どーもです。

カタナゴルフのニューモデル「NINJA PLUS」「NINJA」シリーズを試打できました。「NINJA PLUS」は高反発モデルですが、今回『超高反発』をうたう「8802Hi」を始め、高反発モデルの「8296Hi」ドライバーの2モデルを試打できました。まずは『超高反発』という「8802Hi」ドライバーですが、このネーミングはヘッドの耐久限界ギリギリの反発係数0.8802からのネーミングのようです。どんなモデルなのか、早速レポしたいと思います。

まずは見た目から。

ソールのトゥ・ヒールにウエートが振られていることから、高慣性モーメントを意識したミスヒットに対する寛容性の高いモデルだということが想像できますね。

フェースはシャロー。フェースのデザインが独特ですが、打点を意識させてくれそう!!

ボディはシャロー気味ですが、シャロー過ぎの印象はありません。ミドルバックですが重心深度が深そうなストレッチバックになっていました。

後ろ姿ですが、トゥ・ヒールのウエートがかなり印象的!!

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は大きめで、安心感のあるイメージ。特徴的だったのは、ネックからフェースにかけての処理の仕方で、グースに見える加工で視覚的にもつかまりの良さを感じさせてくれます。まあ、実際にもフックフェースでしたけど!

今回試打したのは、フジクラ社製「Speeder462 EVOLUTION」SRフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59.5度、長さ46インチ、総重量289.5g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量44.5g、トルク5.6、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはかなり軽めですね。グリップもやや細めですが、『超高反発』をうたうモデルですから、まあ、想定の範囲内でした。シャフトを手でしならせてみると、SRでもかなり柔らかめで、中間から先にかけてかなりしなるイメージでした。素振りしてみると、これはもうかなりヘッドが走るイメージですね!!

実際に打ってみると、まずその球の上がり方にビックリ!! ドライバーとは思えない球の上がり方でした。打った自分の想定以上の高さで、いつもの目線だと弾道を見失うほどの高さでした。また、つかまりが抜群にいいですね。フッカーのボクには正直つかまりすぎのイメージもありますが、ぶっちゃけ頑固なスライサーでもこのドライバーでスライスを打つのは難しいのでは・・・とまで思いました。ただし、ボクのHSではスピン量が多めですね。もちろん、これも想定の範囲内ですが、想定外だったのはそれでもこれだけの数値が出たということですね。また、さすが高慣性モーメントモデルだけあって、ミスヒットの寛容性はかなりのものでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS46.8m/s、初速68.7m/s、打ち出し角17.6度、バックスピン量3318.0rpm、サイドスピン-244.1rpm、飛距離266.1y
【ベスト】
HS46.3m/s、初速68.0m/s、打ち出し角17.7度、バックスピン量3049.9rpm、 サイドスピン-44.2rpm、飛距離267.3y

打感はかなり超柔らかめ。フェースはかなり薄めだと思いますが、このマイルド感はどう出しているのかが不思議なほどのマイルド感でした。音はやや高めだったかな。これも不思議ですね。音が高くなるほど硬く感じるんですけど・・・

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、超高弾道!! ドライバーとは思えない上がり方でした。スピン量はやや多めですが、これはこのドライバーのコンセプト的にも想定の範囲内ですが、むしろそれでもこれだけの飛距離数値をたたき出せるほうにビックリでした。かなり力強い弾道でした。

出球傾向は、ボクのスイングでは強めのドロー。その辺を意識してヘッドを右前に放り出すイメージで打って良い感じのドローでした。これはスライサー向けでしょうね!!

シャフト挙動ですが、切り返しからインパクトにかけてかなりヘッドが走るイメージでした。先調子イメージの動き方だったように感じました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS38m/s±2m/sあたりがドンピシャかなと思います。もちろん、ルール適合外なので、競技では使えませんが、生涯現役を目指すグランドシニアや、とにかく飛ばしたいんだというゴルファーにおすすめです。スイングタイプ的にはボクレベルのヒッターなら十分使えそうなイメージもありますが、まあ、払い打ち系タイプのほうがよりこのクラブの恩恵を享受できると思います。持ち球的には、これはもうスライサー限定でしょうね。特に飛距離が落ちてゴルフをやめようかなんて思っている方に、ぜひ1度お試しいただきたいモデルです。

<カタナゴルフ「NINJA PLUS 8802Hi」ドライバー>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:6▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=純チタン、フェース=ウルティマチタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「Speeder462 EVOLUTION」(SR=44.5g、R=43g/5.6/先中調子)。※受注生産「Speeder EVOLUTIONⅣ」(S)、「Speeder361 EVOLUTION」(R-EL=36.5g/8.8/先中調子)。
■価格:「Speeder462 EVOLUTION」「Speeder361 EVOLUTION」装着モデル各1本11万8000円+税。「Speeder EVOLUTIONⅣ」装着モデル各1本13万3000円+税。