どーもです。

話題のニューモデル、テーラーメイド「M3」シリーズですが、今日紹介するのは小振りな「M3 440」ドライバーです。「M3」には460と440の2タイプがラインアップされていますが、これは先代「M1」時代からですよね。先代でも440は結構シビアさを感じましたが、「M3」ではどうなのでしょうか。その辺を検証したいと思います。

まずは見た目から。

「M3 460」に対してソール形状自体の大きな違いはありませんが、当然ですがヘッドが一回り小振りになっています。また先代「M1 440」と全く別モノなのは460同様ですね。

フェースは先代「M1 440」同様460に比較するとややディープ気味でしたよね。これは「M3」でも同じ傾向でした。写真を見て気付きまたが、ハイトゥが寝てローヒールが立つ「ツイストフェース」の効果なのか光の当たりなのかはわかりませんが、影のでき方が先代写真と比較すると一目瞭然でしたね!!

ボディ形状ですが、「M3 460」よりも浅いボディになっていました。そして「M1 440」に対しては、ヒップダウン形状に対してミドルバックになっています。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。「M3 460」に対してはクラウンの投影面積がやや小さめですが、まあこれはヘッド体積自体が20cm3小さいわけですから、当然と言えば当然ですね。

今回試打したのは、カーボンシャフト「KUROKAGE TM5」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角9度、ライ角58度、長さ45.5インチ、総重量309.4g、バランスD2.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量55g、トルク4.1、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、これは昨日紹介した「M3 460」とほぼ一緒ですね。総重量的にはやや軽めで、グリップはボクにはちょうど良い感じの太さでした。シャフトを手でしならせてみると、結構手元にしっかり感がある感じでした。素振りしてみると、思った以上にシャープに振れるイメージで、ダウンからインパクトにかけて中間から自然にしなる感でした。

ところが実際に打ってみると、ロフト9度モデルは球が上がりません。こんなに変わるモノなんですね。正直「十分打てるだろう!!」なんて思っていましたが、いざ打ってみた男前の弾道に「んっ!?」と面食らってしまいました。もちろん重心距離も短くなってくる分操作性も意識したモデルだと思いますが、ツイストフェース効果をもってしてもボクにはシビアさを拭い切れないモデルでした。この辺のイメージは「M1」同様かな。球筋を操りたい上級者やアスリートマインドの持ち主におすすめですね。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS45.5m/s、初速66.1m/s、打ち出し角16.9度、バックスピン量2048.5rpm、サイドスピン-252.2rpm、飛距離261.1y
【ベスト】
HS45.9m/s、初速67.5m/s、打ち出し角15.0度、バックスピン量2010.6rpm、サイドスピン-230.8rpm、飛距離262.7y

打感は弾き系で、フィーリング的には「M3 460」同様です。カンカンとした硬めで、球離れも速めに感じました。音も高音系です。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、やや低めの中弾道。ボクのスイングでは振り切れても球が上がりきっていないというか、ボクが思っているほどしっかり球が上がるイメージでは無かったですね。スピン量少なめなのは「M3 460」同様ですが、弾道イメージは弾丸ライナー系でした。

出球傾向ですが、デフォルトポジション試打で、ボクのスイングで軽いドロー系ですが、ややスイングに対してシビアなイメージもあって、ドローもでればフェードも出るといった感じだったかな。

シャフト挙動ですが、ボクには自然なしなりに感じました。460同様軽量モデルのわりにはしっかり感があって、ボクレベルのHSなら十分叩ける印象でした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/sあたりにおすすめかな。「M3 460」よりは操作性が高くシビアな一面もありますね。そういう意味では、より球筋を操りたい上級者やアスリートマインドプレーヤー向けに感じました。打てていませんが、ロフト10度モデルなら球も上がりそうですが、このシビアさを考慮すると「M3 460」でいいかな・・・なんて感じてしまいました。

<テーラーメイド「M3 440」ドライバー>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:8▽操作性:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:7
■ヘッド:ボディ=9-1-1チタン、クラウン&ソール=グラファイト・コンポジット、フェース=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「KUROKAGE TM5」(S=55g/4.1/中調子)。「IZ-6」(S=63g/3.2/中調子)。「Speeder EVOLUTIONⅣ」(S=67.5g/3.7/中調子)。「DIAMANA DF60」(S=65g/3.5/中調子)。
■価格:「KUROKAGE TM5」装着モデル各1本7万2000円+税。「IZ-6」「Speeder EVOLUTIONⅣ」「DIAMANA DF60」装着モデル各1本8万9000円+税。
■発売予定日:2018年2月16日