どーもです。

話題のニューモデル、テーラーメイド「M3」「M4」シリーズですが、今日からは「M4」シリーズを紹介したいと思います。「M4」はドライバー、FW、レスキュー、アイアンの4モデルになります。この「M4」シリーズは可変ウエートもカチャカチャも搭載していないのでわかりやすいモデルだと思います。まずはドライバーからいってみましょう!

というわけで、まずは見た目から。

先代「M2」ドライバーとは見た目でも別モノですね。先代のソール形状的には円筒っぽいイメージでしたが、今回の「M4」はいわゆる普遍的なドライバーの形状になっていました。初代に近い感じかな。「M3」の「ハンマーヘッド」も採用されています。ウエートですが、位置は先代同様ソール後部です。見た目的には、明らかに小さくなっていますが、19gと結構重めになっています。

フェースはシャローでディープでもなく、ちょうど良い感じ。この辺は先代と同じイメージですが、形状的にはややトゥ側にボリュームがある感じに変更されていました。

ボディは全くの別モノ。先代はヒップダウン形状でしたが、「M4」はバイバックになっています。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。まず感じたのは、フェースがかなり開いているイメージでした。「ツイストフェース」の効果もあってか逃げ顔に見えますが、STDポジションでこれだけ開いて見えるのは結構な変更なんじゃないかな!?

今回試打したのは、カーボンシャフト「FUBUKI TM5」SRフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角58度、長さ45.75インチ、総重量297.5g、バランスD2.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量52g、トルク5.0、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的には軽めですね。グリップもやや細めな印象でした。シャフトを手でしならせてみると、「M3」採用の「KUROKAGE TM5」に比較すると、SRフレックスというのを差し引いても柔らかめで、結構なしなり感を感じました。素振りしてみると、「KUROKAGE TM5」ほど手元のしっかり感はありませんが、それでも手元のしっかり感は感じました。切り返しでかなりしなるイメージもありますが、ダウンからインパクトにかけてはその分ヘッドが走るようなイメージでした。

実際に打ってみると、まず感じたのは打感。「M3」で感じたカンカンした感じは軽減されていました。もしかしたらシャフトとの相性なのかもしれませんが、弾き感がある中でもしっかり球を受け止めて弾いているようなイメージでした。先代「M2」に比較するとつかまりはやや抑えられたようなイメージでしたが、なんかヘッド自体が走ってというか、結構ヘッドの動きが大きなイメージでした。もしかしたら「M4」の重心距離は「M2」に対して長くなっているけど、重心角を大きくすることでつかまりを実現しているようにも感じました。ヘッドの開閉をするよりも、シャットに打てるタイプにおすすめかもいしれませんね。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS46.1m/s、初速66.9m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量2478.7rpm、サイドスピン-244.5rpm、飛距離262.8y
【ベスト】
HS45.7m/s、初速67.2m/s、打ち出し角15.2度、バックスピン量2737.0rpm、サイドスピン-78.2rpm、飛距離263.6y

打感は弾き系。でも、「M3」ほどカンカンした感じはなく、いわゆる弾き系でした。音も「パシャ」というシャッター音イメージでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道ですね。「M3」よりも球は上がりやすいイメージでした。スピン量もしっかり確保されていたイメージですが、これはシャフトとの関係かもしれません。「M3」よりも柔らかめのシャフトを採用しているのも、その辺を考えてかもしれませんね。

出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレートから軽いドロー系。プッシュアウト傾向が強いのがボクのクセですが、ヘッドがやや遅れてくるようなイメージもあって、その分プッシュアウト傾向も強かったかなと・・・

シャフト挙動ですが、ボク的にはダウンからインパクトにかけて結構ヘッドが走るイメージだったかな。SRフレックスということもあるかもしれませんが、結構ヘッドが動くイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめかな。正直「M2」とは別モノイメージでした。「M2」イメージで振ると、「M4」はやや動きが大きなイメージでした。ボクの感覚では、フェースの開閉を抑えてよりシャットに打てる人に合いそうなテーストになっているんじゃないかな…と感じました。叩けるモデルであることには、間違いないと思います。「M3」でも書きましたが、「ツイストフェース」は「芯を外しても曲がらない」というメンタル効果が最大の特徴かもしれませんが、特にこの「M4」ではそれを感じると思います。「M3」ドライバーをより打ちやすくしたイメージですが、あくまでも「M3」に対する「M4」で、「M2」の後継モデルとして「M4」をイメージして手にすると、かなり性格は違うように感じると思います。「M2」から「M4」への移行を考えている方は、購入前の試打をおすすめします。

<テーラーメイド「M4」ドライバー>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:7▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=9-1-1チタン、クラウン=グラファイト・コンポジット、フェース=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「FUBUKI TM5」(S=54g/4.6、SR=52g/5.0、R=50g/5.2/中調子)。「IZ-6」(S=63g/3.2/中調子)。「Speeder EVOLUTIONⅣ」(S=67.5g/3.7/中調子)。
■価格:「KUROKAGE TM5」装着モデル各1本6万5000円+税。「IZ-6」「Speeder EVOLUTIONⅣ」装着モデル各1本8万2000円+税。