが配置されていて、2本の硬いリブがトゥ・ヒール方向のインパクト時のエネルギーロスを低減しているようです。

フェース形状的には先代とほぼ一緒かと思われますが、もちろん「ツイストフェース」なので別モノになっています。

そして何気に大きな変更点はボディ形状でした。「M1」はヒップがすっと下がったようなような形状でしたが、「M3」はちょうど中間当たりにヒップが来るミドルバック形状に変更されていました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は大きめの丸型クラウンですが、先代とやや違って見えたのは逃げ顔系になっていたいこと。トゥ側のロフトを寝かせているからかもしれませんが・・・

今回試打したのは、カーボンシャフト「KUROKAGE TM5」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角58度、長さ45.5インチ、総重量309.6g、バランスD2.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量55g、トルク4.1、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚です。総重量的にはやや軽めに感じましたが、そんなに軽量モデルではないんですけどね。グリップは、ボクにはちょうど良い感じの太さでした。シャフトを手でしならせてみると、結構手元にしっかり感がある感じ。最近流行の軽量で硬めのモデル、通称「カルカタ」ですね。素振りしてみると、思った以上にシャープに振れるイメージで、ダウンからインパクトにかけて中間から自然にしなる感でした。

実際に打ってみると、フィーリング的には悪くありませんが、気になったのは打感。新製品発表試打会ではそれほど気になりませんでしたが、かなり球離れが早くちょっとカンカンした硬めのイメージでしたね。とはいえ、弾道的には文句なし!! 打点がバラける傾向のあるボクでも、普段の試打に比べて曲がり幅が少ないというか、ほぼストレート弾道に見えましたね。もちろんツイストフェースでカバーできる範囲には限界があると思いますが、「多少外しても大丈夫」という安心感はボクらアマチュアゴルファーにとっては大きな安心感だと思います。今回の「M3」「M4」に搭載された「ツイストフェース」の本当の効果は「振っても大丈夫!」と思わせてくれるメンタル要素かもしれませんね。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS46.2m/s、初速67.9m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量2512.2rpm、サイドスピン-307.8rpm、飛距離267.0y
【ベスト】
HS46.4m/s、初速68.2m/s、打ち出し角17.4度、バックスピン量2493.6rpm、サイドスピン-178.4rpm、飛距離273.1y

今回「M3」は「Yトラック」搭載ということで重心位置を前後左右にコントロールできるようになっています。そこでウエートポジションをこんな感じで浅重心にして打ってみましたが、

その結果はこちらで

次は「ドロー」を意識したポジションですが

その結果はこちらで、

「フェード」を意識したポジションですが、なんと試打をし忘れたのかデータがありません…(涙)  そこまで、ボケたか…。というわけで、ありません!  申し訳ありません。

最後は最大慣性モーメントポジションで

その結果はこん感じでした。

バランス的にはやはりデフォルトポジションがよかったかな・・・

打感は弾き系。前述通りかなりカンカンした硬めなイメージで、球離れもかなり速めに感じました。この辺は好みが分かれそうですが、実際に使っているうちに慣れることもありそうですから。まずは打ってみてから判断してみてください! 音も「カン!」と高めでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には文句なしの高弾道でした。打ち出しから高く低スピン系の弾道で、ドーンと大きなプロのような弾道を味わえるモデルだと思います。

出球傾向ですが、デフォルトポジションでボクのスイングでもほぼストレート。いろいろ試してみましたが、デフォルトポジションがもっともバランスが良い感じで、ストレート弾道を打ちやすいと思います。

シャフト挙動ですが、ボクには自然なしなりに感じました。いわゆる「カルカタ」ですが、軽量モデルのわりにはしっかり感があって、ボクレベルのHSなら十分叩ける印象でした。ヘッドとのマッチングですが、「M1」よりもヘッド重量が軽いのか、ボクは違和感なく振れたので、「M1」よりも良い感じのマッチングだと思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/sあたりにおすすめかな。ボクが1番強く感じたのは「ツイストフェース」がもたらすメンタルへの影響です。「ツイストフェース」でもカバーできる範疇を越えれば曲がります。それでも「多少芯を外しても大丈夫!!」と思わせてくれることで迷い無く振り切れるのは、実はアマチュアゴルファーにとっては最大の効果なのかもしれません。もちろん、実際にハイトゥ・ローヒールに外した場合はクラブがカバーしてくれますからね。D・ジョンソンが430yあわやホールインワンなんてのもありましたが、あれこそ、まさにメンタル効果なんじゃないかと思います。プロはマン振りしていませんが、「このクラブならマン振りできるぞ」といいう効果の結果なんじゃないかと勝手に思っています(笑) そんなわけで、メンタルに訴えるモデルだとボクは位置づけました。

<テーラーメイド「M3 460」ドライバー>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=9-1-1チタン、クラウン&ソール=グラファイト・コンポジット、フェース=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「KUROKAGE TM5」(S=55g/4.1、SR=53g/4.5/中調子)。「IZ-6」(S=63g/3.2/中調子)。「Speeder EVOLUTIONⅣ」(S=67.5g/3.7/中調子)。「DIAMANA DF60」(S=65g/3.5/中調子)。「ATTAS Coool」(S=66g/3.5/先中調子)
■価格:「KUROKAGE TM5」装着モデル各1本7万2000円+税。「IZ-6」「Speeder EVOLUTIONⅣ」「DIAMANA DF60」「ATTAS Coool」装着モデル各1本8万9000円+税。
■発売予定日:2018年2月16日