どーもです。

キャロウェイのニューモデル「ローグ」シリーズですが、今日紹介するのは「ローグ」ドライバーです。この「ローグ」ドライバーは数量限定発売モデルとなっています。「ローグ」ドライバーと「ローグ スター」ドライバーの確実な違いは、ネックのカチャカチャですね。「ローグ」はカチャカチャ搭載モデルになっていました。では、さっそくいってみましょう。

まずは見た目。

「ローグ スター」との大きな違いはネックの弾道調整システムですが、もう1ツウエートポジションです。「ローグ」はソール後部の配置で、より深重心を意識していると思われます。

フェースの大きさ的には、「ローグ スター」と同じ大きさだと思います。形状も一緒なんじゃないかな!!

ところがですよ! ボディはややファット気味で、「ローグ」のほうがよりディープになっていました!

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。オープンフェースなのは「ローグ スター」と一緒ですね。こうして構えてみるだけでは、ぶちゃけ、どっちがどっちかは見分けが着きにくいモデルかと感じました。

今回試打したのは、オリジナルシャフト「Speeder EVOLUTION for CW50」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角58度、長さ45.25インチ、総重量297.0g、バランスD3。ヘッド体積460cm3。シャフトペックは、重量55g、トルク5.9、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

まずは持ってみた感覚ですが、これは昨日紹介した「ローグスター」と一緒ですね。重量的には軽めで、グリップも細め。シャフトを手でしならせてみても、中間より手元が1番しなる感じでしたが、素振りしてみると中間よりやや先がしなる感じだったのも一緒でした。

実際に打ってみると、昨日紹介した「ローグスター」との弾道の違いにちょっと驚きましたね。ウエートポジションがソール後部になっているのと、シャフトが0.5インチ短いのが大きな違いですが、それだけで「こんなに弾道が変わるんだ・・・」と今更ながら驚かされました。まず球の上がり方。「ローグスター」のドーンと超高弾道に対して、普通に高弾道です。一般的なドライバーと比べればそれでも「球が上がりやすい」と書いていたかもしれませんが、さすがに「ローグスター」の上がり方を見てしまうと「普通に高弾道」と書かざるを得ません。そして、直進性です。「ローグスター」はフッカーのボクにはつかまりすぎの印象もありましたが、この「ローグ」はより直進性が高く、普通に打って軽いドロー系でした。フッカーのボクには「ローグ」のほうが良い感じでした!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS46.5m/s、初速68.3m/s、打ち出し角14.0度、バックスピン量2428.2rpm、サイドスピン-591.7rpm、飛距離262.6y
【ベスト】
HS47.1m/s、初速69.1m/s、打ち出し角13.5度、バックスピン量2523.2rpm、サイドスピン-702.2rpm、飛距離264.5y

打感は、ソリッド系。フィーリング的には「ローグスター」と一緒で、弾き感とマイルド感が良い感じにブレンドされた感じですね。音も「シュパッ!!」とキレの良い中高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、普通に高弾道でした。この辺は前述通り。弾道の見た目でスピン量は「ローグスター」とほぼ一緒にも感じましたが、スカイトラックデータ的にはやや少なめでした。

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。「ローグスター」に比較するとより直進性が高いイメージでしたが、まあこの辺はウエートポジションから見ても納得の結果でした。

シャフト挙動は、「ローグスター」とほぼ同じでした。0.5インチ短くなっている分、ボクにはシャープに振り切れるイメージもありました。でも、挙動的には、切り返しからのダウンでヘッドが走るイメージは一緒でしたね。

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめです。「ローグスター」に比較すると、弾道的にはやや高さが抑えられて、より直進性が高いモデルに感じました。この「ローグ」は数量限定販売なので、おそらくメーカー的には「ローグスター」の「つかまえて飛ばす」がメインコンセプトなんだということを改めて感じました。しかし、フッカーのボクにとっては、この「ローグ」のほうが安心感のあるモデルでした。個人的には、「ローグスター」よりも左を気にせず叩けるモデルでした。ボクレベルのプチヒッターで、持ち球がストレートからドロー系の方におすすめのモデルだと思います。

<キャロウェイ「ローグ」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:9▽操作性:7.5▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ、フェース=α+βチタン クラウン=トライアクシャル・カーボン
■シャフト(重量/トルク/調子):「Speeder EVOLUTION for CW50」(S=57g、SR=56g、R=53g/5.9/先中調子)
■価格:1本7万5000円+税。
■発売予定:2018年4月中旬