どーもです。

今日紹介するのはテーラーメイド新製品「M4」のレスキュー(以下RC)です。「M3」RCに比較するとヘッドの大きさもあって、安心感のあるモデルでした。「M3」RCはかなり小振りなので見た目でNGな方でも、この「M4」RCなら大丈夫なんじゃないでしょうか。ボクもこのくらいの大きさのほうがいいですね!! というわけで、このクラブの実力をレポしたいと思います。

まずは見た目から。

先代「M2」RCとほぼ同じようなヘッド形状に感じましたが、これ、実は意外でした。ドライバーもFWも結構別モノイメージでしたからね! でもやや小振りになっていたようにも感じました。実際ヘッド体積は先代より4cm3小さくなっていました。

フェースは若干シャロー気味かな。形状的には先代同様ですが、トゥ・ヒール方向に気持ちコンパクトになっていたようにも見えました。

ボディはややコンパクトですね。先代に比較すると、ソール後部の長さがややコンパクトになっていたようにも感じました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。ドライバー、FWで感じたオープンフェースですが、このRCではほぼストレートに見えました。でも、トゥ側の処理の仕方の影響か、逃げ顔系の印象でした。

今回試打したのは、カーボンシャフト「FUBUKI TM6」Sフレックス装着モデルの#4。スペックは、ロフト角22度、ライ角60.5度、長さ39.75インチ、総重量341.5g、バランスD1.5。ヘッド体積102cm3。シャフトスペックは、重量62g、トルク3.0、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはやや軽めで、グリップもやや細めでした。シャフトを手でしならせてみると、やはり結構しなるイメージですね。素振りしてみると、切り返しからインパクトにかけてヘッドが走るようなイメージでした。

実際に打ってみると、まず感じたのは打ち出し角の高さですね。思っていた打ち出し角よりも2割増しといった感じでした。先代に比較すると直進性もやや上がったイメージ。つまり、ボクの感覚では、「M2」RCよりもより打ちやすいモデルで、球が上がって、直進性が高まったモデルになったと思います。ボク的には、左を気にせずに叩けるモデルかな・・・って感じました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.6m/s、初速61.8m/s、打ち出し角17.9度、バックスピン量3584.9rpm、サイドスピン-580.1rpm、飛距離227.4y
【ベスト】
HS42.9m/s、初速62.2m/s、打ち出し角16.5度、バックスピン量3543.3rpm、サイドスピン-613.4rpm、飛距離229.0y

打感は弾き系かな。FWはなぜかマイルド系に感じましたが、このRCはドライバーに近い弾き系かなと思いました。音はやや高めだったかな。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には超高弾道です。クラブがガッツリ球を上げてくれるイメージで、打ち出しからドーンと大きな弾道を味わえると思います。

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系ですが、これくらいの曲がりならほぼストレートといってもいいと思いますねw

シャフト挙動ですが、FWの挙動と一緒ですね。短くなった分気持ちしっかり感はあるようにも感じましたが、しなり感やしなり戻り感はFWとほぼ同様のイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックはHS40~42m/sあたりにおすすめ。このRCは使い手を選ばないモデルだと思います。UT特有のつかまり過ぎを抑えた印象ですが、この球の上がり方はスイングタイプを問わないと感じました。払い打ちでもガッツリ球が上がるし、打ち込むタイプでも先代よりもややスピン量が抑えられている分叩けるイメージでした。このバランスが秀逸な1本だと思います。

<テーラーメイド「M4」レスキュー>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=450ステンレススチール、フェース=455ステンレススチール
■ロフトバリエーション:#3=19度、#4=22度、#5=25度、#6=28度
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「FUBUKI TM6」(S=62g/3.0、R=57g/3.2/中調子)。スチールシャフト「REAX90 JP」(S=103g/1.8/中調子)。
■価格:カーボンシャフト装着モデル各1本2万8000円+税。スチールシャフト装着モデル各1本2万6000円+税。