どーもです。

PRGRのニューモデル「Q」シリーズですが、今日はよりUTに近い「Q28」「Q33」のうち「Q33」UTを紹介しましょう。この「Q33」UTはロフト角33度ですが、アイアンで言えば#7、#8あたりですかね。個人的にはこの番手はまだ諦めたくない思いが強い番手ですが・・・。なにはともあれ、レンジ試打で分かったことをレポしてみましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインは「Q18」と一緒ですが、形状がまったくの別モノですね。「Q18」「Q23」はよりFWに近いイメージでしたが、「Q28」とこの「Q33」はよりUTに近いイメージですね。

フェースも別モノで、よりディープフェースになっていました。トップラインが盛り上がっていて、菱形になっていますね。また、フェースの切り方も別モノ!!

ボディは独特ですね。かなりの出っ歯で、いかにも球をひろってくれそうなイメージでした。「Q18」に比較するとより小振りなのが視認できると思います。

後ろ姿も「Q18」よりはコンパクトで、ファットでした。

構えてみるとこんな感じ。見た目的には、完全なUTですね。ロフトを考えればフェースがこれだけ見えるのも納得ですね。なんか特にディボットで威力を発揮してくれそうなイメージでした。

今回試打したのは、専用開発カーボンシャフト「Q REG」装着モデルの33度。スペックは、ロフト角33度、ライ角60.5度、長さ37.5インチ、総重量370g、バランスD0。ヘッド体積98cm3。シャフトスペックは、重量51g、トルク4.0、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボールでした。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはやや軽めで、グリップも気持ち細めだったかな。シャフトを手でしならせてみると、結構しっかり感があるイメージですね。カーボンとは思えないしっかり感で、素振りしてみるとかなりにシャープに振り切れる印象でした。

実際に打ってみると、まず驚くのはガッツリ球が上がること。これはフェースプログレッション(FP)が大きい、つまり出っ歯で球をしっかり拾ってくれるイメージですね。FPが大きいモデルはディボットで効果がありそうですが、この辺はレンジ試打では確認できませんからね・・・。実戦でもディボットに入らない限りは試せないので、実戦では同伴者の許可をもらって、敢えてディボットに入れて打つ必要が有りそうですねw もともとプッシュアウト傾向がありますが、この三角形ソールだとボクはネック側に傾斜してプッシュアウトしてしまいそうなイメージでした。これもレンジ試打ではいまひとつ実力を計りきれないモデルなのかも・・・。アイアンよりも確実に抜けがいいのは確認できました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.1m/s、初速49.9m/s、打ち出し角22.0度、バックスピン量6331.2rpm、サイドスピン-281.2rpm、飛距離159.8y
【ベスト】
HS39.5m/s、初速50.6m/s、打ち出し角21.4m/s、バックスピン量6804.9rpm、サイドスピン97.2rpm、飛距離161.4y

打感はマイルドですが、ちょっと特殊な感じでした。これは「Q18」とほぼ同じようなイメージで、クラブの中に空間が無いようなイメージ。音はパシュッ!!といった感じで、キレのいい中音系で、フィーリングは「Q18」とほぼ同等ですね。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道。出っ歯はしっかり球を拾ってくれるイメージですね。スピン量的にはこれが適量なのかはいまひとつわかりませんが、まあ、見た目では決して吹け上がりの感覚はなかったです。

出球傾向は、ボクのスイングでいい感じのストレートからややフェード系だったかな。前述通り、アイアンよりは確実に抜けがいいのは実感できました。

シャフト挙動ですが、素直に中間がしなるイメージ。でも、結構しっかり感があって、それほどしなりは感じませんでしたね。むしろ、しっかり感のほうが強かったかも!

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS40m/sあたりにおすすめ。#7、#8あたりのロフトということを考えれば飛距離的な問題はないし、アイアンよりも確実に抜けがいいのが実感できました。ただし、この「Q33」もレンジ試打で感じたのはここまで。実戦的な新コンセプトモデルなので、やはり実戦投入したいと思います。

<PRGR「Q33」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=ステンレス(SUS630)、フェース=マレージング綱(ES235)
■シャフト(重量/トルク/調子):「Q REG」(51g/4.0/中調子)。「Q LITE」(42g/5.6/中調子)。※「Q33」装着モデル。「Q LITE」は注文生産モデル
■価格:「Q18」「Q23」各1本3万5000円+税。「Q28」「Q33」各1本3万円+税。