どーもです。

キャロウェイのニューモデル「ローグ」シリーズですが、今日紹介するのは「ローグ サブゼロ」ドライバーです。「GBBエピック サブゼロ」ドライバーは、ボクには全く歯が立たないモデルだったという苦い記憶からか、「サブゼロ」という言葉で、すでに「抵抗感」を感じてしまいますw でも、実際に打ってみると・・・!! というわけで、早速レポしたいと思います!

まずは見た目から。

ソール形状は「ローグ」「ローグ スター」と一緒だと思いますが、ウエートがソール後部とフェース後部に配置されています。結果的に浅重心を意識したモデルだと推測できますが、このウエートは入替可能でした。ちなみに、フェース後部が2g、ソール後部が10gという設定(初期配置)でした。

フェースは、ディープでもシャローでもなく、ちょうど良い感じかな。「GBBエピック サブゼロ」に比較したら確実にシャローですが、「ローグ スター」「ローグ」に比較すると、気持ちディープにも感じますが、これはフェース形状の違いでしょうね。

ボディはセミディープですね。これは「ローグ スター」「ローグ」とは別モノで、一目瞭然だと思います!!

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。「ローグ スター」「ローグ」に比較すると、ややクラウンの投影面積が小さめですが、「GBBエピック サブゼロ」ほど見た目のシビアさは感じませんでした。

今回試打したのは、オリジナルシャフト「Speeder EVOLUTION for CW50」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角56度、長さ45.25インチ、総重量298.0g、バランスD3.5。ヘッド体積460cm3。シャフトペックは、重量55g、トルク5.9、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

まずは持ってみた感覚ですが、これは意外にもやや軽めでした。グリップも細めで、この辺の感覚は「ローグスター」「ローグ」と一緒ですね。シャフトのしなり感も一緒で、手でしならせてみると中間から手元にかけてが1番しなっていたように感じましたが、素振りをしてみると中間から先がしなってヘッドが走るイメージでした。

実際に打ってみると、驚いたのは「GBBエピック サブゼロ」とは別モノ感覚だったことですね。「GBBエピック サブゼロ」は「ボクには無理!!」感があったし、ヘッドとシャフトのマッチング的にバランスが悪いとも感じていましたが、この「ローグ サブゼロ」は今のボクにはドンピシャ!! 今回の「ローグ」シリーズドライバーの3モデルの中で、個人的には最も興味をもったモデルでした。「サブゼロ」は「低スピンの強弾道」が売りだと思いますが、この「ローグ」はさらに打ちやすさが加わったモデルをうたっています。まさにその実力を実感できました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS46.5m/s、初速68.3m/s、打ち出し角15.9度、バックスピン量2344.9rpm、サイドスピン-397.9rpm、飛距離269.6y
【ベスト】
HS47.2m/s、初速69.2m/s、打ち出し角15.2度、バックスピン量2319.0rpm、サイドスピン-539.5rpm、飛距離271.4y

打感はソリッド系ですが、音の影響かやや他の2モデルに比較すると弾き感がやや強調されていたようにも感じました。その音ですが、若干乾いた感じの高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、やや高めの高弾道。高めの高弾道という表現もおかしいですが、「ローグスター」と「ローグ」の中間イメージだったので、そんな表現になってしまいました。スカイトラックのデータ的なスピン量ですが、まあ「ローグ」とほぼ同等でしたが、3球平均を見る限り、若干スピン量は少なめでしたね。

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いドロー系。これはメンタル面の影響かもしれませんが、「サブゼロ」というブランド名に「より叩ける」というイメージがあるので、安心して叩けるイメージでしたね。その影響か直進性も高く曲がらない分、飛距離に繋がったと思います。

シャフト挙動ですが、これは「ローグ」とほぼ一緒かな。バランスがやや重めですが、個人的にはシャープに振り切れるイメージで、切り返しからのダウンでヘッドが走るイメージは一緒でした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめですね。この「ローグ サブゼロ」も数量限定販売モデルですが、「ローグ」シリーズ3モデルドライバーの中では、最も叩けるモデルだと思います。オリジナルシャフトとのマッチングも、ボクレベルにはドンピシャでこのまま使えるモデルに感じました。個人的には、この「ローグ サブゼロ」が最も好印象でしたが、数量限定販売モデルに位置づけされていることからも、おそらく「ローグ」のメインモデルは「ローグ スター」でそのコンセプトは「より簡単につかまえて飛ばす」だと思います。「ローグ」「ローグ サブゼロ」を打つことで、その辺が浮き彫りになったと思います。

<キャロウェイ「ローグ サブゼロ」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:9.5▽操作性:7.5▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ、フェース=α+βチタン クラウン=トライアクシャル・カーボン
■シャフト(重量/トルク/調子):「Speeder EVOLUTION for CW50」(S=57g、SR=56g、R=53g/5.9/先中調子)。「ツアーAD IZ-6」(S=63g/3.2/中調子)。
■価格:「Speeder EVOLUTION for CW50」装着モデル1本7万5000円+税。「ツアーAD IZ-6」装着モデル1本9万2000円+税。