どーもです。

千葉・源氏山ゴルフクラブをラウンドしてきました。ここは昨年夏にラウンドしていますが、その時はレギュラーティ使用で「84」でした。しかし、ここはその前に2度回っていずれも90叩きを経験したコースでもあります。そう、ボクにとっては苦手なコースの1つだったりします。そんな苦手コースですが、今回ジオテックゴルフ「クロトRE18」ドライバー(Speeeder661 EVOLUTIONⅣ)とPRGR「Q18」UTを実戦投入してきました。明日後編と共に両者の実戦インプレションも軽くふれます。というわけで、ラウンドレポ前編をお届けします。

今回ラウンドした源氏山GCですが、レギュラーティ使用でアウト2,965y、イン2,966y、トータル5,931yと距離は短めです。コースレートは「68.8」。グリーンセッティングは表示されていませんでしたが、ボクの感覚では8.5フィート感覚でやや遅めに感じました。

今回ジオテックゴルフ「クロトRE18」ドライバーと

PRGR「Q18」UTを実戦テスト!!

10番は382yミドル。

「クロトRW18」ティショットは、とんでもない引っ掛けで左の斜面のカート道。まあ、生きていただけ良しとしましょう!!

残り164y(「ガーミン アプローチS60」使用。グリーン上、周りは歩測距離)#6ショットは良い感じで、グリーン手前のカラー。ピンまで18y寄せはパターでしたが、手前5yのショート。パーパットをショートさせてしまい、2パットでボギー。

そうそう、この日、思うところあってエースパター「EDEL」からスコッティ・キャメロン「スタジオセレクト ニューポート2.6」センターシャフトに変更していました。

11番は314yミドル。

軽く左ドッグレッグのレイアウトで距離も無かったのでティショットには「Q18」を選択。結果はナイスショットでFWセンターキープ!!

残り94y52度ショットはトップ気味でグリーンオーバー。奥からピンまで17y#9y転がし寄せが6yショート。下りに見えた1stパットですが、重いと分かりながら打ち切れず、1yショート。お先にパットしたらクルン!! 3パットで素ダボでした(涙)

お先にパットはやっちゃいかんですな・・・

12番は458yロング。

「クロトRE18」ティショットは見事にFWセンターキープ。 

残り211y「Q18」ショットはやや薄めの辺りでしたがグリーン右ラフ。ピンまで13y52度寄せはダフリのミス。ピンまで8yカラーからはパターでしたが、これまた打ち切れず2yショート。しかも、これを外して2パットのボギー。なんだかな~ですね・・・

13番は348yミドル。

ここもティショットは「Q18」を選択し、無事FWセンターキープ。残り104yはグリーン左カラー。ピンまで5yパター寄せはなんとかOK位置によりましたが、慎重にタップインで1パットのパーセーブ。

14番は139yショート。

打ち下ろしを込み128y表示だったのでティショットはPWを選択。このショットはフックで左のサブグーン。ニアレストポイントにドロップしてピンまで15y#9転がし寄せは3yショート。グリーン奥から下りのパットを外し、返しも引っかけて、痛恨の3パット素ダボ。もう、こんなのばかり・・・!!

15番は478yロング。

左ドッグレッグでセカンドから上りです。「クロトRE18」ティショットはここもいい感じでFWセンターキープ。

残り232y打ち上げは100y残しを意識して#8で刻み。結果は残り98yと狙い通りでしたが、ここからの52度ショットを右に出してしまいグリーン右ラフ。ピンまで12y#9転がしがピンに絡みましたが、50cmを外して2パットのボギー。

16番は336yミドル。

「Q18」ティショットは良い感じでFW右をキープ。

残り93y52度ショットはプッシュアウトでグリーン右ラフ。ピンまで10y52度寄せはピン手前2yでしたが、これを沈められず2パットでボギー。

17番は132yショート。

PWティショットはグリーン右6y。#9転がし寄せは3y手前で微妙。2パットでボギーでした。

18番は379yミドル。

軽く左ドッグレッグですが、「クロトRE18」ショットはバチコーンでFWセンターキープ!

残り107y52度ショットはピン手前9y。2パットのパーセーブで前半終了。

そんなわけで、思うところあって投入したスコッティ・キャメロンを使いこなせず、パットが崩壊。前半は9オーバー「45」で3パット2回の19パットでした。しかし、18番は後半につながるパーセーブだと信じて、バック9へ!!