どーもです。

今日紹介するのは、カタナゴルフのニューモデル「NINJA PLUS」シリーズの高反発モデル「8296Hi」ドライバーです。昨日紹介した「8802Hi」は『超高反発』でしたが、「8296Hi」ドライバーは高反発モデルです。おそらく反発係数が0.8296だと思われます。メーカー的には「パワーヒッター向け」をうたっています。ちょっと違和感もありますが、まあ、パワーヒッターでも高反発を求めるゴルファーもいますからね!! というわけで、早速レポしたいと思います。

まずは見た目から。

トゥ・ヒールにウエートを配置していた「8802Hi」に対して、「8296Hi」はソール後部1カ所の配置になっていました。これは重心深度を確保するためでしょうね。

フェースはシャローですが、「8802Hi」に比較すると気持ちディープでした。形状的には、ほぼ一緒だと思います。

ボディは「8802Hi」とほぼ一緒に見えました。シャロー気味ですが、シャロー過ぎの印象はありません。

後ろ姿ですが、ウエートが1つなので見た目は別モノですね。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積が「8802Hi」に比較するとやや小さめにも見えましたが、まあ、これくらいなら安心感のある形状でしょうね。

今回試打したのは、フジクラ社製「Speeder462 EVOLUTION」SRフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10度、ライ角59.5度、長さ46インチ、総重量289.5g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量44.5g、トルク5.6、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはこれもかなり軽めで、グリップもやや細めです。まあ、これも想定の範囲内。シャフトを手でしならせてみると、SRでもかなり柔らかめで、中間から先にかけてかなりしなるイメージ。素振りしてみると、これまたかなりヘッドが走るイメージで、この辺のフィーリングは「8802Hi」と一緒だと思います。

ところがですよ、実際に打ってみると、あら、ビックリ!! 出球が「8802Hi」とは全然違う別モノイメージでした。メーカーがうたう「パワーヒッターモデル」にも納得でした。冒頭「違和感がある」と書きましたが、実際に打ってみるとまさに「叩ける高反発」ですね。「8802Hi」ほど勝手に上がるイメージはなく、普通の高弾道イメージ。つかまりも抑えられていて、フッカーのボクが普通に打ってもドロー系の出球でした。同じ高反発モデルですが、反発係数の違いでここまで出球が変わるのかと感心しました。もちろん、反発係数だけの結果ではありませんけど・・・。とにかく、全くの別モノでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS46.1m/s、初速67.3m/s、打ち出し角16.8度、バックスピン量3271.4rpm、サイドスピン-363.5rpm、飛距離257.4y
【ベスト】
HS46.1m/s、初速66.5m/s、打ち出し角17.8度、バックスピン量3198.2rpm、 サイドスピン-320.9rpm、飛距離258.1y

打感はかなり柔らかめ。「8802Hi」よりはしっかり感がある感じでしたが、一般的なモデルと比較したら、かなり柔らかめでですね。音は「パシャ!」というシャッターオンでした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、普通に高弾道です。でも、「8802Hi」の後だと、その超高弾道ぶりにかすむ感じ。でも、動画やスカイトラックデータで確認すると、普通に高弾道でしたw スピン量は「8802Hi」とほぼ同等でした。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー。フッカーのボクが普通に打ってドロー系なので、まさに左を気にせず叩ける高反発を実感しました。とはいえ、SRフレックスで叩くとスピン量が増えるので、結果的にはこのスペックでは叩けないという結論にもなりそうなのがジレンマですかね。

シャフト挙動ですが、これは「8802Hi」とほぼ同じようなイメージでした。切り返しからインパクトにかけてかなりヘッドが走るイメージで、先調子系のイメージの動き方でした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめかな。高反発モデルなので、競技に出る人は使えませんが、レジャーゴルファーである程度パワーのあるヒッター向けのイメージでした。とはいえ、この組み合わせで叩くと、弾道の見た目的には決して吹け上がり系には見ませんが、スピン量が増えていたのはジレンマですね。個人的には限定生産「Speeder EVOLUTUIONⅣ」を試してみたかったかも・・・。一見矛盾に思える「パワーヒッター向け高反発モデル」ですが、とにかく「ゴルフは飛びだ!!」というゴルファー向けモデルですね。高反発モデルなので、全てのゴルファーにおすすめできるモデルではありませんが、この叩ける高反発は、話題のネタでもいいので1度試して欲しいモデルかも!

<カタナゴルフ「NINJA PLUS 8296Hi」ドライバー>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽飛距離:8.5▽上がりやすさ:9.5▽操作性:7▽打感の柔らかさ:9.5▽ミスの許容度:9.5
■ヘッド:ボディ=純チタン、フェース=高反発チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「Speeder462 EVOLUTION」(SR=44.5g、R=43g/5.6/先中調子)。※受注生産「Speeder EVOLUTIONⅣ」(S)、「Speeder361 EVOLUTION」(R-EL=36.5g/8.8/先中調子)。
■価格:「Speeder462 EVOLUTION」「Speeder361 EVOLUTION」装着モデル各1本9万8000円+税。「Speeder EVOLUTIONⅣ」装着モデル各1本11万3000円+税。