どーもです。

週をまたぎましたが、今日紹介するのはキャロウェイの新作「ローグ」シリーズの「ローグ スター」アイアンです。「ローグ」シリーズには「ローグ スター」「ローグ」の2モデルがラインアップされています。この「ローグ スター」アイアンですが、「GBBエピック」シリーズでは「エピック スター」アイアンに対応するモデルだと思います。その実力をレポしたいと思います。

まずは見た目から。

冒頭「エピック スター」アイアンに対応するモデルと書きましたが、バックフェースを見る限りコンセプト自体別モノなのかもしれませんね。「ローグ スター」アイアンはバックフェースのトゥ・ヒールに2本のバーのようなモノが配置され、フェース下部のウエートもトゥ・ヒールに振られたイメージでした。

フェースはセミラージ。「エピック スター」に比較するとネック側がキュッと絞られたイメージで、その分ネック側の縦幅が確保されているような感じでした。なお、360度カップフェースは「ローグ スター」にも採用されていました。

ソール幅はセミワイドですが、セミワイドの中でもやや狭めですかね。トレーリングエッジの部分が2段構造になっているのが特徴ですね。ネック形状もかなり特殊!

そのネックですが、グースネックです。かなりつかまりを意識しているようにも感じました。

構えてみるとこんな感じ。トップブレードがかなり厚めになっているので、ちょっとボッテリ感があったことは否めません。また、グースネックの影響でかなりつかまりそうなイメージでしたね。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO ZELOS 7」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角27度、ライ角62.5度、長さ37.5インチ、総重量385.5g、バランスD1.5。シャフトペックは、重量77.5g、トルク2.6、先調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には軽め。グリップもやや細めに感じました。素振りしてみると、スチールシャフトのわりには結構ヘッドが走るようなイメージもありました。

実際に打ってみると、まず感じたのは「ボクにはつかまり過ぎ!」と感じるほどのつかまりの良さですね。いつもの感覚で打つと、素振りのイメージ通りヘッドが走るイメージというか、ヘッドが返りたがるようにも感じました。ドローと呼ぶのもおこがましいほどの曲がり方で、ボクのスイングではフックでした。スカイトラックデータでは3球平均で-1300rpmと超フック!! 対して、バックスピン量の少なさは見た目でも分かるほどでした。そういう意味では、かなり特殊なアイアンなんじゃないかと思いましたね。デフォルトのスチールシャフトが「NSPRO ZELOS 7」のみの設定ということから、かなりゆったりスイングを意識したモデルなんじゃないかなと実感できました。新素材緩衝材「ウレタン・マイクロスフィア」については新製品発表会をご参照ください。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.5m/s、初速54.9m/s、打ち出し角17.8度、バックスピン量3760.2rpm、サイドスピン-1336.3rpm、飛距離189.5y
【ベスト】
HS41.0m/s、初速54.8m/s、打ち出し角18.9度、バックスピン量3456.2rpm、サイドスピン-1403.4rpm、飛距離191.2y

打感はソリッド系かな。弾き系の中で独特なムニュとした感じがありますが、これは新たに採用された緩衝材「ウレタン・マイクロスフィア」の影響だと思います。音は、若干高めかな!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、超高弾道ですね。ロフト角27度とかなりストロングロフトですが、それでこれだけラクに球が上がれば文句なしですね! 新製品試打会時は同じスカイトラックで200yに迫る勢いでしたが、今回は190yあたりでした。それでも飛んでますけどね・・・(汗)

出球傾向ですが、ボクのスイングではフック。この曲がり方をドローと呼ぶのはさすがのボクでもおこがましいかな・・・と。その辺を意識して返りたがるヘッドを返さないように意識しても、動画弾道でした。かなりつかまりのいいアイアンだと思います。

シャフト挙動ですが、スチールシャフトですが、しなり感たっぷりですね。アイアンでもダウンからインパクトにかけてのヘッドの走り感を存分に感じられるモデルだと思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS38~40m/sあたりがコアかなと思います。スイングタイプ的には払い打ち系のボディターンタイプにおすすめかな。自分でフェースを返さないタイプによりおすすめです。持ち球的にはもうスライサー限定といっても過言ではないと思います。個人的には、せめて「NSPRO950GH」をラインアップしてもいいかな・・・とか思ったりもしましたが、まあ、コンセプトとしては「つかまえて飛ばす!!」というモデルなんでしょうね。今回、カーボンシャフトモデルを試打していませんが、もしかしたらカーボンシャフトのほうがヘッドとのマッチングが良かったりして・・・

<キャロウェイ「ローグ スター」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:6▽構えやすさ:7▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:17-4ステンレス+ウレタン・マイクロスフィア、タングステンインナーウエート(#5~#8)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO ZELOS 7」(S=77.5g/2.6/先調子)。カーボンシャフト「FUBUKI for CW50」(R=46g/5.1/先中調子)。「Speeder EVOLUTION for CW60」(R=58g/4.4/先中調子)。
■価格:カーボンシャフト、スチールシャフト装着モデ各5本(#6~PW)セット12万円+税、単品(#5、AW、GW、SW)各1本2万4000円+税。
■発売予定:2018年4月中旬