どーもです。

キャロウェイのニューモデル「ローグ」シリーズですが、今日紹介するのは「ローグ スター」FWです。今回の「ローグ 」シリーズは、FW、UTにも2本バーの「ジェイルブレーク・テクノロジー」の進化バージョンが採用されています。これが意味することは、おそらく「ぶっ飛び!!」なんじゃないかと推測されます。果たして推理通りの結果になるでしょうか。さっそく、いってみましょう。

まずは見た目から。

見た目は「ローグ」ドライバーと一緒で、そのまま小さくなった感じでした。ウエートポジションはソール後部でした。「GBBエピック スター」FWはソールの接地面積がかなり少なめに感じましたが、この「ローグ スター」はさらに接地面積が少なそうでした。

フェースはディープすぎず、シャロー過ぎず、ですね。ボクにはちょうどいい感じでした。形状的には、「GBBエピック スター」よりも「ローグ スター」の方が、気持ちトゥ側にボリュームがあるよう感じました。

ボディですが、意外とコンパクトでしたね。「GBBエピック スター」に比較しても、ややコンパクトに感じました。これ、実は結構意外だったポイントかな!

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。顔つきは「GBBエピック スター」同様、クラウンの投影面積が小さめでしたね。見た目的にはシビアさを感じる部類ですね。

今回試打したのは、オリジナルシャフト「Speeder EVOLUTION for CW50」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58度、長さ43.25インチ、総重量305.8g、バランスD1.5。ヘッド体積180cm3。シャフトペックは、重量54g、トルク5.9、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

まず持ってみた感覚は、軽めですね。「GBBエピック スター」に比較しても5gほど軽くなっていました。グリップも細め。シャフトを手でしならせてみると、やはり柔らかめではありますが、長さのせいかちょっとだけしっかり感があるように感じました。素振りしてみると、ドライバーよりもシャープに振れるイメージでした。

実際に打ってみると、その飛距離にビックリですわ~!! 見た目の弾道的には、ドライバーと変わらないと言っても過言ではない感じでした。実際スカイトラックのデータでも、最大で258yをマーク。シャフト長を45インチにしたらドライバー並みに飛びそう!! これは「ジェイルブレーク・テクノロジー」のおかげなのかは不明ですが、確実にいえることは、「このFW、ヤバいくらいぶっ飛び!!」。ただし、ボクのスイングだとちょっとつかまりすぎのイメージもありました。シャフトをもう少ししっかりしたモデルを挿して、43.5インチでセッティングしたら、「ドライバーいらないかも!!」とか思ったりして(笑)

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS45.8m/s、初速66.1m/s、打ち出し角17.5度、バックスピン量2891.5rpm、サイドスピン-431.0rpm、飛距離254.9y
【ベスト】
HS46.4m/s、初速66.9m/s、打ち出し角16.2度、バックスピン量2578.7rpm、サイドスピン-920.5rpm、飛距離258.3y

打感はソリッド系ですね。弾き感の中にマイルドさが良い感じに混ざったイメージ。球離れが気持ち速めなイメージもありますが、個人的には許容範囲内でした。音はドライバー同様ですが、気持ち高めだったかな。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、超高弾道。ティアップして打つ分には、充分な上がり方ですね。試しに何球か直打ちしてみましたが、直打ちが苦手なボクでもしっかり球が上がるモデルでした。これ、チェックポイントね!! スピン量は少なめですね。見た目の初速の速さは、スピン量が少ないからなんですかね!?

出球傾向ですが、ボクのスイングでは、強めのドロー。さすがに振っていくと、このバランスでもヘッドがちょっと暴れるイメージはありました。叩くならもちょっと先端剛性の高いシャフトを合わせたいですね。

そのシャフト挙動ですが、切り返しからダウンで中間から先がしなって、ヘッドが走るイメージですね。叩きに行くとちょっとヘッドが暴れるイメージでした。叩くイメージ無しならボクでも使えそうですが、実戦では力が入ることが想定できるので、使うならシャフトは変えたいですね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめ。スイングタイプ的には払い打ち系のスインガータイプで、持ち球はフェード系に合いそうです。まあ、何が魅力って、やっぱりその飛距離ですな!! 数あるぶっ飛び系FWが並ぶ中でも、おそらく1、2を争うモデルなんじゃないかな。個人的には1位ですわ! シャフトをフィッティングして、ドライバー代わりのティショット用で使いたいかも!!

<キャロウェイ「ローグ スター」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、フェース=カーペンター455スチール、クラウン=トライアクシャル・カーボン
■シャフト(重量/トルク/調子):「FUBUKI for CW40」(S=43g/5.6、SR=41g/6.1、R=39g/6.3/先中調子)。「Speeder EVOLUTION for CW50」(S=54g、SR=52g、R=49g/5.9/先中調子)。「Speeder474 EVOLUTIONⅣ」(S=48.5g/5.4/中調子)、「Speeder569 EVOLUTIONⅣ」(S=58.5g/4.7/中調子)。
■価格:「FUBUKI for CW40」「Speeder EVOLUTION for CW50」装着モデ各1本4万8000円+税。「Speeder474 EVOLUTIONⅣ」「Speeder569 EVOLUTIONⅣ」各1本5万3000円+税。