どーもです。

タイトリスト「VG3」シリーズですが、今日紹介するのはFWです。5代目となる「VG3」FWはかなり大きめなヘッドが特徴的でした。見た目の印象ですが、クラウンの投影面積は先代に比較すると5割り増しといった感じで、これはなかなかの挑戦だったのではないかと思います。そしてこのFW、ぶっ飛びモデルでした! さっそく、レポしてみましょう。

まずは見た目から。

先代はFW、UTを試打できていないので画像がありません。印象のみの判断になりますが、ヘッドがかなり大きめになっていると感じましたね。これは間違いないと思います。ドライバーでは廃止されていた溝ですが、FWではしっかり採用せれていました!! ちなみに、「プレウォーン アクティブ リコイル チャンネル」と命名されていました。

フェースはシャロー気味ですが、形状が特徴的でした。トゥ・ヒール下部のカーブが緩やかで長方形なイメージでした。

ボディはかなりシャローで、ストレッチバックな形状ですね。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積はかなり大きめですね。クラウンのマークが結構ヒールよりにペイントされている影響か、ちょっと妙な形状にも感じましたね。とはいえ、かなり長方形をイメージさせるような印象もありました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Titleist VGF」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58度、長さ43インチ、総重量297g、バランスD1.5。ヘッド体積未発表。シャフトスペックは、重量58g、トルク4.0、中調子。試打ポジションはA1でした。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まずは持ってみた印象ですが、重量的には軽めでグリップも細めでした。シャフトを手でしならせてみると先がしなる印象は変わりませんでした。が、素振りしてみると、ヘッド重量もシャフトも違うからか、ドライバーよりはヘッドが動くイメージは少なかったですね。

実際に打ってみると、思ったよりも男前な弾道でした。ドライバー同様もうちょい吹け上がり系の弾道をイメージしていましたが、これもいい意味で想定外の弾道でした。実際の弾道を見るとライナー系とまではいえませんが、最近のモデルがドーンと勝手に球が上がってしまうモデルが多いことを考えると、その中では結構男前なモデルに分類できるかもしれません。スカイトラックのバックスピン量を確認すると、最近のモデルは3000rpmあたりのロースピンモデルが多い中、3600rpmあたりとやや多めにも感じますが、それであの弾道はいい意味で想定外ですね!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データがこちら。

【3球平均】
HS44.1m/s、初速63.9m/s、打ち出し角15.2度、バックスピン量3600.9rpm、サイドスピン-457.7rpm、飛距離235.9y
【ベスト】
HS43.4m/s、初速62.9m/s、打ち出し角16.8度、バックスピン量3342.9rpm、サイドスピン-628.1rpm、飛距離237.1y

打感はマイルド系。ドライバー同様「ムニュッ!!」とした打感が特徴的ですが、やはりシャフトのトルク感からかやや鈍さも感じたのは否めません。音はドライバーよりもやや高めでしたが、「チッ!!」とサスティン短めの小気味のいい打音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちらです。

弾道的には、高めの中弾道でした。ドーンと勝手に上がってしまうモデルが多い中、上がり過ぎないのは結構男前かもしれませんね。そのわりにはスピン量も確保されているという、不思議なモデルでした。

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。打ち出し方向のバラケ感はありましたが、これはボクのスイングの問題でしょう。ドライバーのイメージだと見た目的には10.5度モデルに合いそうだけど、出球的には9.5度モデルに近い印象でしたね。

シャフト挙動ですが、これは先調子系の動きでした。ドライバーシャフトに比較すると、やや先がしっかりしているような印象もありましたが、これはヘッドとの相性もあるかもしれませんね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめかな。基本性格的にはオートマチック系FWで、距離の出るモデルだと思います。かなりシャローで、FWからの直打ちでも球がしっかり上がってくれそうな印象ですが、ティアップして打った限りでは結構男前な弾道のモデルでした。印象的にはスイングタイプを問わない受け入れ間口の広さを感じましたが、まあ、このスペックならヒッタータイプよりは素直に振れるスインガータイプのフェードヒッターにおすすめかな!

<タイトリスト「VG3」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:9.5▽ミスの許容度10
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、フェース=465ステンレス
■ロフトバリエーション:#3=15度、#5=18度、#7=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「Titleist VGF」(S=58g/4.0、SR=56g/4.2、R=54g/4.4/中調子)
■価格:各1本4 万8000円+税