どーもです。

千葉・源氏山ゴルフクラブのラウンドレポート後編です。前半は思うところあって投入したパターが全く入らず、9オーバー「45」の19パットとさんざんな結果でした。このままでは、再び90叩き・・・。ですが、そう簡単に90打つわけにはいきませんからね!! 意地、見せますぜぇ~!!!! というけで、ラウンドレポ後編と「クロトRE18」「Q18」の実戦インプレッションもお届けしましょう。

まずはランチ。といっても、この日スタートが早かったので、10時過ぎだったんですけどね・・・

和風ステーキ(150g)定食!!

ガッツリ食べて目を覚ますつもりでしたが、実は前日ほとんど寝ていなくて、逆に胃に血が集まり、ぽかぽか陽気も手伝って眠くなるという想定外の事態になったのでした(笑)

1番は391yミドルですが、この日のティ位置はほぼフロントで349y。

「クロトRE18」ティショットは完全なダフリショット。

残り230y(ガーミン「アプローチS60」使用。グリーン上、周りは歩測距離)打ち上げは「Q18」を選択。これはちょっと薄めの当たりかつプッシュアウト気味でした。残り31y52度ショットをダフり、残り18y#9転がしがラフに食われ転がらずカラー。ピンまで7yパター寄せはピンに絡んで1パットでしたが、いろいろやらかしてほ素ダボスタート・・・(涙)

2番は312yミドル。

超打ち下ろしなので、ドライバーでガッツリ当たれば1オンも可能なロケーションですが、こんな感じだったので前の組がつまりっていました。その間、ボクは眠りに落ちていたようです。同伴者から「寝てたよ!!」と突っ込まれたのでした。

そんなていたらくだったので、ここはより安全に「Q18」を選択。悪くはありませんでしたが、ややドローがかかってFW左のバンカー。

残り81y52度ショットは悪いショットでは無かったけど、グリーンオンならず。残り13y#9転がしは3yショート。2パットでボギーでした。

3番は427yと距離の短いロング。

「クロトRE18」ショットは軽いドローで転がってカート道左。

これ、微妙はライでした。これならフラットなベアグランドのほうが・・・。残り152y#8ショットはやはりダフってショート。残り48y52度ショットを打ちすぎてグリーンオーバー。グリーン左奥から11y#9転がしはピンを2yオーバーしましたが、これを1パットで沈めてなんとかパーセーブ。

4番は154yショート。

#8ショットはプッシュアウト気味でグリーン右ラフ。ピンまで12y#9転がしがラフに食われてカラー。ピンまで5yパター寄せはピンに絡んで1パットのボギー。

5番は312yミドルですが、この日はフロントティ位置で292y。

ロマロUTティショットは右ラフ。残り72y52度ショットはピン左7yにオン。2パットで無事パーセーブ。

6番は340yミドル。

打ち上げだったので、ティショットはX HOT 3Wを選択。これは無事FWセンターキープ。残り110y打ち上げは48度ショット。これはピン手前12yでしたが、何とか2パットでパーセーブ。

7番は136yショート。

#9コントロールショットはピン左3yのバーディチャンス。軽いスライス読みがあっていたけど、あとひと転がりを打ち切れずバーディならず。でも、2パットのパー。

8番は385yミドル。

「クロトRE18」ティショットはバチコーンでFWキープ。

残り105y52度ショットはちょっとコスッてしまい手前のバンカーで目玉!!

ピンまで12y58度バンカーショットは、良い感じに出てピン右3y。でもこれ沈められず、2パットのボギー。

9番は508yロング。

「クロトRE18」ティショットはここもバチコーンでFWキープ。

残り261y上りは取り敢えず「Q18」で打ちましたが、これも良い感じ!! 残り38y52度ショットはピン左7yにオン。そして、ここから3パットのボギーで終了でした・・・(涙)

というけで、最後の最後までパットに泣かされる結果となり、後半は6オーバー「42」。パットは16パットでした。トータル「87」の35パットは、ひとまず90を打たずに安心しましたが・・・。このラウンド終了後、キャディバッグからスコッティ・キャメロンの外し、「EDEL」パターに戻したのでした。

今回実戦投入したモデルの実戦インプレッションですが、まずはジオテックゴルフ「クロトRE18」ドライバーから。

このドライバーですが、実はこのラウンドの翌日、メーカーに直接電話してこの試打クラブをそのまま売って欲しいと交渉し、

そのまま購入してしまいました!!

基本的には先日のレポでお届けした通りですが、実戦投入で分かったのはやはり叩けるということですね。フッカーのボクが実戦で振っても左の心配は不要! さらに、フィーリング的にもかなりの手応えで「欲しい!!」となったわけです。前後半のスタートホールではやらかしましたが、明らかにスイングミスの2Hだけで、使用した8H中6Hはほぼ完璧! 平均飛距離も254y(ガーミン「アプローチS60」実測距離。ボールはキャロウェイ「クロムソフト」)と満足のいく結果でした。NEWドライバーを探していたので、メーカーには試打クラブをそのまま売ってほしいと無茶なお願いをしましたが、快く受け入れていただきました。メーカーさんは「新しく組みます!」といってくれましたが、このクラブのバランスが良かったので試打クラブを売ってほしいとお願いしたしだいです。いい相棒になることを期待ですね!!

また、PRGR「Q18」UTですが、これも欲しいかも!!

今回主にティショットで使用しましたが、4H中3HでFWキープ。平均飛距離は221.5y(条件は前記同様)。なお、直打ちも2回使用で1回はプッシュアウトしてしまいましたが、もう1回は完璧! 飛距離も218yとティアップしての飛距離とほぼ同等でした。直打ちでの抜けの寄せはやはりすごいかも!! 今回UTタイプの28度、33度は飛距離が分からないため実戦投入を見送りましたが、5Wと同等の「Q18」UTはやはり5Wよりもシャフトが短めなので振りやすかった上に、これだけ安定した弾道が得られるなら

欲しいかも・・・w

思い付きで投入したスコッティ・キャメロンはさんざんな結果でしたが、実戦テストの試打クラブはいずれもマジで良かったですわ~!! PRGR「Q」の購入はちょっとお財布との相談になりそうですが、キャディバッグのラインアップががらりと変わってしまいそうなラウンドでした。