どーもです。

今日紹介するのはテーラーメイド新製品「M4」のFWです。松山英樹プロがテストしていたというFWですが、その実力はボクでも体感できるのでしょうか? また、ドライバーは「M2」とは全く違うモデルの印象でしたが、このFWも同様なのでしょうか? その辺を確認しつつ、その実力をレポできればと思います。早速いってみましょう!

まずは見た目から。

形状的にはドライバーほど先代との変化は無いイメージでした。先代「M2」FWはトゥ側のソール形状がかなり特別な形状の「ジオコースティック・デザイン」でしたが、「M4」FWはソール後部の赤い部分が「ジオコースティック・デザイン」になっていました。

フェースは大きさも形状も先代同様かな。デライバーで使った表現ですが、ディープでも、シャローでも無く、ちょうど良い感じですかね。

ボディですが先代に比較すると、ややコンパクトになっていたように感じました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。ヘッド体積がほほ同じなので、クラウンの投影面積もほぼ同等だと思います。ですが、やはりドライバー同様フェースがかなり開いているように見えました。STDポジションでかなりオープンなんじゃないかな。ちなみに、「M3」FWに比較するとかなり安心感のある大きさでした。

今回試打したのは、カーボンシャフト「FUBUKI TM5」Sフレックス装着モデルの3W 。スペックは、ロフト角15度、ライ角60度、長さ43.25インチ、総重量312.3g、バランスD2.5。ヘッド体積176cm3。シャフトスペックは、重量50g、トルク4.6、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはやや軽めかな。グリップも気持ち細めでした。シャフトを手でしならせてみると、Sフレックスにしてはやや柔らかめなイメージでした。素振りしてみると、思った以上にシャフトのしなり感を感じるモデルでした。

実際に打ってみると、まあ、ぶっ飛びですな!! 先代試打時に比較するとHSが上がっているので、スカイトラックのデータ的に飛距離は比較できませんが、ドライバーの飛距離に対して考えるとかなりぶっ飛びモデルだと思います。また、これはシャフトとの相性かもしれませんが、「FUBUKI TM5」はやや柔らかめでしなり感のあるシャフトだったので、個人的にはイメージ通りのドローが打ちやすかったですね。先代とは甲乙付け難いですが、シャフトのしなり感をしっかり感じられる方が好きな方には「M4」がおすすめかな。いずれにせよ、ドライバーとちょっと違った印象でした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS45.4m/s、初速65.5m/s、打ち出し角17.5度、バックスピン量3203.1rpm、サイドスピン-462.8rpm、飛距離247.5y
【ベスト】
HS45.0m/s、初速65.1m/s、打ち出し角18.6度、バックスピン量3174.7rpm、サイドスピン-503.0pm、飛距離251.2y

打感はマイルド系。先代よりもよりマイルドになったような印象で、先代で感じたソリッド感は影を潜めていたように感じました。もしかしたらシャフトとの相性かもしれませんけどね。音は違和感の無い中高音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちらですが、弾道ラインが消失・・・!! 実は点滅していまして、ちょうどタイミングが・・・。しかも、確認漏れって。ホントにすみませんです。

弾道的には文句なしの高弾道。この辺は先代とほぼ同じイメージですが、スピン量は先代よりもしっかり確保されている感じでした。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。先代は打ち出し方向にドーンとそのまま真っ直ぐ飛んでいくイメージでしたが、「M4」FWは右に打ち出してそこからイメージ通りに戻って来てくれるイメージでした。この辺は、後述するシャフトとの相性かもしれませんね。

というわけでそのシャフト挙動ですが、中間から先がしなる感じでした。ボクのスイングでは切り返しのしなり感が大きめで、ヘッドがイメージよりもやや遅れる感じはありました。でも、ダウンからインパクトにかけてクイックにしなり戻ってくれる印象で、この辺は先代と違うイメージでした。

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめですかね。前述通り先代「M2」FWと甲乙付け難いモデルですが、個人的に感じたのはシャフトの差ですかね。「M4」に採用された「FUBUKI TM5」はしなり感のあるトルクフルなシャフトに感じました。またドライバーで感じた「M2」との別モノ感ですが、ドライバーほどその差は無かったように感じました。先代に比較すると、飛びを実現しているモデルにも感じました。

<テーラーメイド「M4」FW>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=450ステンレススチール、クラウン=グラファイト・コンポジット、フェース=C300ステンレススチール
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=23度
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「FUBUKI TM5」(S=50g/4.6、SR=48g/5.0、R=46g/5.2/中調子)。「IZ-6」(S=63g/3.2/中調子)。「Speeder EVOLUTIONⅣ」(S=67.5g/3.7/中調子)。
■価格:「FUBUKI TM5」装着モデル各1本3万6000円+税。「IZ-6」「Speeder EVOLUTIONⅣ」装着モデル各1本5万5000円+税。