どーもです。

タイトリスト「VG3」シリーズのドライバーですが、今日はロフト角10.5度モデルを紹介しましょう。もう先に結論を言っちゃいますが、昨日紹介したロフト9.5度モデルとは全くの別モノでした! 何が違うのか。ボクが感じたインプレッションをレポしたいと思います。ではさっそく、いってみましょう。

まずは見た目から。

先代と比較するよりも昨日紹介した9.5度モデルと比較した方が良さそうですよね。デザインは9.5度モデル同様ですが、形状が全くの別モノでした。10.5度モデルは後部に長く重心深度がより深いストレッチバック形状になっていました。

ところがですよ、フェースは10.5度モデルのほうがよりディープだったりします。これ意外でした。フェース面積も気持ち大きめに感じました。

ボディも気持ちディープになっていました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウン形状は後部に長めで、9.5度モデルに比較するとやや三角形っぽい形状に感じました。クラウンの投影面積もやや大きめになっていました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Titleist VG50」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59.5度、長さ45.5インチ、総重量285g、バランスD3。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量50g、トルク4.5、先中調子。試打ポジションはA1でした。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、これは9.5度モデルとほぼ一緒。重量的には かなり軽めで、グリップも細め。シャフトを手でしならせてみても先がしなる感じは一緒だし、素振りしてヘッドがかなりヘッドが効いているのもほぼ一緒でした。

ところがですよ、実際に打ってみるとフィーリングは似ていますが、結果は別モノでした。まずボクのスイングでもより弾道がそろいます。9.5度モデルは打ち出し方向がバラケる傾向がありましたが、10.5度モデルはそのバラケ幅が狭く、ボク的にはそろっている感じでした。9.5度モデルに比較すると重心深度は確実に深いモデルで、より慣性モーメントが大きいモデルじゃないかと感じました。個人的には10.5度モデルのほうがグッドイメージでしたね! より気持ち良く振れる印象で、その分スカイトラックデータを見ても気持ち飛距離も伸びていました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データがこちら。

【3球平均】
HS46.5m/s、初速68.2m/s、打ち出し角15.3度、バックスピン量2625.9rpm、サイドスピン-603.3rpm、飛距離266.0y
【ベスト】
HS46.7m/s、初速68.5m/s、打ち出し角15.7度、バックスピン量2627.1rpm、サイドスピン-771.7rpm、飛距離267.0y

打感は、マイルド系。9.5度モデルとほぼ同等ですね。シャフトのトルクフルなイメージからくる鈍さもほぼ同等でした。音もほぼ一緒ですが、まあ、これは想定の範囲内ですね。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちらです。

弾道的には、これも高めの中弾道イメージでした。弾道イメージも9.5度モデルと変わりませんね。ライナー系弾道はイメージでした。

出球傾向ですが、ここが別モノというかドロー系は一緒です。でも、ボクのスイングでもより打ち出し方向がそろうイメージでしたね。同じイメージで打って、9.5度モデルよりもバラケ幅が確実に狭くなっていたとように感じました。

シャフト挙動ですが、この辺は9.5度モデル同様先が動くイメージでした。でも、気持ちヘッドの返りが抑えられていたような印象もありましたが、これは出球傾向を見た結果の後付印象だったかもしれませんね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめ。9.5度モデルよりも結果的に叩けるイメージでしたね。ボクレベルのプチヒッターなら10.5度モデルがおすすめですね。おそらく基本性格的にはオートマチック系ドライバーですが、ロフト違いで性格を変えるのは新しいかもしれませんね。カチャカチャのポジションは同じ「A1」で試打条件はほぼ一緒。スペック的には微妙な違いだと思いますが、出球がよりそろうイメージでした。個人的には10.5度モデルに軍配でした。

<タイトリスト「VG3(10.5度)」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:9.5▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9.5▽ミスの許容度10
■ヘッド:ボディ=811軽量チタン、フェース=7-1チタン、クラウン=カーボン
■シャフト(重量/トルク/調子):「Titleist VG50」(S=50g/4.5、SR=48g/4.6、R=46g/4.7/先中調子)。「Titleist VG60」(S=60g/3.5、SR=58g/3.6/中調子)。「ツアーAD IZ-5」(S=56g/4.4/中調子)「Speeder569 EVOLUTIONⅣ」(S=59g/4.6/中調子)。
■価格:「Titleist VG50」「Titleist VG60」装着モデル各1本8万円+税。「ツアーAD IZ-5」「Speeder569 EVOLUTIONⅣ」装着モデル各1本9万7000円+税。