どーもです。

ジオテックゴルフのニューモデル「クロト ロイヤルエクセレンス18」ドライバーですが、今日紹介するのは高反発モデルの「クロト ロイヤルエクセレンス18 αスペック高反発仕様 ゴールドバージョン」ドライバーです。ルール適合モデルであれだけ飛んだモデルですが、その高反発モデルはさらに飛ぶのか!? その辺も含めて、レポしたいと思います。

まずは見た目から。

ソールデザインはルール適合モデルとほぼ一緒でしたが、カラーリングがゴールドでした。でも、適合モデルとまったく同じカラーリングモデルもラインアップしています。

フェースの大きさ、形状も適合モデルと一緒だと思うのですが、膨張色のせいかやや大きめに見えたようにも・・・

ボディも一緒だと思いますが、高反発モデルはサイドに赤文字で「α-SPEC」と記されていました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウン形状も適合モデルと一緒ですが、違うのはフェースの向きですね。高反発モデルは気持ちフックフェースにセッティングされていました。

今回試打したのは、オリジナルシャフト「クロトRE18」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角11.5度、ライ角60度、長さ46インチ、総重量283.3g、バランスC9。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量55g、トルク5.6、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には軽めですね。グリップですが今回試打しモデルは左手が細めで右手がやや太めになっていたと思います。下撒きテープで調整されていたように感じました。シャフトを手でしならせてみると、Sフレックスにしては柔らかめで中間から先あたりがしなりポイントのように感じました。素振りしてみると、意外と手元に重量感があったように感じたのは意外でした。でもその分ヘッドの存在感があまり感じられなかったような印象もありました。

実際に打ってみると、まずその高弾道ぶりにビックリでした。適合モデルに比較するとロフトも寝ているので当然といえば当然ですが、それでもこの上がり方はすごい! これなら、ボディターンタイプの方でもガッツリ球が上がるでしょうね。ボクのスイングではスピン量がやや多めで、若干距離をロスしている印象もありましたが、スピン量3100rpmあたりで2600rpmあたりの適合モデルとほぼ遜色のない飛距離をマークしていたので、この辺は高反発のなせる業でしょうね。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS45.7m/s、初速66.4m/s、打ち出し角18.2度、バックスピン量3165.6rpm、サイドスピン-455.3rpm、飛距離257.4y
【ベスト】
HS45.9m/s、初速67.5m/s、打ち出し角18.5度、バックスピン量3187.8rpm、サイドスピン-412.1rpm、飛距離262.8y

打感はマイルド系でした。適合モデルに対してフェースが薄そうにも感じましたが、それでも遜色のないマイルドさがありました。音はやや高めですが、小気味の良い違和感のない音でした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には文句なしの高弾道でした。球を上げようという意識がなくてもしっかりクラブが仕事をしてくれるイメージですね。このロフトでボクが普通に打っても吹け上がりのイメージはほぼなく、グングン前にいってくれるイメージでした。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。それほどヘッド重量を感じないモデルですが、それでもシャフトの中間からやや先にかけて、結構しなる感触がありましたね。フックフェースと相まってか、つかまりはかなりいいモデルの印象でした。

シャフト挙動ですが、中間から先にかけてが結構しなるイメージでしたね。ヘッド重量が軽いわりには、結構しなり感を感じるモデルでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40m/sあたりにおすすめです。高反発モデルなので、誰にでもすすめられるモデルではありませんが、この辺りのHSで、ボディターンタイプのスライサーがそのままのスイングでハイドローを打てるドライバーかと思います。高反発モデルは単純に飛距離を稼げるモデルと思う方も多いと思いますが、今回試打して1つ気付いたのはミスヒットの寛容性の高さです。これは高慣性モーメントという影響もあるかもしれませんが、少なくともこのモデルのミスヒットの寛容性の高さはピカイチでしたね。特にヒール側のミスヒットに強かったように感じました。

<ジオテックゴルフ「クロト ロイヤルエクセレンス18 αスペック ゴールドバージョン」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=チタン合金 フェース=SP700チタン合金
■シャフト(重量/トルク/調子):「クロト RE18」(S=55g/5.6、SR=54g/5.7、R=51g/5.8、RR=49g/5.9、L=45.5g/6.3/先中調子)
■価格:ヘッド単体1個5万5000円+税。