どーもです。

先週から紹介してきたキャロウェイの新作「ローグ」シリーズですが、今日紹介する「ローグ」アイアンがオオトリです。この「ローグ」アイアンは数量限定販売モデルとなっていますが、昨日紹介した「ローグ スター」アイアンと比較してどんなモデルなのでしょうか。その辺を確認してレポしたいと思います。早速、いってみましょう。

まずは見た目から。

バックフェースですが、昨日紹介した「ローグ スター」アイアンとは別モノで、見た目的にはどちらかといえば「エピック スター」アイアンに近いイメージでした。「エピック スター」アイアンで採用されていた「エクソー・ケイジ構造」のようなバックフェースになっていました。

フェースはセミラージですが、「ローグ スター」アイアンに比較するとやや小振りでした。形状的には「ローグ スター」アイアンとほぼ一緒で、そのままやや小振りになった感じでした。

ソール幅は「ローグ スター」アイアンとほぼ同じかと思います。しかし、「ローグ スター」アイアンはトレーリングエッジが2段構造になっていましたが、この「ローグ」アイアンは普通のソールになっていました。

ネック形状はこちらもグースだと思いますが、「ローグ スター」アイアンに比較するとグース度合いは気持ち抑えられていたようにも見えました。

構えてみるとこんな感じでした。トップラインの厚さは「ローグ スター」アイアンとほぼ変わりませんが、見た目ではやや小振りに感じました。また、ロフトが寝ているのも分かると思います。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角30度、ライ角62.5度、長さ37インチ、総重量420.5g、バランスD3.5。シャフトペックは、重量106.5g、トルク1.7、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

まず持ってみた感覚。重量的にはいい感じの重さでしたが、それでもボクにはやや軽めにも感じました。ですが、グリップはやや細めにも感じました。素振りしてみると、スチールシャフトらしいしっかり感があってよりシャープに振り切れるイメージでしたが、ヘッドは結構感じるモデルの印象でした。

実際に打ってみると、基本的には「ローグ スター」アイアンのオートマチック性はそのままで、小振りかつ総重量を重めにしたモデルのようにも感じましたね。これはあくまでもボクのイメージですが、コンセプトは「ローグ スター」ありきで、そのままより叩けることを意識したモデルがこの「ローグ」アイアンなのではないかと感じました。「ローグ スター」アイアンよりも振れるイメージがある分、つかまりも若干抑えられていたようにも感じましたが、それでも一般的なモデルに中ではかなりつかまりがいいモデルだと思いました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.7m/s、初速54.4m/s、打ち出し角20.3度、バックスピン量4373.6rpm、サイドスピン-1108.1rpm、飛距離184.8y
【ベスト】
HS40.8m/s、初速54.5m/s、打ち出し角21.4度、バックスピン量4394.7rpm、サイドスピン-956.4rpm、飛距離185.9y

打感はソリッド系ですね。「ローグ スター」アイアン同様の緩衝材「ウレタン・マイクロスフィア」採用モデルですが、弾き系の中で独特なムニュとした感じでした。音は、やはり若干高めかな!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道ですね。「ローグ スター」アイアンのロフトに対して3度寝ているので球が上がるのは納得ですが、そう考えると改めて「ローグ スター」アイアンの球の上がり方にビックリですね!! スピン量も一般的なモデルに比較しても、やや少なめでしたね。

出球傾向ですが、ボクのスイングで強めのドロー。「ローグ スター」アイアンではフックでしたが、ボクが普通に振っても強めのドローでした。つかまりがやや抑えられているようにも感じましたが、実は振っていける分曲がりが少ないようにも感じました。

今回ボクが試打した限りで、このスッペクでHS42~43m/s以上の方におすすめかな。確実に言えることは「ローグ スター」アイアンよりも振れるというか叩けるということ。総重量的にもやや重めですし、ネックもややグース度合いが減っているので、おそらく「ローグ スター」アイアンの基本性格をそのままに、よりパワーヒッター向けのテーストにしたアイアンかと思われます。ただし、「ローグ」ドライバーのニュートラルさに比較すると、若干つかまりが良い感じでした。そのアンバランス感があったことは否めません。とはいえ、つかまりのいいアイアンで逃がすことはできますが、つかまらないアイアンでつかまえるのは至難の業ですよね。というわけで、結論は「ローグ スター」アイアンのより叩けるバージョンモデルですね。

<キャロウェイ「ローグ」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:17-4ステンレス+ウレタン・マイクロスフィア(#4~#8)+タングステンインナーウエート(#4~#7)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」(S=106.5g/1.7/元調子)、「NSPRO950GH」(S=98g/1.8/中調子)。
■価格:6本(#5~PW)セット13万2000円+税、単品(#4、AW、SW)各1本2万2000円+税。
■発売予定:2018年4月中旬