どーもです。

キャロウェイの新作「ローグ」シリーズを試打できました。こちらは新製品発表会でもレポしていますので、技術的なことはそちらをご参照いただけるとうれしいです。この「ローグ」シリーズですが、結論から言ってしまえば「GBBエピック」シリーズとは全くの別モノです。ボクも後継モデルかと思っていましたが、新ブランドでした。「ローグ スター」でドライバー、FW、UT、アイアン、「ローグ」でドライバー&アイアン、「ローグ サブゼロ」でドライバーをラインアップしていて、「ローグ」「ローグ サブゼロ」は数量限定販売となっています。今回は3モデルのドライバーを紹介してから、FW、UT、2モデルのアイアンと紹介していきます。というわけで、まずは「ローグ スター」ドライバーからいってみましょう。

まずは見た目です。

「ローグ」シリーズのブランドカラーですが、「GBBエピック」シリーズのグリーンに対してスカイブルーになっていました。「GBBエピック スター」はソール後部に「ペリメーター・ウエーティング」を搭載していましたが、「ローグ スター」は非搭載です。その代わりといっていのかは分かりませんが、ネック側にウエートを装着しているのでつかまりを意識したモデルだと思います。

フェースはシャロー気味かな・・・!? 「GBBエピック スター」に比べたら明らかにシャローですが、一般モデルに比較するとそこまでシャローには感じませんでした。

ボディは、丸みを帯びたシャロー気味なボディですね。これも「GBBエピック スター」に比較するとかなりシャローですが、一般的なモデルの中ではそれほどにも感じませんでした。

後ろ姿ですが、「ローグ スター」のほうがこんもり盛り上がっているように感じました。

構えてみるとこんな感じ。ソール下の地面が平らでは無いのかもしれませんが、その分を差し引いてもオープンフェースに見えましたね。クラウンのシェブロンマークを挟んだ両サイドの「スピードステップ」は単純な構造に変更されていました。

今回試打したのは、オリジナルシャフト「Speeder EVOLUTION for CW50」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角58度、長さ45.75インチ、総重量295.0g、バランスD2.5。ヘッド体積460cm3。シャフトペックは、重量57g、トルク5.9、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には軽め。グリップも細めでした。シャフトを手でしならせてみると、結構柔らかめですね。手でしならせた時点では中間から手元にかけてが結構しなっていたように感じました。でも、素振りしてみると逆に中間から先にかけがしなる感じでした。これ、不思議!

実際に打ってみると、まあビックリ!! 「GBBエピックスター」とは全くの別モノの感じで、トータルバランスを含めてとにかく良い感じでした。まず打ちやすい。しっかり球が上がります。初速の速さも「ローグスター」の方が速めに感じましたが、これはボクのHSが上がったからかな!? 「GBBエピックスター」はヘッドとオリジナルシャフトとのマッチングが、個人的にはいまひとつに感じていましたが、今回はかなり良い感じでした。また、結構つかまる感じでした。フッカーのボクにはちょっとつかまりすぎのイメージもありましたが、持ち球がフォード系の方にとっては安心感をもって打てるモデルだと思います。この「ローグスター」は「GBBエピックスター」とは別モノの印象で、より打ちやすいモデルになっていたと思います。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS46.6m/s、初速68.3m/s、打ち出し角15.4度、バックスピン量2643.4rpm、サイドスピン-602.2rpm、飛距離263.6y
【ベスト】
HS46.4m/s、初速68.1m/s、打ち出し角16.8度、バックスピン量2329.5rpm、サイドスピン-907.4rpm、飛距離265.8y

打感はソリッド系。弾き感の中にもマイルド感がある感じですね。「GBBエピックスター」を打った時にはちょっと特殊な感じもありましたが、あの経験があったから今回は普通に感じたのかもしれませんね。音は中高音系で「シュパッ!!」とキレの良い音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、超高弾道!! スイングで球を上げようという意識は一切必要としないので、クラブを信じて振り切ればOK!! スピン量はやはり少なめなイメージですね。前述していますが、「GBBエピックスター」よりも見た目で初速も上がっているように感じました。

出球傾向ですが、ボクのスイングでやや強めのドロー系。フッカーのボクにとってはややつかまり過ぎの傾向もありました。右前にヘッドを放り出すイメージで良い感じのドローが打てました。

シャフト挙動ですが、切り返しからのダウンでヘッドが走るイメージでしたね。個人的にはキライじゃないですが、ヘッド自体のつかまりも良さそうなので、フッカーにはちょっとつかまり過ぎる印象もありました。まあ、そういう意味では、フェードヒッターやスライサーにおすすめですね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめですね。基本性格的には、「GBBエピックスター」よりもオートマチック系で、球が上がりやすく、つかまりも良いモデルだと思います。スイングタイプ的には払い打ち系のスインガータイプで、持ち球はフェードもしくはスライスにおすすめかな。ヒッタータイプならカスタムシャフトを合わせることで、その間口は広がると思います。

「GBBエピックスター」とは別モノ。一瞬「もう後継モデルでたの!?」なんて思いましたが、全くの別モノで「ローグ」という新しいブランドだったことが確認できました。「GBBエピックスター」はちょっと手が出ませんでしたが、この「ローグ」は興味津々ですわ~!

<キャロウェイ「ローグ スター」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9.5▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ、フェース=α+βチタン クラウン=トライアクシャル・カーボン
■シャフト(重量/トルク/調子):「FUBUKI for CW40」(S=45g/5.6、SR=43g/6.1、R=41g/6.3/先中調子)。「Speeder EVOLUTION for CW50」(S=57g、SR=56g、R=53g/5.9/先中調子)。「Speeder474 EVOLUTIONⅣ」(S=50g/5.2/中調子)、「Speeder569 EVOLUTIONⅣ」(S=59g/4.6/中調子)。
■価格:「FUBUKI for CW40」「Speeder EVOLUTION for CW50」装着モデ各1本7万5000円+税。「Speeder474 EVOLUTIONⅣ」「Speeder569 EVOLUTIONⅣ」各1本9万2000円+税。